日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2011.11.21

【全国社会人オープン選手権最終日・特集】男子グレコローマン84kg級・渡部友章(クリナップ)

(文=樋口郁夫)

84kg級のデビュー戦を優勝で飾った渡部友章

 全国社会人オープン選手権で、55kg級の土田尚人とともに84kg級にアップした渡部友章(クリナップ)が日体大時代のブランク(部の出場停止処分)を乗り越えて優勝を手にした。4選手の出場で2試合をこなしただけだったが、採用してくれた会社に対して最初の恩返しができ、「素直にうれしいです」と話した。

 土田が最終学年に1試合もできず、レスリングをやめようと思っていたのに対し、渡部は処分が解けた4年生の後半に全日本大学グレコローマン選手権と全日本選手権に出場することができた。ブランクをものともせず、前者は2位に入賞。クリナップから声がかかり、ブランクを埋めるべく社会人選手としての道を歩んだ。

 しかし体重の問題にぶつかった。減量がきつくなり、7月の全日本社会人選手権は計量を棄権。10月の山口国体では何とか落ちてくれ出場したが、2回戦で学生選手に黒星。「力が出せませんでした」と、過酷な減量によって同級での限界を感じ、階級アップを決意した。

 その初戦で優勝を勝ち取ったわけだが、「全日本のトップクラスと闘っての優勝ではない」として、この階級で通じる実力があるとは思っていない。結果が出せないことで悩み、練習に打ち込めない時期もあったというが、「全日本選手権の出場が決まったし、これからさらに頑張っていこうと思います」と話した。

■全日本選手権で結果を出してこそ、会社への恩返し

 福島・田島高時代は全国王者には遠かったが、日体大に進学し、2年生の時(2008年)にJOC杯ジュニアオリンピックで優勝して世界ジュニア選手権へ。全日本学生選手権でも3位と急成長。翌2009年も全日本学生選手権2位と順調に実力を伸ばした。

 そこで襲われたチームの出場停止。「その時には(不遇であっても)心はゆるんでいないと思う自分がいた。甘えていたとは思っていなかった。でも、今になってその時の甘えが出てきたという感じなんです」。ブランクの直接の影響というより、“後遺症”が出ていることを感じているもよう。

 しかし「自分の責任。自分の弱さなんでしょうね」とも口にし、それをはねのけようという気持ちも十分。「あのままいったら、もっと上にいっていたかもしれない。でも、それを言っても始まらない。逃げずに、この優勝を機にいい方向へ変わっていけばいいと思います」と言う。

息子の殊勲を祝福した父の渡部友幸・福島県協会理事長とともに。

 社会人、しかもレスリング活動を全面的に支援してくれる企業・団体に進んでレスリングを本格的に続けていく選手は、例外なく“プロ”としての厳しさを自覚する。渡部も「学生時代は自分のためにやってきた。社会人になり、結果が出せずに悩むことも出てきた。お金をもらってレスリングを続けることの大変さを感じます」と責任を痛感している。

 同期でクリナップに進んだ女子2選手が好調なだけに、その思いは強かったようだ。67kg級の井上佳子は世界選手権(トルコ)へ出場して銅メダルを獲得し、同72kg級の鈴木博恵はゴールデンGP決勝大会で3位入賞を果たし、サンキスト・キッズ国際大会では優勝と結果を出している。それだけに、もどかしい思いがあった。

 今回の優勝で最低限度のメンツは保った形だが、「まだ(2人に)追いついたとは思っていない。周囲に迷惑をかけてきた部分が大きい。全日本選手権に出て、そこで結果を出してこそ、会社に貢献できると思っています」ときっぱり。階級を上げたばかりなので、今回の全日本選手権で結果を出すことは厳しいかもしれないが、つまずきを乗り越えた選手が間違いなく世界へのスタートラインに立った。

 







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に