日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2013.12.18

新階級が決定、Tフォールは10点差(フリー・女子)と8点差(グレコ)…2014年1月から実施


 国際レスリング連盟(FILA)は12月17日、リオデジャネイロ・オリンピックへ向けての新階級と新ルールを発表し、公式ホームページにも公示した。いずれも2014年1月から実施される。

 【注】米国レスリング協会が公表したFILAの通達文書によると、ルールは修正の必要が生じた場合、FILA理事会によって修正されるとのことです。


 オリンピックで実施される新階級は下記の通り。

■男子フリースタイル 57、65、74、86、97、125kg級
■男子グレコローマン 59、66、75、85、98、130kg級
■女子  48、53、58、63、69、75kg級

 オリンピック以外の世界選手権、大陸選手権、ワールドカップ、ゴールデン・グランプリは、各2階級ずつ加わり、それぞれ8階級で実施される。

■男子フリースタイル 57、61、65、70、74、86、97、125kg級
■男子グレコローマン 59、66、71、75、80、85、98、130kg級
■女子  48、53、55、58、60、63、69、75kg級

 ルールは、テクニカルフォール、投げ技のポイント等が変更される。テクニカルフォールは男子フリースタイルと女子が10点差、男子グレコローマンが8点差となる。

 投げ技は、男子フリースタイルと女子はすべての投げ技が4点へ。男子グレコローマンでは、グラウンド状態からのリフトで投げた場合は5点で、それ以外の投げ技が4点へ。3点技がなくなることにより、3点技2回でテクニカルフォールというルールも廃止となり、5点技1回によるテクニカルフォールもなくなる。

 他に、グラウンド状態で5秒以上ニアフォールに持ち込んだ時に与えられる1点がなくなり、パッシブやチャレンジ(ビデオチェック要求)の手順にも変更がある。

 従来、決勝進出選手に敗れた選手のみが敗者復活戦を行ったが、今後は準決勝進出選手に敗れた選手によって敗者復活戦が実施される。

【注】ルールについての詳細は、審判委員会からの発表をお待ちください。


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に