日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2013.07.05

9月のIOC総会へ向けてのキャッチフレーズは「All Nations. All People. For All Time」

9月の国際オリンピック委員会(IOC)の総会へ向けて、国際レスリング連盟(FILA)のSave Olympic Wrestlingキャンペーンの最後のキャッチフレーズが「All Nations. All People. For All Time」と決まった。

サブタイトルは「ONE SPORT UNITES THE WORLD LIKE NO OTHER. JOIN THE GLOBAL MOVWMENT #SAVEOLYMPIC WRESTLING」(他の何よりも世界を結びつけるスポーツ。Save Olympic Wrestlingの世界的な動きに加わろう)。

 「レスリングは、すべての場所で、すべての人のために存在し、スポーツの起源である」という意味からくる言葉。すでに、ニューヨークのグランドセントラル駅や、スイスのFILA本部前などに掲示されているという。

 FILAは、IOCはソシアルメディアでの扱われ方によってもスポーツを評価しているので、こうした活動が大事だとしている。世界のレスリング界に対し、さまざまな印刷物やホームページ等で活用し、レスリングの存在を一般に訴えてほしいとリクエストしている。(その場合、filaofficial2013@gmail.comへ送信してほしいという=FILA Facebook

 FILAは、4月には「To wrestle is to be human」(格闘することは、人間になることだ)のキャッチフレーズでSave Olympic Wrestlingのキャンペーンを行い、2020年大会の追加される競技の最終候補に選ばれたことに「非常に効果的だった」としている。「All Nations. All People. For All Time」のキャッチフレーズで、最後の盛り上げを望んでいる。


 







COVID-19ガイドライン
アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース
● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


フェアプレイで日本を元気に