日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2013.06.26

女子51kg級の参考試合を勝ち抜き、宮原優(東洋大)がJOCアカデミー初の世界選手権代表へ


 世界選手権(9月16~22日、ハンガリー・ブダペスト)の女子51kg級の代表を決める参考試合が全日本合宿中の6月25日、東京・味の素トレーニングセンターで行われ、今月の全日本選抜選手権2位の宮原優(東洋大)が代表となった。

 宮原はJOCアカデミーの第一期生で、今年3月に卒業。同アカデミーから、すべての競技を通じて初の世界選手権代表となった。東洋大の現役選手としては、1997年の足立美穂(51kg級)以来16年ぶりの出場。卒業生を含めれば1999年の清水真理子(56kg級)以来。

 今年の女子の世界選手権代表は、全日本選抜選手権の結果と過去の実績、合宿での内容などを考慮して強化委員会で選考する方式がとられた。51kg級以外の代表はスムーズに決まったものの、同級は昨年12月の全日本選手権優勝の菅原ひかり(至学館大)、全日本選抜選手権優勝の入江ななみ(東洋大)、2大会で2位だった宮原優(東洋大)の3選手で参考試合を行うことになった。

 栄和人・女子強化委員長(至学館大教)は「全日本選抜選手権優勝の入江は国際大会の実績がなく、この面では宮原の方が上。しかし、負けて日本代表にするようことはしたくなかった。全日本チャンピオンの菅原にもチャンスをやる必要があった。正規の審判員3人をつけたうえで試合をやらせることにした」と経緯を説明。参考試合としているものの、勝者が代表となることを決めていた。1勝1敗の三つ巴になった場合は、もう一度リーグ戦を行い、それも1勝1敗となった場合は、強化委員会で選考する方式で実施した。

 計量は2kgオーバー計量(53kgで計量)。試合順は抽選で決め、第1試合で入江が菅原を撃破。第2試合で宮原が菅原を破ったことで、第3試合の勝者が代表となることとなった。“決勝”は、宮原が開始から積極的に攻め、最後は入江の飛行機投げの失敗に乗じてポイントを挙げ、8-0で勝利。初の代表となった。

 宮原優の話「ずっと世界選手権出場を目指してきました。(2011・12年に失敗し)3度目の正直で世界選手権出場ができたことはうれしいですけど、ここから練習量を上げて世界で通じる力を身につけなけれなならないと身が引き締まる思いです。全日本選抜選手権で負けた時は、『もう行くことができない』と思いましたが、何時間かあとにチャンスをもらえることを聞きました。本来なら出場できない試合ですので、チャレンジャー精神で行きました。(入江に)負けたけど、負け続けていたわけではないので、気持ちをしっかり持てば勝てると信じていました」


■女子51kg級・世界選手権代表決定参考試合
入江ななみ(九州共立大)○[Tフォール、1P2:52(10-3)]●菅原ひかり(至学館大)
宮原優(東洋大)○[6-2]●菅原ひかり(至学館大)
宮原優(東洋大)○[Tフォール、2P4:45(8-0)]●入江ななみ(九州共立大)


第1試合は入江(青)が菅原をテクニカルフォールで下す

第2試合は宮原(赤)が菅原を下し、第3試合が“決勝”へ

 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に