日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2014.12.23

【全日本選手権第2日・特集】優勝選手の声


(12月22日、東京・代々木競技場第2体育館/文=増渕由気子、渋谷淳)


 ■男子グレコローマン66kg級・泉武志(アルバイト生活の中で強豪を倒して初優勝)「今まで支えてくれた人たちがいたからこその結果だと思う。大学を卒業してテレビ局でADをやっていたのを、辞めてレスリング界に帰ってきた。(結果を出さないと)何しに帰ってきたんだ、と言われるのが嫌だった。優勝できて、競技に帰ってきたかいがありました。現在はカラオケ屋でアルバイトをして生計を立てています。ずっとハングリー精神でいようと思っていたら、この結果がでた。次は(松本)隆太郎(群馬ヤクルト販売)先輩を倒したいと思います」


 ■男子グレコローマン75kg級・金久保武大(ALSOK=決勝でライバルの清水博之を下し全日本選手権初優勝)「ロンドン・オリンピックに出られなかった悔しい気持ちを思い出し、もうああいう思いはしたくないと思って試合に出た。結果的に勝てたので、とりあえずは良かった。アジア選手権、アジア大会ともに同じ韓国の選手に負けて、大きな敗北感を味わった。日本で勝って満足してはいけないとあらためて痛感した。まずは今日の優勝が意味あるものになるように、来年6月の全日本選抜選手権でしっかり勝ちたい」


 ■男子グレコローマン130kg級・園田新(世界選手権代表の肩書をもって優勝)「自分の満足いかない内容で、こんなんじゃ絶対オリンピックに行けない。まずは国内で圧勝しなくてはいけないのに、今回は自分に負けてしまった。今までやってきたことすべてがなくなった。(決勝戦でもたついたのは)負けたらどうしようとか、必要ないことを考えてしまった。自分の気持ちの弱さがでた。明日から練習をやるような気持ちで頑張りたいです。絶対自分の手で、リオのオリンピックの切符を手に入れたいです。(ライバルだった前川勝利選手が階級変更のため不在になった影響は)やっぱりその部分もありました。それが気持ちの弱さです」


 ■男子フリースタイル65kg級・石田智嗣(同門対決の決勝を制して大会を連覇)「多くの方が支えてくれていた。優勝することができてうれしい。今回、決勝に限らず、本当に素晴らしい選手ばかりと試合ができましたので、自分にとっていい経験になった。試合を通じて、自分の実力がまだまだだなと思った。トレーニングをサポートしてくれているコーチの方々、トレーナーの方、食事を作ってくれる妻が近くで支えてくれていたので、チャンピオンとして、もう一度メダルを持って帰ろうという気持ちで闘いました。アジア大会では詰めの甘さというかラスト30秒で逆転された悔しさがあったので、今回最後まで粘るきっかけになりました」


 ■男子フリースタイル70kg級・小島豪臣(アジア大会3位の実績をもって今大会8年ぶりの優勝)「(6月の)全日本選抜選手権で優勝して、今回は内容も求められる試合だった。勝って応援してくれた生徒に優勝したと言えてよかった。(8年ぶりの優勝について)もう一度この場に立てるのは、生徒たちのおかげ。生徒と学校関係者に感謝したい。来年もこの勢いで勝ち続けていきたいです。練習量が減ってから、また強くなったことは、なぜだかわかりません。(過去数度)オリンピック逃して、まだ可能性があると思うので、挑戦はしたいとおもいます。まだ決めてない」


 ■男子フリースタイル97kg級・山口剛(ブシロード=ブランクあけながら圧倒的強さで3連覇達成)「2月にけがをして(左脚前十字靭帯を断裂)、多くの方々に支えられてマットに戻ることができた。結果として優勝ということで支えてくれた方々に恩返しができたと思う。(ここ数ヵ月は)いろいろな大学に出げいこに行って、緊張感のある練習ができた。来年はけがを万全の状態にして、6月の全日本選抜選手権で圧勝して、世界選手権でメダルを獲って、オリンピックの出場権を取りたい」


 ■女子48kg級・登坂絵莉(至学館大=世界選手権、アジア大会を制して今大会も3連覇達成)「アジア大会が終わって膝(ひざ)や肘(ひじ)、スネのけが、風邪も引いて思うような練習ができなかった。棄権しようかとも考えたけど、絶対に勝つつもりで大会に臨んだ。決勝は宮原(優)さんが相手なので接戦になると思っていました。最初は良くなかったけど、最後にポイントを取れたのはよかったと思う。今年は世界選手権、アジア大会で優勝して自信になった。来年も今まで以上に練習してオリンピックにつなげたいです」


 ■女子69kg級・土性沙羅(至学館大=4連覇達成)「世界選手権の決勝で負けて悔しい思いをしたので、今日は何が何でも優勝したかった。世界選手権のけが(左足親指の付け根の骨折)はだいぶよくなったけど、まだ痛みがあるので、痛み止めを飲んで試合に出た。不安もあったけど、出るからには絶対に優勝する気持ちだった。来年は全日本選抜選手権でも勝って、世界選手権に出て優勝したい」


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に