日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2015.08.25

【2015年世界選手権日本代表選手・国際大会成績】男子フリースタイル65kg級・石田智嗣(警視庁)


男子フリースタイル65kg級・石田智嗣(警視庁)/国際大会成績


 《2015年》

 【7月:ジオルコウスキ国際大会=ポーランド(65kg級)】=3位(15選手出場)
3決戦  ○[4-1]Haiwei Ling(中国)
準決勝 ●[1-5]George Bucur(ルーマニア)
2回戦  ○[2-1]Kevin Henkel(ドイツ)
1回戦   BYE

 【5月:アジア選手権=カタール(65kg級)】=2位(17選手出場)
決  勝 ●[1-1C]Masoud Mahmoud Esmaeilpoorjouybari(イラン) 
準決勝 ○[2-1]Mandakhnaran Ganzorig(モンゴル)
3回戦  ○[Tフォール、6:00=11-0]Azat Mirakhimov(キルギス)
2回戦  ○[6-1]Sodiqkhoja Ismoilov(タジギスタン)
1回戦   BYE

 【3月:モンゴル・オープン(65kg級)】=5位(18選手出場)
3決戦  ●[Tフォール、0-10]B Batmagnai(モンゴル)
準決勝 ●[1-2]G Mandakhnaran(モンゴル)
3回戦  ○[4-1]U Bagdoulot(カザフスタン)
2回戦  ○[3-0]G Choigajid(モンゴル)
1回戦  BYE

 【3月:ブリヤート国際大会=ロシア(65kg級)】=優勝(21選手出場)
決  勝 ○[2-2]Bazar Bazarguruev(キルギス)
準決勝 ○[7-1]Batmagnay Batchuluun(モンゴル)
3回戦  ○[6-0]Dondop Tubchinov(ロシア)
2回戦  ○[3-2]Elvin Valiev(アゼルバイジャン)
1回戦   BYE

---------------

 《2014年》

 【9月:アジア大会=韓国(65kg級)】=5位(12選手出場)
3決戦  ●[5-5B]Ikhtiyor Navruzov(ウズベキスタン)
準決勝 ●[5-5C]Zalimkhan Yusupov(タジギスタン)
2回戦  ○[2B-2]Mandakhnaran Ganzorig(モンゴル)
1回戦  ○[Tフォール、4:54=10-0]Ghazwan Lazkani Munla Badawi(シリア)

 【4月:アジア選手権=カザフスタン(65kg級)】=7位(14選手出場)
2回戦 ●[0-4]Batchulun Batmangnai(モンゴル)
1回戦 ○[6-0]Chen Liang(中国)

 【2月:ヤシャ・ドク国際大会=トルコ(65kg級)】=14位(18選手出場)
2回戦 ●[4-7]Servet Coskun(トルコ)
1回戦  BYE  

 【2月:タクティ・カップ=イラン(65kg級)】=16位(20選手出場)
2回戦 ●[0-2]Farzad Kolivand(イラン)
1回戦  BYE

---------------

 《2013年》

 【11月:NYACホリデー国際大会=米国(66kg級)】
敗復2  ●[0-7]Borislav Novachkov(ブルガリア)
敗復1  ○[5-3]Ganbayar Sanjaa(米国)
3回戦  ●[6-12]Kevin LeValley(米国)
2回戦  ○[8-0]David Jauregui(米国)
1回戦   BYE

 【4月:アジア選手権(66kg級)】=3位(14選手出場)
3決戦  ○[2-0(2-0,1-0)]Jung Young Ho(韓国)
敗復戦 ○[2-0(1-0,2-0)]Mohammad Yosefi(イラン)
1回戦  ●[1-2(1-0,3-4,0-1)]Mandakhnaran Ganzorig(モンゴル)

 【2月:ワールドカップ=団体戦(66kg級)】
7・8決戦 ○2-1(0-1,4-0,1-0)Dauren Zhumagazyyev(カザフスタン)
5回戦  ○2-1(0-1,2-0,1-0)Malkhaz Zarkua(ジョージア=グルジア)
3回戦  ○2-0(1-0,4-0)Nikolay Goshev Kurtev(ブルガリア)
2回戦  ●1-2(1-0,0-2,0-3)Brent Harold Metcalf(米国)
1回戦  ●0-2(1-2,1-1)Mohammad Ali Yousefi Kamangar(イラン)

 【1月:ヤリギン国際大会=ロシア(66kg級)】=22位(36選手出場)
敗復戦 ●[0-2(0-1,0-1)]Alexander Kontoev(ベラルーシ)
1回戦  ●[1-2(3-1,1-2,0-2)]Brent Metkalf(米国)

---------------

 《2012年》

 【11月:NYACホリデー国際大会=米国(66kg級)】=4位(29選手出場)
3決戦  ●[0-2(0-4,1-4)]Kevin LeValley(米国)
敗復3  ○[2-1(0-4,1-0,2-0)]Levon Chabrikdze(米国)
敗復2  ○[2-1(0-3,1-0,1-0)]Ganbayar Sanjaa(米国)
敗復1  ○[フォール、2P1:24(TF0-6,F)]Brandon Rader(米国)
3回戦  ●[1-2(1-0,0-1.0-5)]Kevin LeValley(米国)
2回戦  ○[2-0(2-0,1-0)]Ryan Lue(カナダ)
1回戦   BYE

 【2月:アジア選手権=韓国(60kg級)】=3位(15選手出場)
3決戦  ○[フォール、2P(4-0,3-0)]Zhu Feng(中国)
敗復戦 ○[2-0(1-0,6-0)]Fuad Mussayev(カザフスタン)
1回戦  ●[1-2(0-1,1-1,0-3)]Yogeshwar Dutt(インド)

---------------

 《2011年》

 【7月:ゴールデンGP決勝大会=アゼルバイジャン(60kg級)】=11位(14選手出場)
1回戦 ●[1-2(1-0,1-3,0-1)]Ersin Cetin (トルコ)

---------------

 《2010年》

 【10月:世界学生選手権=イタリア(66kg級)】=優勝(16選手出場)
決  勝 ○[2-0(1-0,1-0)]Kurtiev Nicolay(ブルガリア)
準決勝 ○[2-0(1-0,1-0)]Efendiev Zaur(ロシア)
2回戦  ○[2-0(2-0,4-2)]Gotisan Vladimir(モルドバ)
1回戦  ○[2-0(1-0,2-0)]Poliak Yuri(イスラエル)

 【2月:ダン・コロフ国際大会(66kg級)】=5位(16選手出場)
3決戦  ●[0-2(0-2,0-1)]David Suyuncxanov(アゼルバイジャン)
準決勝 ●[1-2(0-1,1-0,1C-1)]Chalik Shenol(トルコ)
2回戦  ○[2-1(0-3,1-0,1-0)]Sobieraj Adam(ポーランド)
1回戦  ○[2-0(1-0,1-0)]Celtin Ersin(トルコ)

---------------

 《2009年》

 【8月:世界ジュニア選手権=トルコ(66kg級)】=5位(35選手出場)
3決戦  ●[フォール、3P(1-0,0-1,0-2)]Stanislav Zinchenko(ウクライナ)
敗復戦 ○[2-1(0-1,1-0,2-0)]Azat Donbaev(キルギス)
4回戦  ●[1-2(1-0,0-2,0-2)]Devid Safaryan(ロシア)
3回戦  ○[2-0(3-0,1-0)]Maxat Daulbayev(カザフスタン)
2回戦  ○[2-0(1-0,1-0)]Jason Chamberlain(米国)
1回戦   BYE

---------------

 《2008年》

 【7月:世界ジュニア選手権=トルコ(66kg級)】=13位(33選手出場)
3回戦 ●[1-2(1-1,1-1,1-1)]UNURBAT Purevjav(モンゴル)
2回戦 ○[2-0(2-0,7-0)]HUNANYAN Karen(アルメニア)
1回戦  BYE

---------------

 《2006年》

 【8月:アジア・カデット選手権=タイ(グレコローマン63kg級)】=3位(9選手出場)
3決戦  ○[フォール、2P] PADCHAIYA SEEPISAN(タイ)
準決勝 ●[0-2] ATAI(キルギスタン)
2回戦  ○[2-0] PARVESH (インド)
1回戦   BYE


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に