日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2015.08.12

【2015年世界選手権・展望】男子フリースタイル86kg級…抜群の強さ! 19歳のアブデュルラシド・サデュラエフ(ロシア)


※エントリー未発表時点での予想です

 昨年の世界チャンピオンのアブデュルラシド・サデュラエフ(ロシア=19歳)が欧州大会を制覇。2014年のヤリギン国際大会(ロシア)以来、国際大会を7大会連続で制する強さ。19歳という伸び盛りということを考えると、今回も文句なしの優勝候補と言えよう。

 昨年2位のレイネリス・サラス・ペレス(キューバ=28歳)もパンアメリカン大会で優勝し、実力を維持。サデュラエフへ挑む一番手となりそう。

 イランからは、昨年世界3位の選手が97kg級へ上げたため、昨年のアジア選手権とアジア大会を制したメイサム・モスタファ・ジョーカー(30歳)が出てきそう。2012年世界学生選手権から国際大会を勝ち続けているが、世界選手権には出場していない。世界でのデビューを優勝で飾れるか。昨年の世界ジュニア選手権王者で今年のアジア選手権優勝のアリ・レザ・カリミマチアニ(21歳)の抜てきもあるか。

 昨年3位で7月のジオルコウスキ国際大会(ポーランド)優勝のセリム・ヤサー(トルコ=25歳)、欧州大会2位のピオトル・イワヌロ(モルドバ=29歳)らが優勝戦線に加われるか。


■UWW(世界レスリング連盟)ランキング=2015年7月末時点
[1]Abdulrashid Sadulaev(ロシア)=欧州大会優勝
[2]Reineris Salas Perez(キューバ)=パンアメリカン大会優勝
[3]Shamil Kudiyamagomedov(ロシア)=アリ・アリエフ国際大会優勝
[4]Meisam Mostafa Joukar(イラン)=タクティ・カップ優勝
[5]Alireza Karimimachiani(イラン)=アジア選手権優勝
[6]Dauren Kurugliev(ロシア)=アリ・アリエフ国際大会2位
[7]Piotr Ianulov(モルドバ)=欧州大会2位
[8]Radoslaw Marcinkiewicz(ポーランド)=欧州大会3位)
[9]Aleksandr Hushtyn(ベラルーシ)=U-23欧州選手権優勝
[10]Selim Yasar(トルコ)=ジオルコウスキ国際大会優勝

■2014年世界選手権成績
[1]Abdulrashid Sadulaev(ロシア)
[2]Reineris Salas Perez(キューバ)
[3]Selim Yasar(トルコ)
 〃  Mohammad Askari Mohammadian(イラン)
[5]Azlan Kakhidze(カザフスタン)
 〃  Gamzat Osmanov(アゼルバイジャン)
[7]Naresh Kumar(インド)
[8]Michail PetrovGanev(ブルガリア)


 








サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に