日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2015.09.06

【2015年世界選手権/エントリー選手(男子フリースタイル)】地元の声援を背に王座奪還なるか、ジョーダン・バローズ


 2015年世界選手権(9月7~12日、米国・ラスベガス)の男子フリースタイルのエントリー選手は下記の通り。57、61、70、74kg級の4階級で昨年の世界王者が不在となった。

  来年のリオデジャネイロ・オリンピックの出場枠は各階級5位以内(6選手)。だれが制するか。


※エントリーしていない選手でも、出場が認められるのがこれまでの慣習です。[]の数字は、世界レスリング連盟(UWW)の7月末時点でのランキングで、10位までを表示。

 【57kg級】=47ヶ国・地域

 UWWランキング1位の選手(ヤン・ギョンイル=北朝鮮)は不参加。アジア大会王者のジョン・ハクジン(北朝鮮)が参加する。優勝候補であることは間違いあるまい。

 昨年9位に終わったが、2010・11年55kg級世界王者のビクトル・レベデフ(ロシア)が国内のし烈な争いを勝ち抜いて代表へ。昨年2位のウラジーミル・キンチェガシビリ(ジョージア=グルジア)、昨年3位のハサン・ラヒミ(イラン)らもエントリーした。

-------------------------

 《エントリー選手》/《展望記事》
[2]LEBEDEV Victor(ロシア)=欧州大会優勝
[3]BONNE RODRIGUEZ Yowlys(キューバ)=パンアメリカン大会優勝
[4]RAHIMI Hassan Sabzali(イラン)=ワールドカップ団体2位
[5]ERDENEBAT Bekhbayar(モンゴル)=アジア選手権優勝
[6]JONG Hak Jin(北朝鮮)=アジア選手権5位
[8]KHINCHEGASHVILI Vladimer(ジョージア=グルジア)=ステファン・サルキシアン国際大会優勝
[9]AKGUL Sezar(トルコ)=欧州大会3位
   《控え》UZUN Nebi(トルコ)
   《控え》KAYA Baris(トルコ)
   MAKENALIEV Nurlan(キルギス)
   《控え》[10]NADYRBEK UULU Samat(キルギス)
   AIVAZIAN Mykola(ウクライナ)
   ALIYEV Yashar(アゼルバイジャン)
    《控え》SULEYMANOV Jalal(アゼルバイジャン)
   ANSARI Chakir(モロッコ)
   BARSEGHYAN Garik(アルメニア)
   BASKAKOV Aleksei(エストニア)
   BONILLA GOMEZ Kevin Joshua(ホンジュラス)
   BURUIAN Anatolii(モルドバ)
   CORREIA DE SANTANA JUNIOR Uziel(ブラジル)
   CRUZ ENCARNACION Hecjomar Joel(プエルトリコ)
   CUERO MUNOZ Wber Euclides(コロンビア)
   DIATTA Jean Bernard Diadia(セネガル)
    《控え》DIATTA Adama(セネガル)
   EL OUARRAQE Zoheir(フランス)
    《控え》DAMDINBAZAR Tsogtbaatar(モンゴル)
   EWALD Marcel(ドイツ)
   GONZALEZ CRESPO Juan Pablo(スペイン)
   GUIDEA Ivan(ルーマニア)
   HERE Hel(チャド)
   ISLAMAJ Islam(アルバニア)
   KIM Sunggwon(韓国)
   KUMAR Amit(インド)
   LACHINAU Asadulla(ベラルーシ)
   LI Liang(中国)
   MANNINO Salvatore(イタリア)
   MAYEA FIGUEROA Jefferson Walter(エクアドル)
   MEJIAS RODRIGUEZ Pedro Jesus(ベネズエラ)
   MOLNAR Jozsef(ハンガリー)
   PABRO Kalimen Detrick(マーシャル諸島)
   PINEDA John Manuel(カナダ)
    《控え》TAKAHASHI Steven Masao(カナダ)
   PLAATJIES Marno Roaun Ronald(南アフリカ)
   QUISPE FAJARDO Andre Renato(チリ)
   RAMOS Anthony Joseph(米国)
    《控え》COLON Joseph Daniel(米国)
   SANAA Artas(カザフスタン)
   SARWARI Samandar(アフガニスタン)
   SHAVKATOV Makhmudjon(ウズベキスタン)
   SHILIMELA Naatele Sem(ナムビア)
   SYLA Dardan(コソボ)
   TULBEA Ghenadie(モナコ)
   VANGELOV Georgi Valentinov(ブルガリア)
   YAPARATHNA MUDEYANSELAGE Susantha Manel Kumara Yaparathna(スリランカ)
   高橋侑希(日本)


 【61g級】=25ヶ国・地域

 欧州大会優勝のアレクサンドル・ボゴモエフ(ロシア)や欧州大会2位のベカ・ロムターゼ(ジョージア=グルジア)らUWWランキングの1~4位選手がエントリー。

 今年のアジア選手権優勝のダウレット・ニヤズベコフ(カザフスタン)もエントリーしたが、オリンピック階級に移った強豪も何人かいる。

-------------------------

 《エントリー選手》/《展望記事》
[1]BOGOMOEV Aleksandr(ロシア)=欧州大会優勝
[2]FRANGULYAN Valodya(アルメニア)=ステファン・サルキシアン国際大会優勝
[3]LOMTADZE Beka(ジョージア=グルジア)=欧州大会2位
[4]EHSANPOOR Behnam Eshagh(イラン)=アジア選手権2位
[7]NIYAZBEKOV Daulet(カザフスタン)=アジア選手権優勝
[8]DUBOV Vladimir Vladimirov(ブルガリア)=ジオルコウスキ国際大会優勝
[9]鴨居正和(日本)=ジオルコウスキ国際大会2位
[10]AKTAS Munir Recep(トルコ)
   《控え》KARTAL Mustafa(トルコ)
   《控え》TOPAL Recep(トルコ)
   ENKHSAIKHAN Nyam-Ochir(モンゴル)=2014年世界選手権4位
    《控え》BATBOLD Nomin(モンゴル)
    《控え》BATSAIKHAN Nemekhbayar(モンゴル)
   ALIJANOV Haji(アゼルバイジャン)
    《控え》GVARZATILOV Akhmednabi(アゼルバイジャン)
   ALLOUMA Kouzoumbi(チャド)
   ASSELSTINE Michael Stanley David(カナダ)
   BAJRANG Bajrang(インド)
   BOLOTNJUK Mykola(スロバキア)
   GASANOV Emrach(イスラエル)
   HAJIZADA Mohammad Salim(アフガニスタン)
   HUMPHREY Reece Weslee(米国)
    《控え》DENNIS-KENGOTT Daniel Paul(米国)
   JURCYS Sarunas(リトアニア)
   MAKSIMAU Dzianis(ベラルーシ)
   NICOLESCU Cristian Etpison(パラオ)
   PERPELITA Andrei(モルドバ)
   REDJALARI Jasin(マケドニア)
   SHUPTAR Vasyl(ウクライナ)
   TIAN Zhenguang(中国)
   YANG Jaehoon(韓国)


 【65kg級】=51ヶ国・地域

 昨年の世界選手権優勝のソスラン・ラモノフ(ロシア)が、今季は不振だったが、最終的に代表権を勝ち取った。同2位のアーマド・モハマディ・サエード(イラン)、欧州大会優勝のトグルル・アスガロフ(アゼルバイジャン)、パンアメリカン大会を制したブレント・メトカーフ(米国)らがと優勝を争う。

 世界選手権3位のミハイル・サバ(モルドバ)マンダカナラン・ガンゾリグ(モンゴル)も順当にエントリー。

-------------------------

 《エントリー選手》/《展望記事》
[1]MOHAMMADIPAHNEHKOLAEI Seyedahmad Seyedmahmoud(イラン)=世界選手権2位
[2]METCALF Brent Harold(米国)=パンアメリカン大会優勝
   《控え》OLIVER Jordan Michael(米国)
[3]ASGAROV Toghrul(アゼルバイジャン)=欧州大会優勝
   《控え》MUSLIMOV Magomed(アゼルバイジャン)
[5]CHAMIZOMARQUEZ Frank(イタリア)=ジオルコウスキ国際大会優勝
[6]KAYA Mustafa(トルコ)
   《控え》COSKUN Servet(トルコ)
   《控え》KILICSALLAYAN Selahattin(トルコ)
[8]RAMONOV Soslan(ロシア)=ジオルコウスキ国際大会3位
   SAVA Mihail(モルドバ)=世界選手権3位
   GANZORIG Mandakhnaran(モンゴル)=世界選手権3位
   DUTT Yogeshwar(インド)=アジア大会優勝
   AFRIKANER Jason Shannon(ナムビア)
   AUSSERLEITNER Maximilian(オーストリア)
   AZIZI Abdul Moqim(アフガニスタン)
   BINGHAM Lowe(ナウル)
   BUCUR George(ルーマニア)
   CAN Tat Du(ベトナム)
    《控え》NGUYEN Xuan Dinh(ベトナム)
   DUELGER Samet(ドイツ)
   DZHAFARIAN Tital(ウクライナ)
   EFENDIEV Zaur(セルビア)
   EL OUARRAQE Bilal(モロッコ)
   GADZHIEV Magomedmurad(ポーランド)
   GRAF Steven(スイス)
   GUZMAN IPUZ Hernan Dario(コロンビア)
   HABAT David(スロベニア)
   HENRIQUEZ HERNANDEZ Wilfredo Margarito(ベネズエラ)
   HERNANDEZ LUNA Victor Eduardo(メキシコ)
    《控え》DIAZ RAMIREZ Brandon Disair(メキシコ)
   KENTCHADZE Avtandil(ジョージア=グルジア)
   KIM Ju Song(北朝鮮)
   KIM Junchul(韓国)
   KONTOYEV Alexandr(ベラルーシ)
   LOPEZ MORELL Edgardo Juan(プエルトリコ)
   LUKACS Norbert(ハンガリー)
   MAHMOOD Karam Shakir Mahmood(イラク)
   MAMATOV Ulukman(キルギス)
   MAREN CASTILLO Franklin(キューバ)
   MIRANDA CASASOLA Vj Marbin Danilo(グアテマラ)
   MITROV Dejan(マケドニア)
   NAVRUZOV Ikhtiyor(ウズベキスタン)
   NDREGJONI Vilson(アルバニア)
   NOVACHKOV Borislav Stefanov(ブルガリア)
   OKASSOV Sayatbek(カザフスタン)
    《控え》ASHIROV Meirzhan(カザフスタン)
   POPOV Mark(イスラエル)
   PORTILLO MEJIA Luis Isaias(エルサルバドル)
   SAFARYAN Devid(アルメニア)
   SILVA DE SOUSA Waldeci(ブラジル)
   TARKONG Jarvis-Sadam Blesam(パラオ)
   VAN RENSBURG Terry Killy Jr(南アフリカ)
   VERANES GARCIA Haislan(カナダ)
   WEERASINGHEGE Chamara Milinda Perera(スリランカ)
   YEERLANBIEKE Katai(中国)
   YEWAH YEPMO Bebeto(カメルーン)
   石田智嗣(日本)


 【70kg級】=30ヶ国・地域

 ロシアからは昨年の世界王者ではなく、欧州大会優勝のマゴメドラスル・ガジマゴメドフ(ロシア)がエントリー。昨年2位のヤカプ・ゴア(トルコ)、アジア大会と今年のアジア選手権を制したベクゾド・アブデュラクマノフ(ウズベキスタン)らと優勝を争うか。

 イランからはワールドカップの優勝メンバーのハッサン・ヤズダニ・チャラティがエントリーしてきた、

-------------------------

 《エントリー選手》/《展望記事》
[1]GAZIMAGOMEDOV Magomedrasul Muhtarovitch(ロシア)=欧州大会優勝
[3]GOR Yakup(トルコ)=欧州大会3位
   《控え》KOTANOGLU Muhammet Nuri(トルコ)
   《控え》ARSLAN Serhat halis(トルコ)
[4]ABDURAKHMONOV Bekzod(ウズベキスタン)=アジア選手権優勝
[7]YAZDANICHARATI Hassan Aliazam(イラン)=ワールドカップ団体2位
[8]DIBIRGADZHIYEV Ruslan(アゼルバイジャン)=欧州大会3位
   《控え》GADZHIYEV Gitinomagomed(アゼルバイジャン)
[9]KIROV Miroslav Stefanov(ブルガリア)ダン・コロフ国際大会優勝)
   AHMADI Baba Jan(アフガニスタン)
   ARUN Kumar(インド)
   BATCHULUUN Ankhbayar(モンゴル)
    《控え》BUYANJAV Batzorig(モンゴル)
   BEKZHANOV Nurlan(カザフスタン)
   BLANCO REINOSO Yoan(エクアドル)
   CAN Tat Du(ベトナム)
   COJOCARU Nicolae(ルーマニア)
   CREPAZ Philipp(オーストリア)
    《控え》MARCHL Georg(オーストリア)
   DERMENJI Roman(モルドバ)
   DOGDURBEK UULU Elaman(キルギス)
   GREEN James Malcolm(米国)
    《控え》MARABLE Nicholas Thomas(米国)
   GULYAS Zsombor Istvan(ハンガリー)
   IBRAHIM Ayad Ibrahim Khalil(エジプト)
   JUNG Young Ho(韓国)
   LING Haiwei(中国)
   MANNING Cruiz Saint Luc(カナダ)
   NURYKAU Azamat(ベラルーシ)
   OLLE Robert(スロバキア)
   RADULOV Semen(ウクライナ)
   RANWALAGE Shanaka Madushanka(スリランカ)
   REZAEIFAR Mostafa(豪州)
   TLASHADZE Davit(ジョージア=グルジア)
   TRIANTAFYLLIDIS Andreas(ギリシャ)
   小島豪臣(日本)


 【74kg級】=47ヶ国・地域

 昨年の世界王者デニス・ツァルグシュ(ロシア)は不出場。同国からは欧州大会優勝のアニウアール・ゲデュエフ(ロシア)が出てくる。地元からは、2011・13年世界王者で2012年ロンドン・オリンピック王者のジョーダン・バローズ(米国)。

 昨年2位の高谷惣亮(日本)、昨年3位のリバン・ロペス・アスクイ(キューバ)、欧州大会2位のソナー・デミルタス(トルコ)らが、どう挑むか。

-------------------------

 《エントリー選手》/《展望記事》
[1]BURROUGHS Jordan Ernest(米国)=パンアメリカン大会優勝
   《控え》DAKE Kyle Douglas(米国)
[2]GEDUEV Aniuar(ロシア)=欧州大会優勝
[4]高谷惣亮(日本)=2014年世界選手権2位
[7]DEMIRTAS Soner(トルコ)=欧州大会2位
   《控え》COSKUN Ender Ednan(トルコ)
   《控え》ERTURK Murat Necmettin(トルコ)
[8]KURBANOV Rashid(ウズベキスタン)=アジア選手権3位
[9]LOPEZ AZCUY Livan(キューバ)=パンアメリカン大会3位
[10]KVELASHVILI Jumber(ジョージア=グルジア)=欧州大会3位
   AL GBURI Ahmed Mohsin Kadhim(イラク)
   ALQUBAISI Mohamed Naser Mohamed Saif(UAE)
    《控え》ALSUWAIDI Sultan Abdulla Ahmed Rashed(UAE)
   ANGUIANO FLORES Christian Alejandro(メキシコ)
   BAGHDASARJAN Gurgen(チェコ)
   BALFOUR Jevon(カナダ)
   BRZOZOWSKI Krystian(ポーランド)
   CASTELLY Asnage(ハイチ)
   DE OLIVEIRA E SILVA ROCHA Pedro Henrique(ブラジル)
   DORJVANCHIG Gombodorj(モンゴル)
    《控え》PUREVJAV Unurbat(モンゴル)
   GAJARDO MENESES Eduardo Ivan(チリ)
   GASSISSOU Hama(チャド)
   GHASEMI Alireza Mohammad(イラン)
   GONG Byungmin(韓国)
   GRIGORYAN Grigor(アルメニア)
   HASANOV Jabrayil(アゼルバイジャン)
    《控え》SULEYMANOV Murad(アゼルバイジャン)
    《控え》ALIYEV Ashraf(アゼルバイジャン)
   ILYASOV Talgat(豪州)
   IVANOV Georgi Ivanov(ブルガリア)
   KANGA Charles(シエラレオネ)
   KHADJIEV Zelimkhan(フランス)
   LUMIA Carmelo(イタリア)
   MEYER Wilhelm Viljoen(南アフリカ)
   NAGY Mihaly(ハンガリー)
   NALIGAMAGE Ishan Dammika Abeyrathna(スリランカ)
   NEDEALCO Evgheni(モルドバ)
   OBST Martin(ドイツ)
   PALINKAS Dan(スロバキア)
   QADERI Abdul Ghafar(アフガニスタン)
   RACHAMIN Hanoc(イスラエル)
   REICHMUTH Stefan(スイス)
   SARCOCOLMENAREZ Cristian Jose(ベネズエラ)
   SAVVOULIDIS Georgios(ギリシャ)
   SCOTT DUQUE Johnathan Emanuel(コスタリカ)
   SHABANAU Ali(ベラルーシ)
   SOTO CORDERO Pedro(プエルトリコ)
   USUPOV Saiakbai(キルギス)
    《控え》IZABEKOV Narbek(キルギス)
   VISALIMOV Amirkhan(オーストリア)
   YADAV Narsingh Pancham(インド)
   ZAKHAREVYCH Oleg(ウクライナ)
   ZAKIROV Zhiger(カザフスタン)
    《控え》TANATAROV Akzhurek(カザフスタン)
   ZHANG Chongyao(中国)


 【86kg級】=46ヶ国・地域

 昨年の世界選手権や今年の欧州大会を含めて国際大会を7大会連続で優勝しているアブデュルラシド・サデュラエフ(ロシア)が予想通りエントリー。

 昨年2位でパンアメリカン大会優勝のレイネリス・サラス・ペレス(キューバ)、欧州大会2位のピオトル・イワヌロ(モルドバ)、イランから抜てきされた昨年の世界ジュニア選手権王者で今年のアジア選手権優勝のアリ・レザ・カリミマチアニらが挑む。

-------------------------

 《エントリー選手》/《展望記事》
[1]SADULAEV Abdulrashid(ロシア)=欧州大会優勝
[2]SALAS PEREZ Reineris(キューバ)=パンアメリカン大会優勝
[5]KARIMIMACHIANI Alireza Mohammad(イラン)=アジア選手権優勝
[7]IANULOV Piotr(モルドバ)=欧州大会2位
[8]MARCINKIEWICZ Radoslaw(ポーランド)=欧州大会3位
[9]HUSHTYN Aliaksandr(ベラルーシ)=U-23欧州選手権優勝
[10]YASAR Selim(トルコ)=ジオルコウスキ国際大会優勝
   《控え》BILICI Ahmet(トルコ)
   《控え》ERDIN Fatih(トルコ)
   ABOU JAOUDE Adrian Antoine(ブラジル)
   AHMADI Noor Ahmad(アフガニスタン)
   ALDATOV Ibragim(ウクライナ)
   AMBROCIOGREIFO Pool Edinson(ペルー)
   AMINASHVILI Sandro(ジョージア=グルジア)
   BI Shengfeng(中国)
   BUSHI Nazar Jabur Bushi(イラク)
    《控え》AL THAALEBI Husham Majeed Ali(イラク)
   CANEVA Aron(イタリア)
   CEBALLOS FUENTES Pedro Francisco(ベネズエラ)
   CHOTAS Vratislav(チェコ)
   DAVLUMBAYEV Adilet(カザフスタン)
   DOLLY Alexander William(アイルランド)
   ESPINAL Jaime Yusept(プエルトリコ)
   EVANS Connor James(豪州)
   FRIEV NASKIDAEVA TaImuraz(スペイン)
   GANEV Mihail Petrov(ブルガリア)
   HARTH William(ドイツ)
   HEINO Ville Tapani(フィンランド)
   HERBERT Jacob John(米国)
    《控え》RUTH Edward Lee(米国)
   INAM Muhammad(パキスタン)
   ISMANOV Umidjon(ウズベキスタン)
   KHATIYEV Magomedgadzhi(アゼルバイジャン)
    《控え》GADZHIYEV Nurmagomed(アゼルバイジャン)
    《控え》GOSTIEV Alexander Taymurazovic(アゼルバイジャン)
   KIM Gwanuk(韓国)
   MURTAZALIEV Musa(アルメニア)
   NARESH Kumar(インド)
   ORGODOL Uitumen(モンゴル)
    《控え》PURVEE Usukhbaatar(モンゴル)
   PETER Dominic Klaus(オーストリア)
   RADCHENKO MYKHALCHENKO David Valentyn(イスラエル)
   RIESEN Marco Lukas(スイス)
   SANCHEZGERALDO Miguel Javier(メキシコ)
   STEFAN Gheorghita(ルーマニア)
   TAGZIEV Tamerlan(カナダ)
   TUAMOHELOA Nathaniel Tuifao(アメリカンサモア)
   USUPOV Aibek(キルギス)
    《控え》KOBONOV Daniyar(キルギス)
   VEREB Istvan(ハンガリー)
   ZAGHLOUL Mohamed Aly(エジプト)
   ZUBAIROV Halil(マケドニア)
   ZVIRBULIS Armands(ラトビア)
   松本篤史(日本)


 【97kg級】=43ヶ国・地域

 注目されたアゼルバイジャンの代表は、ワールドカップ代表のシャリフ・シャリホフが正エントリー。しかし、控えに昨年2位で今年の欧州大会優勝のケタグ・ガズモフがいる。昨年、欧州選手権と世界選手権を制したアブデユサラム・ガジソフ(ロシア)に挑むのは、どちらか。

 欧州大会2位のエリズバール・オディカーゼ(ジョージア=グルジア)、昨年3位のハビエル・コルティナ・ラセーラ(キューバ)、アジア大会優勝のレザ・ヤズダニ(イラン)と強豪が順当にエントリーしてきた。

-------------------------

 《エントリー選手》/《展望記事》
[3]SHARIFOV Sharif(アゼルバイジャン)=メドベジ国際大会2位
 《控え》[1]GAZYUMOV Khetag(アゼルバイジャン)=欧州大会優勝
[2]GADISOV Abdusalam(ロシア)=欧州大会3位
[4]ODIKADZE Elizbar(ジョージア=グルジア)=欧州大会2位
[6]CORTINA LACERRA Javier(キューバ)=ワールドカップ団体3位
[7]YAZDANI Reza Mohammad Ali 284(イラン)=アジア大会優勝
 《控え》TAHAN Abbas Mohammadtaher(イラン)
 《控え》[9]MOHAMMADIAN Mohammadhossein Askari(イラン)
[8]BARAN Radoslaw(ポーランド)=アリ・アリエフ国際大会優勝
[10]MUSAEV Magomed(キルギス)=アジア選手権2位
   AL OBAIDI Mohammed Suhail Hussein(イラク)
   BARRIE Mohamed Alpha B(シエラレオネ)
   BOLUKBASI Ibrahim(トルコ)
    《控え》ZEYBEK Yusufcan(トルコ)
    《控え》YILDIRIM Riza Ziyaettin(トルコ)
   CEBAN Nicolai(モルドバ)
   DIAZ ROBERTTI Jose Daniel(ベネズエラ)
   DORJKHAND Khuderbulga(モンゴル)
   GILL Arjun Singh(カナダ)
   HUTTER Philipp Marcel(スイス)
   JALOVIAR Jozef(スロバキア)
   JUMAYEV Alikhan(カザフスタン)
   KAASIK Ragnar(エストニア)
   KEHRER Stefan(ドイツ)
   KHATERI Mohammad Saber(アフガニスタン)
   KHATRI Mausam(インド)
   KIM Jaegang(韓国)
   LAGODSKIS Imants(ラトビア)
   MAIER Yuri Alexei Horacio(アルゼンチン)
   MOSQUERA MOSQUERA Jarlys Ariel(コロンビア)
   MOUSTAFA Aly Hamdy Amin Rabei(エジプト)
   OLIINYK Pavlo(ウクライナ)
   RODRIGUEZ IGLESIAS Hector(スペイン)
   ROSE Nathanael Emmanuel(トリニダードトバゴ)
   RUIZ FLORES Jesse Prudente(メキシコ)
   SANTOS BONNET Marcos Manuel(プエルトリコ)
   SHALA Edon(コソボ)
   SHALA Egzon(アルバニア)
   SHIKONGO Angula Matheus(ナムビア)
   SNYDER Kyle Frederick(米国)
    《控え》VARNER Jacob Stephen(米国)
   SREDKOV Georgi Atanasov(ブルガリア)
   SZMIK Attila(ハンガリー)
   TSIKOVANI Micheil 84(ギリシャ)
   WILSON Rodney Leaula Tapeni(アメリカンサモア)
   YANKOUSKI Ivan(ベラルーシ)
   YENOKYAN Edgar(アルメニア)
   ZHANG Xueyi(中国)
   山口剛(日本)


 【125kg級】=34ヶ国・地域

 2014年欧州選手権と世界選手権、2015年欧州大会を制したタハ・アクグエル(トルコ)、欧州大会2位のアレクセイ・シェマロフ(ベラルーシ)らUWWランキング1~4位の選手がエントリー。

 昨年3位で96kg級時代を含めて世界一に6度輝いているハジムラド・ガチャロフ(ロシア)、同じく昨年3位のターベル・ドラグネフ(米国)もエントリーしてきた。

-------------------------

 《エントリー選手》/《展望記事》
[1]AKGUL Taha(トルコ)=欧州大会優勝
   《控え》GEMICI Tanju(トルコ)
   《控え》OMAC Abdullah(トルコ)
[2]SHEMAROV Alexei(ベラルーシ)=欧州大会2位
[3]PETRIASHVILI Geno(ジョージア=グルジア)=欧州大会3位
[4]MAGOMEDOV Jamaladdin(アゼルバイジャン)=欧州大会3位
   《控え》GAMIDOV Said(アゼルバイジャン)
[9]HADI BASMANJ Parviz Khodavirdi(イラン)=タクティ・カップ優勝
[10]LAZAREV Aiaal(キルギス)=アジア選手権優勝
   GATCALOV Khadzhimurat(ロシア)=2014年世界選手権3位
   DLAGNEV Tervel Ivaylov(米国)=2014年世界選手権3位
    《控え》REY Zachery William(米国)
   ABATAM Maurice(チャド)
   ABDELMOTTALEB Diaaeldin Kamal Gouda(エジプト)
   ARZOUMANIDIS Ioannis(ギリシャ)
   BERIANIDZE Levan(アルメニア)
   CHINTOAN Rares Daniel(ルーマニア)
   CUBA VAZQUEZ Jose(スペイン)
   DANOV Boban 284(マケドニア)
    《控え》BOGDANOV Dejan(マケドニア)
   DE OLIVEIRA DA CUNHA Hugo(ブラジル)
   DENG Zhiwei(中国)
   GAGLOEV Soslan Mairbekovich(スロバキア)
   JARGALSAIKHAN Chuluunbat(モンゴル)
    《控え》NATSAGSUREN Zolboo(モンゴル)
   JARVIS Korey(カナダ)
   KHALEQI Mushtaqhussain(アフガニスタン)
   KIM Donghwan(韓国)
   LESTER Kenneth(アメリカンサモア)
   LIGETI Daniel(ハンガリー)
   LOPEZ MORELL Edgardo Juan(プエルトリコ)
   MATUHIN Nick(ドイツ)
   ROMANOV Andrei(モルドバ)
   SAKLAWE Mohammed Sabah Abdulmalek(イラク)
   SHABANBAY Daulet(カザフスタン)
   SUMIT Sumit(インド)
   TEMENGIL Florian Skilang(パラオ)
   VIVENES URBANEJA Luis Felipe(ベネズエラ)
   ZASIEIEV Alen(ウクライナ)
   荒木田進謙(日本)


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に