日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2015.07.14

【全日本社会人選手権・特集】「12月に向けて準備するだけです」…男子グレコローマン71kg級優勝・井上智裕(三恵海運)


(文=増渕由気子、撮影=矢吹建夫)

 オリンピックは、まだあきらめてはいない! 全日本社会人選手権の男子グレコローマン71kg級は、6月の全日本選抜選手権66kg級で初優勝の井上智裕(三恵海運)が、決勝で小路直頌(自衛隊)を2分39秒、テクニカルフォール勝ち。3連覇を達成し、「社会人選手権はいつもいい結果が出せる」と、相性のいい大会に笑顔を見せた。

 「世界選手権に出場していたら、今大会は欠場する予定でした。12月(全日本選手権)に向けて試合の間隔が空いてしまうので、今回も出場しました」と付け加えた。プレーオフで敗れたため世界選手権代表入りはならず、この大会に参加して再スタートを切った。

■満を持して66kg級へ出場! 見事に優勝したが…

 井上は階級区分が変更されたあと、主戦場を74kg級から71kg級にチェンジ。非オリンピック階級ではあるものの、昨年は国体で優勝し、全日本選手権でも優勝。確実に実力を伸ばしてきた。6月の全日本選抜選手権では、満を持してオリンピック階級の66kg級に落として勝負をかけた。

 「とてもくじ運が悪いタイプ。大事な大会で楽な組み合わせになったことはないです」という井上の予想通り、第1シードの真下に入る組み合わせ。初戦に勝つと、全日本王者の泉武志(一宮グループ)、準決勝はロンドン・オリンピック代表の藤村義(自衛隊)、決勝は昨年の世界選手権代表の音泉秀幸(ALSOK)と強豪との連戦。その過酷ロードを、こん身の力を振り絞って勝ち抜いた。

 一番の壁だったのは藤村戦。「学生の頃から何度も対戦していて、すべて負けています。去年の選抜ではテクニカルフォールで負けました。ポイントも取れない相手でした」と苦い思い出がよみがえる。しかし、ここで2-0と初勝利したことが大会のハイライト。「泉と音泉に勝てたのは、大学の先輩の意地がありましたね」と振り返った。

 一度現役を退き、復帰してからの初優勝という点については、「学生時代の66kg級は自衛隊の選手が台頭していて、全日本でメダルを取るのは厳しかった。その66kg級で優勝したことはうれしかった」と、2012年の全日本選手権74kg級初優勝よりも感慨深かったようだ。

■弱点のスタミナ不足を克服、実力は確実に伸びている

 プレーオフに負けたことは「悔しいです。けれど、僕はこのトーナメントを勝ち抜き、プレーオフは5試合目。泉は2試合目で、完全に僕の方が体力が落ちていました。体力強化が必要ですね。世界で優勝するには5、6試合勝ち抜く必要がありますから。それくらいでも足が動けるようにしなければいけない」と冷静と振り返った。

 学生時代からスタミナ不足は指摘され、3年前に復帰した時は学生と同じメニューがこなせず致命的な弱点となっていた。「朝練習でグラウンドを走ってもスタミナが切れると妥協して、トップ集団から脱落していました。けれども、今では、朝練習もスパーリングも手を抜かずにどんどん自分を追い込むようにしてきた」と、弱点克服に打ち込んだ2年間。確実に実力は伸びたと実感する。

 だが、今の井上に自力でオリンピックに出場する権利はなく、9月の世界選手権(米国・ラスベガス)での泉武志の結果待ちだ。それであっても「全然あきらめていません。12月に向けて準備するだけです。全日本選手権では、どんな状況になっても最後まで闘える体力をつくっていきます」と、気持ちはまったく切れていない。

 万全の態勢を保って、9月の“吉報”待つ。


 







COVID-19ガイドライン

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に