日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2016.03.16

3・18~20オリンピック・アジア予選(カザフスタン)第2陣が出発


 3月18日(金)~20日(日)にカザフスタン・アスタナで行われるリオデジャネイロ・オリンピックの第2次予選、アジア予選の日本選手団第2陣が3月15日、成田空港から出発した。

 栄和人強化本部長は「出場枠を取らなければオリンピックへは行けない。絶対に通らなければならない壁。だれが相手でもぶっつぶしてやる、という気持ちが必要。大きな試合だが、ここで緊張して力を発揮できないようでは、オリンピックに出る資格はない」と厳しく言い放ち、選手に気持ちをしっかり持つことを求めた。

 女子で唯一、枠取りに挑む75kg級の渡利璃穏(アイシン・エィ・ダブリュ)については、「63kg級の選手がここにいること自体、すごいことだと思う。体力をつけ、気持ちを高めてきたからこそ実現している。気持ちがすごく強くなっている。その勢いをぶつけてほしい」と期待。

 出場枠を取るだけでなく、「この試合内容ならオリンピックでメダルを取れる、というくらいの試合をしてくれることを望みたい」と話した。

 男子フリースタイルの和田貴広強化委員長(国士舘大教)は「ぶつかるだけ。昨年の世界選手権では、出し惜しみがあったり、ていねいにいきすぎたケースが目立った。冷静な中にも、自分の力をしっかり発揮し、闘ってほしい」と要望。

 男子グレコローマンの西口茂樹強化委員長(拓大教)は「十分にやってきた。どの選手も闘えるだけの実力は身につけている」ときっぱり。選手には「反対側のブロックに強い選手が集まってほしい」といったネガティブな気持ちを持たないことを伝えているが、59kg級の太田忍(日体大)などはハミド・スーリヤン(イラン=世界一7度)と闘う気持ちが十分だという。

 「ここで強豪に勝ち、オリンピックでメダルを取る、という気持ちに徹してほしい」と話した。

■故障を乗り越えて挑む選手たち

 男子の期待度ナンバーワンと言えるフリースタイル74kg級の高谷惣亮(ALSOK)は、先月末、右ひざを負傷し、練習も別メニューにするなどのアクシデントに見舞われていた。今でも全力で練習できない状況だそうだが、「集中力は高まっている。やるしかないので不安はない」と気合を入れた。

 4年前の時もアジア予選に挑み、見事に出場枠を取った。「前回も今回も特別な緊張といったものはありません。出場枠をしっかり取ることだけを考えて全力でやってきます。初日にばしっと決めて、チームを盛り上げて、気分よく帰ってきます」と、“高谷節”が全開。

 女子唯一参加の渡利も、先月末に右脚の疲労骨折に襲われていた。しかし、「今は問題ありません。気持ちは落ち着いています。全力でやってきたい」と明るい表情。増量という問題があるので現地での食事が重要になるが、マルチサポートから食事の専門家が同行し、日本食もふんだんに食べられる状況。「安心してたくさん食べられるので、心配はありません」と言う。

 “お守り”の類は、ふだんは持ってくることはないというが、今回は至学館大の谷岡郁子学長からお守りをもらい、それを持参した。至学館大のパワーを十分にもらい、出場枠獲得に挑む。

 大会日程、日本選手団は下記の通り。


 《大会日程》
3月18日(金)  男子フリースタイル57・74kg級/男子グレコローマン59・85kg級/女子53・69kg級
    19日(土) 男子フリースタイル65・97kg級/男子グレコローマン75・130kg級/女子58・75kg級
     20日(日) 男子フリースタイル86・125kg級/男子グレコローマン66・98kg級/女子48・63kg級


 ◎役員

 【総監督】栄和人(日本協会強化本部長)

 【男子フリースタイル監督】和田貴広(国士舘大教)、【同コーチ】田南部力(警視庁)、松永共広(日本協会専任コーチ)

 【男子グレコローマン監督】西口茂樹(拓大教)、【同コーチ】元木康年(自衛隊)

 【女子監督】木名瀬重夫(日本協会専任コーチ)、【同コーチ】志土地翔大(至学館大職)

 【トレーナー】近敏成、川崎淳(ともにハンズコーポレーション)、【ドクター】田中哲平(都立広尾病院)

 【帯同審判】芦田隆治(大阪・中央高教)、増田荘史(香川・多度津高教)

 【総務】武田明子、筒井穣(ともに日本協会事務局)

----------------

 ◎選手

 【男子フリースタイル】
▼57kg級 樋口 黎(日体大) 
▼65kg級 前田翔吾(クリナップ)
▼74kg級 高谷惣亮(ALSOK)
▼86kg級 松本真也(警視庁)
▼97kg級 山口 剛(ブシロード)
▼125kg級 山本泰輝(拓大) 

 【男子グレコローマン】
▼59kg級 太田 忍(日体大)
▼66kg級 井上智裕(三恵海運)
▼75kg級 屋比久翔平(日体大)
▼85kg級 岡 太一(自衛隊)
▼98kg級 齋川哲克(栃木・足利工高教)
▼130kg級 園田 新(拓大)

 【女子】
▼75kg級 渡利璃穏(アイシン・エィ・ダブリュ)


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に