日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2013.06.22

さらなる一貫強化体制の構築を目指した事業がスタート…カデット・ジュニ世代のMPA合宿を実施


 日本協会は6月19日(水)~21日(金)の期間、東京・味の素ナショナルトレーニングセンターにおいて「メダルポテンシャルアスリート育成システム構築事業(MPA)」の一環で、カデットとジュニア世代を対象としたキャンプを実施した。

 この事業は文部科学省委託事業/独立行政法人日本スポーツ振興センター再委託事業であり、今回のキャンプでは日本レスリング界の将来を担うジュニア・カデット世代の有望選手53名が参加した。

 若手世代の強化としては、2001年から大学生や高校の選抜選手によるナショナル・トレーニング・システム(NTS)が行われており、毎年ブロック研修会や中央研修会が実施されている。このシステムにて強化、育成された米満達弘選手がロンドン・オリンピックで金メダルを取り、その他にもオリンピック等でメダルを獲得する選手が生まれるなど成果を出ている。MPA事業は、レスリングのNTSの成功が高く評価され、対象団体として採択された。

 レスリングのMPA事業は「インテリジェントレスラーの育成」をコンセプトとし、全国の小学校5・6年生、中学生、カデット世代から優秀なタレントを発掘し、国内外のMPAキャンプによって強化・育成する。高度レベルの競技活動を通して得た経験や知識を基に、日本のリーダーとなれるアスリートの育成を目指すため、「教育プログラム」に注力しているのが特徴である。

■全日本コーチの指導のほか、教育プログラムを実施

 初日の夜には、国立スポーツ科学センター(JISS)栄養グループの元永恵子管理栄養士より「減量期及びリフィーディング時の食事のとり方:ロンドン五輪日本代表を事例として」というテーマの栄養セミナーを行い、2日目の夜にも、公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の山本真由美シニアマネジャーより「オリンピズムについて考える:アンチ・ドーピング教育を通して」というテーマの教育セミナーを実施した。

 また、フリーウエイトトレーニングのセミナーやナショナルチームと同様の形態及びフィットネス測定を実施した。

 マットにおけるトレーニングでは、和田貴広コーチ(国士舘大教)、田南部力コーチ(警視庁)ら全日本チームのコーチがトップレベルの技を伝授した。

 和田コーチは「早い段階で世界に出て勝負することを意識してほしい」と、早期から世界に照準を定めることを求めた。田南部コーチは「日本を代表することの責任を持ち、競技場面だけでなく、生活面から自覚を持った行動をとってほしい。また、人よりも長くマットに上がることで強くなる。練習の時に劣っていて、試合で強い精神力を出すのは無理。人より長くマットに立ってほしい」と積極的な姿勢を注文した。

 清水聖志人プロジェクトマネジャーは、「MPAによって、各年代に応じた適切な機会を提供する。コーチングに関しては、小学校の高学年から全日本チームのコーチに一貫して指導を受けられる」というメリットを強調。今後は、グレコローマンのスペシャリスト育成や、海外育成システムをつくり、中・長期留学で強化・育成する計画もあり、日本レスリングの新たな強化、育成システムの構築を目指す。


和田貴広コーチによるスタンド・レスリングの指導

田南部力コーチによる片脚タックルの組み手の説明

豊田雅俊コーチ(警視庁)によるリフト技の指導

飯室雅規コーチ(自衛隊)によるグラウンド防御の指導

田南部コーチ伝授のアンクルホールドを、さっそく同コーチに仕掛けた全国高校選抜大会55kg級王者の樋口黎(茨城・霞ヶ浦)

全日本選抜王者の田野倉翔太から1点を取った文田健一郎(山梨・韮崎工高)のリフトの練習

清水聖志人プロジェクトマネジャーもバリバリの現役コーチ。選手と積極的にスパーリングを行う

JISS協力のもとに実施された形態・フィットネス測定


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に