日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2014.07.19

【特集】31歳で世界選手権初出場! 信条は「楽しむ」…男子グレコローマン71kg級・江藤紀友(自衛隊練馬)

江藤紀友(自衛隊練馬)

 今年の世界選手権(9月、ウズベキスタン)の男子グレコローマン71kg級は、かつて2年連続で66kg級学生二冠(全日本学生選手権、全日本大学グレコローマン選手権)を制した江藤紀友(自衛隊練馬)が、31歳0ヶ月にして初出場を果たす。正確な記録は残っていないが、31歳での世界選手権初出場は、日本レスリング界の最年長記録と思われる(注=現段階で判明している最年長は、1994年世界選手権に30歳6ヶ月で出場した三宅靖志)。

 思ってもいなかったチャンスを得た江藤は「言われた時は、びっくりしましたけど、うれしいです。やるからには勝たないとなりません」と張り切っている。同じ自衛隊といっても、いわゆる“プロ”の体育学校の選手ではない。通常勤務をしながらのレスリング活動だが、「練習時間を探し、効果的にやっていけば結果は出ると思います」ときっぱり。

■一般自衛官として限られた練習時間だが…

 江藤は学生時代にずば抜けた強さで拓大のグレコローマンを支え、2006年4月に自衛隊体育学校へ進んだ。この年の6月にモンゴル・ウランバートルで行われる世界学生選手権の代表も決まっており、ここで好成績を上げて世界へ飛躍する予定だった。

 しかし、大会の2週間前にあった全日本選抜選手権で左脚を負傷して辞退。このつまずきが後まで響いたかどうかは分からないが、全日本の上位にまでは行くものの、あと一歩が足りずに2位、3位が続いた。2008年国体や2009年全国社会人オープン選手権(74kg級)での優勝は経験するものの、世界選手権への道を開くことはできなかった。

 ロンドン・オリンピックへの夢が断たれたあとの2012年3月をもって体育学校を離れ、練馬駐屯地で一般自衛官として働くことを決意した。レスリングは「仕事」から「余暇での活動」となったが、全日本選抜選手権や全日本選手権は「出場権がある限り出よう」と思い、出場を続けてきた。

 「全日本チャンピオンになったことがないから、一度はなってみたい、という気持ちも、(全日本選手権に)出場し続ける理由なんですけど」と言う一方、平日は5時15分まで仕事があり、十分に練習できる環境にはない。平日は近くの東洋大へ、土日曜は母校の拓大のほか、中大、国士舘大などに練習時間を聞き、参加させてもらうのが現状。体育学校での環境とは雲泥の差だ。

 しかし、ベースのある選手にとっては、練習時間がすべてではない。限られた時間で集中し、考えて練習することで実力をキープすることはできる。6月の全日本選抜選手権2位を初めとした衰えぬ実力は、「やれる時に一生懸命やる、というスタイルが自分に合っていたんだと思います」と分析する。

■「気負わずにやっていけば、結果は出ると思います」

 世界選手権の代表に選ばれたことで、職場の理解を得て全日本合宿に参加しやすくなった。「体力を戻しながら、けがをしないことに気をつけます。今から実力がぐーんと伸びるものではない。できることを着実にやっていきたい」と、初の世界選手権は背伸びすることなく“今の自分”で勝負。

 出場する以上は勝つことが目標だが、「勝ちたい、勝ちたい、で勝てるものではない。そう思わず、気負わずにやっていけば、結果は出ると思っています」。一般自衛官になり、気負いのない状態で出場して結果を出してきたがゆえの言葉だろう。

 体育学校時代は「勝ちたい」という気持ちに満ちあふれていたという。「それがよくなかったのかもしれませんね」。あふれるような闘争心が、時にマイナスになってしまうのが勝負の世界。実力を100%発揮するために必要なものは気負わないことであり、リラックス。「舞い上がって、何も分からないまま負けて帰ってくることはしたくない。せっかくの舞台を楽しむ、くらいの気持ちでいいと思う」と言う。

 ともすると誤解される日本代表選手の「楽しみたい」という言葉を、江藤は何度も使った。「大舞台で、どう自分を出せるか。レスリングをやることは楽しいんだよ、ということを実践したい。(体育学校を)引退してから、『勝ちたい』とか『負けたくない』とかの気持ちでマットに上がったことはありません。全日本選手権で試合するのが楽しい、決勝に出られるのが楽しい、そんな気持ちでしたね」

■強い選手と闘うことを“楽しみ”ながら、リオデジャネイロへ挑戦か?

 その気持ちは世界選手権に臨むにあたっても同じだ。「楽しみですよ。何をしようかな、という気持ち。1試合でも多く楽しみたい」。気負いとは無縁の世界選手権初出場は、どんな結果を出すだろうか。

 もちろん、ここまで来たら2016年リオデジャネイロ・オリンピックという思いが出てくるのも自然なこと。「やれるなら、やりたいです。仕事もきちんとやったうえで、目指せるなら最高です」と、控えめながらも視野にあることを認める。リオデジャネイロ・オリンピックの国内最終予選となる予定の2015年全日本選手権では、間違いなく江藤の姿があるだろう。

 その場合、71kg級はオリンピック階級ではないので、75kg級か66kg級に変えなければならないが、「どちらの階級も強い選手ばかり。楽しみです(笑)」。長嶋茂雄氏は「プレッシャーを楽しむことができれば、その人は一流ですね」と言った。強い選手と闘うことを「楽しい」と言える選手も、一流の選手と言えるのではないか。


 







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に