日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2015.09.04

【2015年世界選手権/エントリー選手(男子グレコローマン)】ハミド・スーリヤン(イラン)とミハイン・ロペス(キューバ)、8度目の世界一なるか


 2015年世界選手権(9月7~12日、米国・ラスベガス)の男子グレコローマンのエントリー選手は下記の通り。66kg級の52ヶ国・地域エントリーを筆頭に、選手の数も質も史上最高レベルと言っていい。

 来年のリオデジャネイロ・オリンピックの出場枠は各階級5位以内(6選手)。だれが制するか。

 記録では、59kg級のハミド・スーリヤン(イラン)と130kg級のミハイン・ロペス(キューバ)が、ともにオリンピックを含めて8度目の世界一を目指す。


※エントリーしていない選手でも、出場が認められるのがこれまでの慣習です。[]の数字は、世界レスリング連盟(UWW)の7月末時点でのランキングで、10位までを表示。

今季不調のハミド・スーリヤン(イラン)だが、きっちり仕上げてくるか。

【59kg級】=48ヵ国・地域

 昨年2位でUWWランキング1位のミンギヤン・セメノフ(ロシア)が同国の代表を外れた。出場してくるのは欧州大会優勝のステファン・マルヤニャン(ロシア)。今季不調で出場も危ぶまれた昨年王者ハミド・スーリヤン(イラン)は同国の正エントリー。果たして出場してくるか。2013年55kg級王者のユン・ウォンチョル(北朝鮮)もエントリー。

-------------------------

 《エントリー選手》/《展望記事》
[2]ANGELOV Ivo Serafimov(ブルガリア)=ニコラ・ペトロフ国際大会優勝
[3]TASMURADOV Elmurat(ウズベキスタン)=アジア選手権優勝
[4]MARYANYAN Stepan(ロシア)=欧州大会優勝
   BAYRAMOV Rovshan(アゼルバイジャン)
   [5]《控え》MUKHTAROV Elman(アゼルバイジャン)=欧州大会3位
      《控え》MAMMADOV Taleh(アゼルバイジャン)
[6]YUN Won Chol(北朝鮮)=アジア大会2位
[7]DAUROV Soslan(ベラルーシ)=欧州大会2位
[8]BELMADANI Tarik(フランス)=欧州大会3位
[9]CIOBANU Victor(モルドバ)=U-23欧州選手権優勝
   SORYAN Hamid Mohammad(イラン)=2014年世界選手権優勝
    《控え》HAJI POUR Mohsen Hossein(イラン)
   BERGE Stig-Andre(ノルウェー)=2014年世界選手権3位
   BORRERO MOLINA Ismael(キューバ)=2014年世界選手権5位
   MANGO Spenser Thomas(米国)=2014年世界選手権5位
    《控え》THIELKE Jesse David(米国)
   AMOYAN Roman(アルメニア)
   AL GHARRAWI Ali Najah Jasim(イラク)
    《控え》AL AKRAA Aymen Hameed Mohsin(イラク)
   BAGHUMYAN AGHAZARYAN Albert(スペイン)
   ELEL VASQUEZ Abner Esau(グアテマラ)
   FAHMY MAHMOUD Haithem Ahmed(エジプト)
   FERNANDES DE CARVALHO Joao Paulo(ポルトガル)
   FRIS Kristian 284(セルビア)
   HAAPAMAEKI Jani Jukka(フィンランド)
   HESA Fredrick(マーシャル諸島)
   KEBISPAYEV Almat(カザフスタン)
   KIM Seunghak(韓国)
   KRASZNAI Mate(ハンガリー)
   LEMAIRE-THIAM Jonathan Stéphane(モナコ)
   LIZATOVIC Ivan(クロアチア)
   LOPEZ ASPRILLA Juan Carlos(コロンビア)
   MENEKSE Deniz(ドイツ)
   MESSAOUDI El Mahadi(モロッコ)
   MIKELADZE Murad(ジョージア=グルジア)
   MONTANO ARROYO Andres Roberto(エクアドル)
   MORALES OJEDA Wesley(プエルトリコ)
   MUNTEANU Virgil(ルーマニア)
   NOVAK Michal(チェコ)
   RAVINDER Singh(インド)
   RIBEIROROMANELLI Diego(ブラジル)
   RODRIGUEZ OROZCO Raiber Jose(ベネズエラ)
   SKALS Tobias Fonnesbek(デンマーク)
   SOTO MACIAS Ali(メキシコ)
   TIAN Qiye(中国)
    《控え》JIANG Li(中国)
   TORRES NUNEZ Cristobal Alonso(チリ)
   TRACZ Michal Jacek(ポーランド)
   TSARYUK Andrey(イスラエル)
   TSYMBALIUK Dmytro(ウクライナ)
   UCUNCU Fatih Orhan(トルコ)
    《控え》BILICI Rahman(トルコ)
    《控え》KARAKUS Erhan Turan(トルコ)
   WILLIAMS Dylan Wainsworth(カナダ)
   ZHOLCHUBEKOV Kanybek(キルギス)
    《控え》ERALIEV Arsen(キルギス)
   田野倉翔太(日本)


 【66kg級】=52ヶ国・地域

 UWWランキングの1~10位がエントリーした階級。優勝のダボル・シュテファネク(セルビア)、昨年3位のタマス・ロリンツ(ハンガリー)、2013年世界選手権66kg級優勝で、昨年のアジア大会と今年のアジア選手権を制した柳漢壽(韓国)、今年のU-23欧州選手権と欧州大会を制したアルテム・スルコフ(ロシア)の1~4位選手の優勝争いか。

 イランは、2012年ロンドン・オリンピック60kg級優勝で、昨年の世界選手権のこの階級で2位に終わったオミド・ノルージはエントリーせず、ピトラシンスキ国際大会(ポーランド)5位のメフディ・ゼイドバンドがエントリー。

-------------------------

 《エントリー選手》/《展望記事》
[1]STEFANEK Davor(セルビア)=2014年世界選手権優勝
[2]LORINCZ Tamas(ハンガリー)=ピトラシンスキ国際大会71kg級優勝
[3]RYU Hansu(柳漢壽=韓国)=2014年アジア選手権優勝
[4]SURKOV Artem(ロシア)=欧州大会優勝
[5]STAEBLER Frank(ドイツ)=ピトラシンスキ国際大会優勝
[6]ARUTYUNYAN Migran(アルメニア)=欧州大会2位
[7]ETLINGER Dominik(クロアチア)=ピトラシンスキ国際大会3位
[8]ALIYEV Hasan(アゼルバイジャン)=欧州大会3位
   《控え》MAMMADOV Kamran(アゼルバイジャン)
[9]LEVAI Istvan(スロバキア)=欧州大会3位
[10]BERNATEK Mateusz Lucjan(ポーランド)=ピトラシンスキ国際大会3位
   AL SAEEDI Ahmed Jumaah Jasim(イラク)
    《控え》AL SAEDI Mohammed Abbas Shyaa(イラク)
    《控え》MOHSIN Sarmad Hashim Mohsin(イラク)
   BENAISSA Tarek Aziz(アルジェリア)
   BINGHAM Lowe(ナウル)
   BJERREHUUS Fredrik Holmquist(デンマーク)
   BOLKVADZE Shmagi(ジョージア=グルジア)
   CARDENAS MORA Bernardo(メキシコ)
   CASCAVILLA Davide(イタリア)
   CATARAGA Daniel(モルドバ)
   CHOC HUOC David Elias(グアテマラ)
   COTTO MELENDEZ Benjamin Omar(プエルトリコ)
   CUERO MUNOZ Jair Alexis(コロンビア)
   DA SILVA FEITOSA Andre Felipe(ブラジル)
   DA SILVA PASSOS Hugo Miguel(ポルトガル)
   DEEPAK Deepak(インド)
   DEMYANKOV Denys(ウクライナ)
   GHANEM Ibrahim Mahmoud Hamed Hassan(エジプト)
   HARUTYUNYAN Frunze(スウェーデン)
   LOKHOV Aleksandr(ウズベキスタン)
   LOPEZ JR Joseph Dominic(グアム)
   MARTINEZ PALACIO Miguel(キューバ)
   MEJIA SAMBULA Jefrin Benito(ホンジュラス)
   MOLINA CORTEZ Mario Bernardo(ペルー)
   MORBITZER Matous(チェコ)
   NAVARRO SANCHEZ Ismael(スペイン)
   NOVA ROCA Cristian Alberto(ボリビア)
   PANG Jin Chol(北朝鮮)
   PUFFER Benedikt Sebastian(オーストリア)
   RIVASESPINOZA Wuileixis de Jesus(ベネズエラ)
   SADDORIS Bryce Lee(米国)
    《控え》SANCHO Alejandro(米国)
   SIAMIONAU Mikhail(ベラルーシ)
   STAS Konstantin Ivanovich(ブルガリア)
   THOMAS Lukas Makana(ナムビア)
   THOMMESEN Marius Blomstadli(ノルウェー)
   TSAREV Ruslan(キルギス)
    《控え》KOICHUKULOV Atai(キルギス)
   UGURLI Abdulsamet(トルコ)
    《控え》YUKSEL Atakan(トルコ)
    《控え》GUNAL Abdulsamet(トルコ)
   VEALIMAEKI Tero Seppo(フィンランド)
   VENCKAITIS Edgaras(リトアニア)
   ZEIDVAND Mehdi Chooli(イラン)
   ZHADRAYEV Demeu(カザフスタン)
   ZHENG Pan(中国)
    《控え》ZHANG Gaoquan(中国)
   泉武志(日本)


 【71kg級】=34ヵ国・地域

 昨年の世界選手権を制したチンギス・ラバザノフ(ロシア)は階級を上げた。空いた座を欧州大会優勝のラスール・チュナエフ(アゼルバイジャン)、同2位のバリント・コルパシ(ハンガリー)、昨年3位のアフシン・ビャバンガード(イラン)のUWWランキング1~3位選手が争うか。

-------------------------

 《エントリー選手》/《展望記事》
[1]CHUNAYEV Rasul(アゼルバイジャン)=欧州大会優勝
   《控え》ALIYEV Rustam(アゼルバイジャン)
[2]BYABANGARD Afshin Nemat(イラン)=ニコラ・ペトロフ国際大会優勝
[3]KORPASI Balint(ハンガリー)=欧州大会2位
[6]DENISOV Yury(ロシア)=ルボミール・イワノビッチ国際大会優勝
[8]OZEL Yunus Saban(トルコ)=ベービ・エムレ国際大会2位
   《控え》OZDEMIR Ahmet Halil(トルコ)
   APRIAMASHVILI Goga(ジョージア=グルジア)
   BAYAKHMETOV Darkhan(カザフスタン)
   BEKAURI Zurab(ポルトガル)
   BERDYIEU Tsimur(ベラルーシ)
   BORANYAN Varsham(アルメニア)
   BOUALEM Aziz(モロッコ)
   BOUDJEMLINE Akrem(アルジェリア)
   CHRISTEN Nicolas Peter(スイス)
   DUBSKY Filip(チェコ)
   ELDESOU Ibrahim Nasser Ibrahim Abdelbaki(エジプト)
   HASSLI Franck(モナコ)
   HOLI Mohammed Rafiq(インド)
   JAKUS Vojtech(スロバキア)
   JANECIC Danijel(クロアチア)
   KARLSEN Petter(ノルウェー)
   KHOLMUKHAMMATOV Nurbek(ウズベキスタン)
   KOSTADINOV Svilen Plamenov(ブルガリア)
   LEE Jeonggeon(韓国)
   LESTER Justin Dashaun(米国)
    《控え》SMITH Patrick Harrison(米国)
   LUCHITA Ion(モルドバ)
   MAASCH Matthias(ドイツ)
   MAKSIMOVIC Aleksandar(セルビア)
   MYXAKIS Vasileios(ギリシャ)
   STEIGL Stefan(オーストリア)
   TALLROTH Knut Zakarias(スウェーデン)
   TUGOLBAEV Kairatbek(キルギス)
   VARDANYAN Armen(ウクライナ)
   ZHANG Ridong(中国)
   花山和寛(日本)


 【75kg級】=47ヶ国・地域

 昨年はアジア大会に専念するため不出場だった2013年74kg級優勝の金炫雨(韓国)と昨年優勝のアルセン・ジュルファラキャン(アルメニア)がともにエントリー。

 2012年ロンドン・オリンピック74kg級優勝のロマン・ブラソフ(ロシア)が不出場。ロシアからは昨年の71kg級優勝のチンギス・ラバザノフが出場する。昨年3位で今年の欧州大会優勝のエルビン・ムルサリエフ(アゼルバイジャン)を含めた4強の争いか。

-------------------------

 《エントリー選手》/《展望記事》
[1]KIM Hyeonwoo(金炫雨=韓国)=アジア大会優勝
[2]JULFALAKYAN Arsen(アルメニア)=2014年世界選手権優勝
[4]MURSALIYEV Elvin(アゼルバイジャン)=欧州大会優勝
[5]NEMES Viktor(セルビア)=欧州大会2位
[6]LABAZANOV Chingiz(ロシア)=欧州大会3位
[7]DATUNASHVILI Zurabi(ジョージア=グルジア)=欧州大会5位
[8]STARCEVIC Bozo(クロアチア)=ピトラシンスキ国際大会2位
[9]KUS Emrah Suleyman(トルコ)=ベービ・エムレ国際大会優勝
   《控え》TUFENK Seref(トルコ)
[10]PYSHKOV Dmytro(ウクライナ)
   BACSI Peter(ハンガリー)=
   ABBRESCIA Riccardo Vito(イタリア)
   ABD ELSALAM SHIBL Tarek Mohamed(エジプト)
   ABDVALI Saeid Morad(イラン)
   AIT OUAGRAM Zied(モロッコ)
   AL SALIHI Taha Yaseen Dhahir(イラク)
    《控え》AL ZAMELI Ahmed Salih Fardh(イラク)
   ALMENDRA JIMENEZ Alvisalbino(パナマ)
   AVENDANO ROJAS Luis Eduardo 1VEN
   AZISBEKOV Atabek(キルギス)
   BESLEAGA Igor(モルドバ)
   BISEK Andrew Thomas(米国)
    《控え》COWAN Dillon Steven(米国)
   BOSSERT Jonas(スイス)
   CENTENO RODRIGUEZ Luis Rafael(プエルトリコ)
   COJOCARI Ilie(ルーマニア)
   CUERO ORTIZ Enrique Javier(エクアドル)
   EISELE Pascal(ドイツ)
   ESCOBAR Juan Angel(メキシコ)
   GURPREET Singh(インド)
   KARTIKOV Doszhan(カザフスタン)
   KHALIL Rabie K. A.(パレスチナ)
   KHASHIMBEKOV Nurbek(ウズベキスタン)
   KUHAR Jure(スロベニア)
   LOPEZ Micah Richard Joseph(グアム)
   MADSEN Mark Overgaard(デンマーク)
   MARCHL Florian(オーストリア)
   MARQUES MOREIRA Angelo Rafael(ブラジル)
   MUNOZ JARAMILLO Carlos Andres(コロンビア)
   NOVAK Petr(チェコ)
   PALENSKI Valery(ベラルーシ)
   RIGO Richard(スロバキア)
   ROSENGREN Robert Patrik(スウェーデン)
   SALAM Abdulai(シエラレオネ)
   VAELIMAEKI Henri Esko(フィンランド)
   VISNAKOVS Aleksandrs(ラトビア)
   WOLNY Mateusz Lukasz(ポーランド)
   YANAKIEV Yavor Dimitrov(ブルガリア)
   YANG Bin(中国)
   金久保武大(日本)


 【80kg級】=28ヶ国・地域

 昨年優勝のペーター・バーチ(ハンガリー)は75kg級にエントリー。同2位で今年の欧州大会優勝のエフゲニ・サレーフ(ロシア)、欧州大会2位のエフィグ・フセイノフ(アゼルバイジャン)の優勝争いか。

-------------------------

 《エントリー選手》/《展望記事》
[1]SALEEV Evgeny(ロシア)=欧州大会優勝
[2]HUSEYNOV Rafig(アゼルバイジャン)=欧州大会2位
   《控え》AHMADOV Emin(アゼルバイジャン)
[4]ALEKSANDROV Daniel Tihomirov(ブルガリア)=欧州大会3位
[5]SASUNOUSKI Viktor(ベラルーシ)=ピトラシンスキ国際大会2位
[6]CEBI Selcuk(トルコ)=ピトラシンスキ国際大会3位
   《控え》ATEM Aslan(トルコ)
[7]GOBADZE Lasha(ジョージア=グルジア)
[9]GHADERIAN Yousef Ahmad(イラン)=アジア選手権優勝
[10]SARGSYAN Eduard(アルメニア)=スペインGP優勝
   AISHAN Aisha(中国)
    《控え》NA Junjie(中国)
   BALO Petar(セルビア)
   DILMUKHAMEDOV Askhat(カザフスタン)
   HARPREET Singh(インド)
   KAZAKEVIC Aleksandr(リトアニア)
   KIM Jinhyeok(韓国)
   MARTINEZ Patrick Anthony(米国)
    《控え》MYERS Courtney James(米国)
   MC MOORE Schey-Xyong Beau(アメリカンサモア)
   METWALLY Mohamed Moustafa Ahmed Abdall(エジプト)
   NEUMAIER Florian(ドイツ)
   POWADA Pavel(チェコ)
   SAHLI Khalid(モロッコ)
   SALDADZE Besiki(ウズベキスタン)
   SHIRDAKOV Samat(キルギス)
   SHYSHMAN Oleksandr(ウクライナ)
   SZABO Laszlo(ハンガリー)
   VARKAS Nikolaos(ギリシャ)
   WAGNER Michael(オーストリア)
   ZUGAJ Neven(クロアチア)
   前田祐也(日本)


 【85kg級】=42ヶ国・地域

 昨年、フランス選手として27年ぶりに世界王者に輝いたメロニン・ヌモンビ(フランス)、昨年2位のサマン・タマセビ(アゼルバイジャン)、欧州大会優勝のダビッド・チャクベターゼ(ロシア)、同2位のザン・ベレニュク(ウクライナ)の争いか。

-------------------------

 《エントリー選手》/《展望記事》
[1]CHAKVETADZE David(ロシア)=欧州大会優勝
[2]BELENIUK Zhan(ウクライナ)=欧州大会2位
[3]AKHLAGHI Habibollah Jomeh(イラン)=ニコラ・ペトロフ国際大会優勝
[4]LORINCZ Viktor(ハンガリー)=ピトラシンスキ国際大会2位
[5]AZIZSIR Ramsin(ドイツ)=ピトラシンスキ国際大会3位
[6]BASAR Metehan(トルコ)=欧州大会3位
   《控え》ILDEM Kansu Huseyin(トルコ)
   《控え》YILDIRIM Ahmet(トルコ)
   TAHMASEBI Saman Ahman(アゼルバイジャン)
   [7]《控え》ABBASOV Islam(アゼルバイジャン)=欧州ジュニア選手権優勝
[8]MANUKYAN Maksim(アルメニア)=ニコラ・ペトロフ国際大会2位
[10]NOUMONVI Mélonin(フランス)=2014年世界選手権優勝
   ADOMAITIS Laimutis(リトアニア)
   AL AAYEDI Adil Ghazi Faris(イラク)
   ASSAKALOV Rustam(ウズベキスタン)
   BRANDAO SANTIAGO Ronisson(ブラジル)
   FRANJKOVIC Dejan(セルビア)
   GARCIA PEREZ Pedro Jacinto(スペイン)
   HAMIKOEV Timur(マケドニア)
   HAMZATAU Javid(ベラルーシ)
   HIETANIEMI Rami Antero(フィンランド)
   HOLM Jordan Robert(米国)
    《控え》ANDERSON Jonathan Gregory(米国)
   HRUSTANOVIC Amer(オーストリア)
   IBRAHIM OTHMAN SAAD Ahmed Mohamed(エジプト)
    《控え》EBRAHIM Karam Mohamed Gaber(エジプト)
   JANIKOWSKI Damian(ポーランド)
   JOHANSSON Kristofer Alf Ragnar(スウェーデン)
   KENZHEEV Zhanarbek(キルギス)
   LEYVA YEPEZ Alfonso Antonio(メキシコ)
   MANOJ Kumar(インド)
   MARINOV Hristo Diyanov(ブルガリア)
   OMAROV Artur(チェコ)
   PARISI Fabio(イタリア)
   PARK Jinsung(韓国)
   PENG Fei(中国)
   PEREZ MORA Querys Jose(ベネズエラ)
   PULETASI Nolan Ili(アメリカンサモア)
   SOPADZE Mate(ジョージア=グルジア)
   TAMAS Attila Gheza(ルーマニア)
   TJOERSTAD Rasmus Nes(ノルウェー)
   TOOM Alo(エストニア)
   TSEKERIDIS Dimitrios(ギリシャ)
   TURSYNOV Nursultan(カザフスタン)
   VAN ZYL Dean(南アフリカ)
   ZUGAJ Nenad(クロアチア)
   岡太一(日本)


 【98kg級】=40ヶ国・地域

 UWWランキング1~5位選手がエントリー。昨年、欧州選手権と世界選手権を制したアルトゥール・アレクサニャン(アルメニア)が強さを見せるか。ロシアは2012年ロンドン・オリンピック2位のルステム・トトロフではなく、欧州大会で勝ったイスラム・マゴメドフがエントリー。

-------------------------

 《エントリー選手》/《展望記事》
[1]ALEKSANYAN Artur(アルメニア)=2014年世界選手権優勝
[2]MAGOMEDOV Islam(ロシア)=欧州大会優勝
[3]REZAEI Ghasem Gholamreza(イラン)=ピトラシンスキ国際大会優勝
[4]ILDEM Cenk(トルコ)=欧州大会3位
   《控え》TACYILDIZ Ahmet Sahabettin(トルコ)
[5]TIMCHENKO Dimitriy(ウクライナ)=欧州大会2位
[7]NURIYEV Orkhan(アゼルバイジャン)=欧州大会5位
[9]TIMONCINI Daigoro(イタリア)=ニコラ・ペトロフ国際大会2位
[10]HRABOVIK Aliaksandr(ベラルーシ)
   ALBINO Davi Jose(ブラジル)
   ALEXUC CIURARIU Alin(ルーマニア)
   AL-TAMEEMI Abbas Shaalan Abdulkadhim(イラク)
    《控え》AL KAABI Ali Majeed Hameed(イラク)
   AN Changgun(韓国)
   ARUSAAR Ardo(エストニア)
   ATAFI Choucri(モロッコ)
   AVANESYAN Robert(イスラエル)
   DIEUDONNE Basile(チャド)
   EBRAHIM Karam Mohamed Gaber(エジプト)
    《控え》IBRAHIM OTHMAN SAAD Ahmed Mohamed(エジプト)
   GASTL Daniel(オーストリア)
   GRZYBICKI Radoslaw Pawel(ポーランド)
   GURI Elis(ブルガリア)
   HARDEEP Hardeep(インド)
   ISKAKOV Yerulan(カザフスタン)
   KAJAIA Mikheil(ジョージア=グルジア)
   KISS Balazs(ハンガリー)
   LAHTI Tuomas Heikki Juhani(フィンランド)
   LATOUR Jeremy(カナダ)
   LAURINAITIS Vilius(リトアニア)
   LOANGO SOLIS Oscar(コロンビア)
   LUGO CABRERA Yasmany Daniel(キューバ)
   MAKHMUDOV Beksultan Makhamadzhanovich(キルギス)
   MEJIA CASTILLO Kevin(ホンジュラス)
   NIELSEN Marthin Hamlet(ノルウェー)
   OEHLER Peter(ドイツ)
   PEREZ MORA Luillys Jose(ベネズエラ)
   ROCHA BARRON Jose Jair(メキシコ)
   SCHOEN Carl Fredrik Stefan(スウェーデン)
   TURDIEV Jahongir(ウズベキスタン)
   WILLIAMS Caylor Ryan(米国)
    《控え》BEAZLEY Kevin Scott(米国)
   XIAO Di(中国)
   米平安寛(日本)


無敵の強さを続けるミハイン・ロペス(キューバ)

【130kg級】=31ヶ国・地域

 UWWランキングの上位選手がほぼエントリー。世界選手権を5度、オリンピックを2度制しているミハイン・ロペス(キューバ)のが城を、だれが崩せるか。

-------------------------

 《エントリー選手》/《展望記事》
[1]LOPEZ NUNEZ Mijain(キューバ)=2014年世界選手権優勝
[2]KAYAALP Riza(トルコ)=欧州大会優勝
   《控え》ARSLAN Ali Nail(トルコ)
[3]EUREN Johan Magnus(スウェーデン)=ワールドカップ団体2位
[4]NABI Heiki(エストニア)=欧州大会3位
[5]TINALIYEV Nurmakhan(カザフスタン)=アジア選手権優勝
[6]MAKHOV Bilyal(ロシア)=2014年世界選手権3位
[7]MENG Qiang(中国)=ピトラシンスキ国際大会優勝
[8]LAM Balint(ハンガリー)=ピトラシンスキ国際大会3位
[10]SHARIATI Sabahi(アゼルバイジャン)=欧州大会2位
   ABATAM Maurice(チャド)
   ABDULLAEV Muminjon(ウズベキスタン)
   ALGHARDHRI Ali Nadhim Salman(イラク)
   AYUB VALENZUELA Andres Antonio(チリ)
   CARABALLO CABRERA Erwin Jose(ベネズエラ)
   CHERNETSKYY Oleksandr(ウクライナ)
   CHUGOSHVILI Ioseb(ベラルーシ)
   DIMITROV Lyubomir Nikolov(ブルガリア)
   HOERMANN Lukas(オーストリア)
   KAJAIA Iakobi(ジョージア=グルジア)
   KHACHATRYAN Edgar(アルメニア)
   KIM Yongmin(韓国)
   LESTER Kenneth(アメリカンサモア)
   LOPEZ MORELL Edgardo Juan(プエルトリコ)
   MIZGAITIS Mindaugas(リトアニア)
   MOHAMED Abdellatif Mohamed Ahmed(エジプト)
   NAVEEN Naveen(インド)
   NOURI Mahdi Valiollah(イラン)
    《控え》ALIYARIFEIZABADI Mahdi Abbas(イラン)
   POPP Eduard(ドイツ)
   RAMONOV Murat(キルギス)
   SMITH Robert Timothy David(米国)
    《控え》ERICKSON Toby Richard(米国)
   SOGHOMONYAN Eduard(ブラジル)
   園田新(日本)


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に