日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2015.08.24

【特集】2015年世界選手権へかける(15)…女子58kg級・伊調馨(ALSOK)


男子フリースタイル 57kg 61kg 65kg 70kg 74kg 86kg 97kg 125kg
男子グレコローマン 59kg 66kg 71kg 75kg 80kg 85kg 98kg 130kg
 女   子  48kg 53kg 55kg 58kg 60kg 63kg 69kg 75kg

《伊調馨・略歴》《伊調馨・国際大会成績》《伊調馨・国内外成績》《女子58kg級展望》
《勝者の素顔》《オリンピック&世界選手権・歴代優勝選手と日本選手成績=女子》


(文=渋谷淳)

 今年の世界選手権(9月7~12日、米国・ラスベガス)では、女子58kg級の伊調馨(ALSOK)が2002年のギリシャ・ハルキダ大会から数えて10度目の出場を果たす。過去9大会はすべて優勝しており、今回は10度目の優勝をかけての闘い。オリンピックを含めれば13度目の世界一を目指すことになる。

 8月14日、味の素ナショナルトレーニングセンターで行われた女子の日本代表合宿は報道陣に公開され、伊調は報道陣の前で世界選手権について口を開いた。「来年がオリンピックということで、けがに気をつけていますが、練習自体は変わらないし、やりたいことも変わらない。何連覇とかは気にせずに、自分のレスリングをやりたい」。

■課題はコンディショニングとモチベーション

 オリンピック予選を兼ねた世界選手権に出場するのは今回で4度目。大本命として迎える大会を前にしても、気負うところは一切なし、といった様子である。

 そんな伊調にとって、コンディショニングは最も重要なテーマと言える。20歳で2004年アテネ・オリンピックの金メダルを獲得した女王も、「あの頃はこんなに長くやるとは思っていなかった」と言うように、気がつけば31歳を迎えた。

 円熟味が増すのと比例して、ここ2、3年はけがをする機会が増えたという。現在も「痛くないところはないくらい、いろいろなところが痛い。全部60、70%といったところです」というから、万全には程遠い。最近は週1回だった休みを週1・5回に増やし、自らの肉体と対話しながら調整を進めるようになった。

 コンディショニングと並び、キーとなるのがモチベーションだ。自身の存在を脅かす若手選手が出現すれば、モチベーションはおのずとアップしそうなものだが、現状でそれを望むことはできない。世界選手権の予選となった6月の全日本選抜選手権では、58kg級にエントリーした選手はわずか3人。

 リーグ戦方式で2試合に圧勝した試合後、「もの足りないというか、モチベーションが上がらないところはあった。若手にはどんどん当たってきてほしい」と語った。

 それは世界の舞台でも変わらない。伊調を避けて階級を変える選手こそ少ないものの、昨年の世界選手権決勝の相手のバレリア・コブロワ(ロシア)は、3月のワールドカップで国内の2番手だった川井梨紗子(至学館大=現63kg級)に敗れ、欧州大会は8位の不振。

 昨年3位のアナスタシア・フチョク(トルコ)、エリフ・ジャル・イェスリマーク(トルコ)も安定した強さを発揮している選手ではなく、今年の欧州大会優勝のエメセ・バルカ(ハンガリー)は不出場。同国の代表は欧州大会60kg級優勝で、日本でも長期練習したことのあるサスティン・マリアンナで(ハンガリー協会HPによる)。その後、成長しているかもしれないが、伊調との実力差は明白。

 平均的に強い中国も、代表が予想されるゾウ・チャンティンが、伊調が優勝した今年のアジア選手権で8位(伊調との対戦はなし)とあっては、ライバルにはなりえない。試合前から腰が引けそうな選手ばかりで、伊調の闘志に火をつけてくれる選手は見あたらないのが現状だ。

■「やりたいレスリング」を追求する

 こうした状況の中、コーチ陣を相手にしたり、警視庁などに出向いて行う男子選手とのスパーリングが自身を奮い立たせる数少ない材料となっている。「技術、体力で学ぶことが多いのは男子。レベルが高いので一つひとつが勉強になり、考える時間も増える。難しいからこそやりがいがある」。理想のレスリングの追求に加え、モチベーションを高める意味でも、男子選手との練習は貴重な時間となったようだ。

 来年のリオデジャネイロ・オリンピックについて問われた伊調は「通過点とかゴールとかは考えていない。目の前の試合で、この技をかけたい、あの技をかけたいという気持ち」と答えた。自分の体と向き合いながら、「やりたいレスリング」を追求するのが女王のスタンス。孤高の闘いはこれからも続く。


 《関連記事》

2014年9月12日:【世界選手権第4日・特集(インタビュー)】女子58kg級・伊調馨(ALSOK)

20131228【全日本選手権・特集】あえて厳しい道を歩み始める!…女子59kg級・伊調馨(ALSOK)

201320【世界選手権・特集】女子63kg級・伊調馨(ALSOK)

201318【全日本選抜選手権・特集】女子63kg級・伊調馨(ALSOK)

2012【ロンドン五輪第4日・特集】女子史上初の五輪3連覇達成…伊調馨(ALSOK)

201122【特集】伊調馨(ALSOK)が3年ぶりにアジア制覇!「試合に出て自身のレスリングを発展させます」

2011【特集】実戦でしか分からない弱点をつかむ…63kg級・伊調馨


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に