日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2014.10.05

イランが男子グレコローマン71kg級準決勝・韓国戦をUWWに提訴


 世界レスリング連合(UWW)は、イラン・レスリング協会からアジア大会(韓国・仁川)の男子グレコローマン71kg級準決勝、鄭智鉉(韓国)-サエイド・ムラド・アブドバリ(イラン)の判定に際して、公式な抗議がきたことを明らかにした。

 UWWのネナド・ラロビッチ会長(セルビア)は「私たちは、問題点に関して各国協会と私たちとがコミュニケーションすることを奨励する。この試合は、審判コミッションによって再考されている」と、イラン協会の行動を非難することはせず、「審判委員会がフェアプレーの精神に基づいて試合を正しく判断し、判定してくれることを望む」とコメントしている。

 審判コミッションは数週間以内に結果を出す予定。UWWは昨年(当時はFILA)、独立性を保つため審判コミッションを理事会から完全に切り離しており、ラロビッチ会長らが判定に意見することはない。

 問題の試合は、第1ピリオドの50秒ころ、鄭智鉉が飛行機投げのような形で4点を取った直後、アブドバリが逆にがぶり返しを3度仕掛け、フォールの体勢へ持ち込んだ。鄭智鉉がこらえてフォールを免れたものの、アブドバリはもう一度がぶり返しをしかけてフォールの体勢に持ち込み、1分32秒、レフェリーはマットをたたいた。

 韓国側はチャレンジしたが、ビデオを見る前にチェアマンからの主張があり、最後のがぶり返しが、首だけを極めての技になっていたか、けい動脈を絞めたかの反則技と判断され、試合を続行(韓国セコンドは、けい動脈絞めをアピールしている)。第2ピリオド、鄭智鉉が4点技を決めるなどして逆転勝ちした。(下記、You tube参照)

 ジュリーの一員として参加していた日本協会の斎藤修審判委員長は「最後のがぶり返しは、明らかに首だけをつかんだ技になっており、反則技」と断言。この試合のあと、すぐにビデオをUWWに送り、「ラロビッチ会長からも『問題なし』との回答を得たと聞いている」と話した。


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に