日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2011.12.10

【特集】姉妹の力を結集させて五輪を狙う…山本美憂(白寿生科学研究所)・聖子(スポーツビズ)が練習公開


(取材・撮影=保高幸子)

姉妹で五輪出場を目指す山本美憂(左)と聖子

 来年8月のロンドン五輪出場を目指して復帰した女子48kg級の山本美憂(白寿生科学研究所)と63kgの山本聖子(スポーツビズ)の姉妹が12月9日、都内で2週間後に迫った全日本選手権に向けて練習をマスコミに公開した。

■ニューヨークでの大会出場で体力が戻っていることを実感

 公開された練習時間は30分弱だったが、激しいスパーリングで追い込み、内容の濃いもの。途中から父の山本郁栄氏も加わり、2人に対して叱咤激励を飛ばした。日本協会の定めた日本代表決定方法により、全日本選手権では2階級とも世界選手権代表選手(48kg級=小原日登美、63kg級=伊調馨)が優勝した時点でロンドン五輪の代表に決まってしまう。姉妹は絶対に負けられない試合に向かう。

 姉の美憂はカナダ・トロントを拠点に練習してきた一方、先月中旬にはニューヨーク・ホリデー国際大会(米国)に出場するなど実戦練習も積み、5日に帰国した。大会出場は「場数というか試合に慣れるため」に敢行した。「いろいろ試してみたいな。と思っているうちに1試合目で負けてしまいました。(米国式の敗者復活戦方式で)負けたあとも4試合できて、場数はふめて良かったです」と言う。

5日に帰国し、聖子と練習に励む美憂(右)

 2試合目からは“試す”というより普通に試合に臨み、3位決定戦では最初に負けた相手にリベンジ。「体力が心配でしたが、やってみて体力は戻ってきていると分かりました。前はタックルしかできなかったですが、上半身の使い方も教わって色んなことができるようになりました」と振り返った。

 8年近くのブランクを経ての復帰で、不安材料は少なくないはずだが、父の存在は心強い限りだという。「いつも来てくれます。誰もが『美憂は勝てない』と言っている時に、『おまえは勝てる!』と言ってくれます。そう言う人がいると実力以上の力が出ます」ときっぱり。「全日本選手権は失敗が許されないので、しっかりやりたい。楽しみです」と結んだ。

■全日本選手権で勝ち、五輪を目指す夫の応援へ

 復帰してから2年近くが経つ妹の聖子は、姉が復帰して一緒に練習するようになった相乗効果を口にする。「(姉は)復帰直後は100パーセントの力を出せていなかったけど、近づくにつれ上げてきているのを見て刺激になっています。以前は私をしごいていた立場ですが、今は一緒に試合に出る仲間になり、私も負けてられない!と思います。ずっと1人で試合に向かっていたので、2人になって心強いです」と話す。

姉・夫とともに五輪出場を目指す山本聖子

 10月には米国で行われたサンキスト国際大会に出場し、実戦経験を積んだ。決勝で敗れて優勝を逃したが、「体重が増えず、59kgで闘っていました。それでも勝たなきゃいけないので、いい勉強になりました」と収穫を口にする。

 今は体重も戻り、64kgあるという。「体脂肪率は高くなっていないので、いい体になっていると思います。伊調対策というより、自分のいいところを出していく練習をしています」と話す。

 夫(永島英明)もハンドボールで五輪を目指している真っ最中。「(五輪のことは)いつもはあまり言わないです。時々語り始めると、すごく熱いです。一緒に行こうね、と話しています」と言う。同じ時期に試合があるため、応援に来ることはできないそうだが、「私は全日本選手権で勝って、夫の試合を見に行きたいです」と力をこめた。

山本美憂(やまもと・みゆう)=白寿生科学研究所
 1974年8月4日生まれ、37歳。神奈川県出身。米国・コロナデルソン卒。87年の第1回全日本女子選手権で13歳で優勝。世界選手権の年齢制限が解かれた91年に世界一に輝き、以後、94・95年に優勝。引退後、復帰して98年の世界選手権に出場したが銀メダル。2004年アテネ五輪での女子採用によって五輪のマットを目指したが、夢はかなわなかった。今年6月に約7年半ぶりの現役復帰を表明した。155cm。

山本聖子(やまもと・せいこ)=スポーツビズ
 1980年8月22日、31歳。神奈川県出身。東京・トキワ松学園高~日大卒。94年全日本女子選手権44kg級に13歳で3位に入賞。99年に世界女子ジュニア選手権54kg級、世界女子選手権51kg級で優勝。00年も世界女子ジュニア選手権54kg級と世界女子選手権56kg級の二大大会を制した。01・03年にも世界選手権で優勝したが、アテネ五輪は逃す。2006年の世界選手権出場を逃したことで現役を引退。しかし、北京五輪を観戦したことで現役復帰を決意。ポーランドやロシアの大会で優勝するなど世界に実力をアピールしている。165cm。本名・永島聖子。

 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に