日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2015.08.18

【全国高校生グレコローマン選手権/最終日】藤井達哉(滋賀・栗東)が2年連続優勝


 全国高校生グレコローマン選手権最終日は8月18日、大阪・堺市金岡公園体育館で4階級の決勝までが行われ、84kg級の藤井達哉(滋賀・栗東)が6試合を勝ち抜き、2年連続優勝を達成した。

 96kg級はインターハイ120kg級決勝と同じ対戦となり、2位だった二ノ宮寛斗(岐阜・岐南工)が石黒峻士(埼玉・花咲徳栄)にリベンジして優勝した。二ノ宮は3回戦でインターハイ96kg級優勝の白鳥慶樹(長野・小諸)を破っており、2人のインターハイ王者を破っての優勝だった。

 74kg級はインターハイ2位の松雪泰成、120kg級はインターハイ3位の杉馬場曜の愛知・星城勢が優勝。松雪は全国高校選抜大会も2位で全国一を目前にして手が届かなかった栄冠を手にした。

 全8階級のうち、東海勢が5階級で優勝する健闘だった。各階級の成績は下記の通り。


《一覧表・トーナメント表》

一覧表 50kg 55kg 60kg 66kg 74kg 84kg 96kg 120kg

 【74kg級】

 ▼決勝
松雪泰成(愛知・星城)○[12-10]●林雷(山梨・韮崎工)

 ▼3位決定戦
川畑孔明(鹿児島・樟南)○[7-0]●亀田直哉(兵庫・西宮)
大賀遥(東京・自由ヶ丘学園)○[3-2]●佐藤拳(神奈川・磯子工)

 ▼準決勝
林雷(山梨・韮崎工)○[Tフォール、1:01=8-0]●亀田直哉(兵庫・西宮)
松雪泰成(愛知・星城)○[Tフォール、4:40=9-1]●佐藤拳(神奈川・磯子工)

 《7位以下順位》[7]監物滉生(静岡・伊豆総合)、[8]乙名剛輝(大分・日本文理大付)

-------------------------

 【84kg級】

 ▼決勝
藤井達哉(滋賀・栗東)○[Tフォール、1:43=9-0]●山田修太郎(秋田・秋田商)

 ▼3位決定戦
島田樹(岡山・おかやま山陽)○[不戦勝]●中川隆真(奈良・大和広陵)
川村洋史(静岡・飛龍)○[6-0]●為房虎太郎(大阪・同志社香里)

 ▼準決勝
山田修太郎(秋田・秋田商○[途中棄権、1:26=6-2]●中川隆真(奈良・大和広陵)
藤井達哉(滋賀・栗東)○[4-3]●川村洋史(静岡・飛龍)

 《7位以下順位》[7]飯村友基(茨城・鹿島学園)、[8]芝元達也(宮崎・宮崎農)

-------------------------

 【96kg級】

 ▼決勝
二ノ宮寛斗(岐阜・岐南工)○[7-1]●石黒峻士(埼玉・花咲徳栄)

 ▼3位決定戦
松本直毅(神奈川・横浜清陵総合)○[4-1]●三浦庶宏(東京・自由ヶ丘学園)
藤本歩(茨城・霞ヶ浦)○[5-4]●白鳥慶樹(長野・小諸)

 ▼準決勝
石黒峻士(埼玉・花咲徳栄)○[Tフォール、3:00=10-1]●三浦庶宏(東京・自由ヶ丘学園)
二ノ宮寛斗(岐阜・岐南工)○[フォール、0:39=6-2]●藤本歩(茨城・霞ヶ浦)

 《7位以下順位》[7]赤城玲央(茨城・鹿島学園)、[8]濵本大徳(長崎・島原)

-------------------------

 【120kg級】

 ▼決勝
杉馬場曜(愛知・星城)○[フォール、1:01=4-0]●長野修平(岐阜・岐阜工)

 ▼3位決定戦
矢部希実(福岡・築上西)○[フォール、0:25=2-4]●奥田侑眞(滋賀・日野)
柳魁十(鹿児島・鹿屋中央)○[5-4]●藤原亮(山梨・韮崎工)

 ▼準決勝
長野修平(岐阜・岐阜工)○[フォール、1:17=4-0]●矢部希実(福岡・築上西)
杉馬場曜(愛知・星城)○[フォール、3:54=10-0]●藤原亮(山梨・韮崎工)

 《7位以下順位》[7]守安奎人(岡山・倉敷)、[8]野村正樹(京都・京都廣学館)


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に