日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2014.12.29

【全日本選手権・特集】負傷による約10ヶ月のブランクを乗り越え、圧勝で優勝…男子フリースタイル97kg級・山口剛(ブシロード)


(文=渋谷淳、撮影=矢吹建夫)

 全日本選手権の男子フリースタイル97kg級は、この階級の第一人者で、昨年の世界選手権96kg級8位の山口剛(ブシロード)が実力を発揮。圧倒的な強さでライバルたちを寄せつけず3連覇を達成した。

 大会前から楽勝ムードだったわけではない。層の厚い世界の重量級で勝負するため、山口は積極的に海外武者修行に挑んできた。今年は2月にグルジアに単身遠征。海外の強豪を相手に腕を磨く機会をつくったが、あろうことか練習中に左前十字じん帯を断裂する大けがを負ってしまった。いまだかつて経験したことのないレスリング人生最大のピンチだった。

 3月25日に手術をしてリハビリを開始。「スパーリングができるまでに半年、違和感なく動けるようになるまで1年かかる」と診断された。それでも落ち込むことなく厳しいリハビリを重ね、予定通り9月にはスパーリングを開始。何とか今大会に間に合わせた。

 ブシロードクラブの永田裕志監督は「けがをした当初は、年末は欠場させようと考えていた。スパーリングを始めて、状態が悪いようならやめさせようと思ったが、経過が良かった。何より本人が出場に強い意欲を見せた」と、山口の熱意が復活を実現させたと強調した。

 そうは言っても、「ひざにはまだ痛みがある」そうで、万全とは言えず、高い位置でのタックルを心がけて試合に臨んだ。結果は、最大のヤマになると見られた学生二冠王者の山本康稀(日大)との2回戦に完勝すると、あとは“一人旅”といった印象。しっかり復活の勝利を挙げて存在をアピールした。

 けがを乗り越えて優勝した重量級のエースは「多くの人に支えられてマットに上がることができた。勝ったことで少し恩返しできたのではないかと思う」と、ひとまずは安堵の表情。今後も世界を見据えて、けがの完治、対外国人対策と休む暇はないが、世界に照準を絞る山口は「6月の全日本選抜選手権で圧勝して、世界選手権ではメダルを獲ってオリンピックの代表権を獲得したい」と迷わず言い切った。


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に