日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2016.03.31

【全国高校選抜大会・特集】国体1年生王者を撃破し、初の全国タイトル獲得…谷山拓磨(京都・京都八幡)


(文=増渕由気子)

 1年生国体王者を破って初の全国制覇! 全国高校選抜大会・個人戦55kg級の決勝は、谷山拓磨(京都・京都八幡)が昨年の和歌山国体を1年生で優勝した山口海輝(千葉・柏日体)をわずか1分20秒、テクニカルフォールで下し、高校初の全国タイトルを手に入れた。

 谷山は京都八幡の伝統ともなっているローシングルタックルを駆使して山口からテークダウンを奪う。2度目のタックルでは、すかさず山口の足を極めてアンクルホールドを3度決めて10-0。あっという間に勝負を決めた。

 谷山は「3回戦からすべて強い相手でしたので、気を引き締めて臨んだ。うれしいけど、優勝した実感が沸かないです」と、初タイトルに戸惑いの声をあげた。浅井努監督も「このような(短期決着な)展開になるとは思っていなかった」と目を丸くしたが、京都八幡は昨年の学校対抗戦で優勝したチーム。今年も60kg級の志賀晃次郎ら軽量級は充実した戦力を誇っていた。

 浅井監督は「谷山はこれまで2番、3番が多かった。志賀らといいスパーリングは積めていたし、仲間から刺激はもらい、試合に向けていい仕上がりができていた」と、チームメートとの切磋琢磨で谷山の実力も自然と向上していたことを振り返った。

 特に力を入れていたのがアンクルホールド。浅井監督は「オリンピック出場を決めた樋口黎選手(日体大)もそうだが、全日本の舞台を見ても、軽量級はアンクルホールドが主流です」と、タックルでテークダウンを奪い、アンクルの連続技で得点という形をとことん練習させたようだ。「日頃の練習の成果が出た結果」と、成長した谷山を褒め称えた。

 谷山と山口は、昨年4月のJOC杯で1度対戦している。「そのときは、僕が負けました」と谷山。高校入学したての山口に負けたことを「中学生に負けた」と表現し、ふがいない自分を悔やんだ。

 今回は、「前回は無双などいろいろな技でやられてしまって、その怖さはあったんですが、今回はチャレンジャーとして挑もうと思いました。何をするかは決めていて、思った通りに攻めることがえきました」と、緊張や不安も背負いながらも、自分の力を100パーセント出し切ることができたようだ。

 約1年前に不覚を喫した相手にリベンジしての全国制覇。その原動力となったのは、学校対抗戦の敗退が大きかった。「今年も学校対抗戦で優勝できると思っていたのに、できなかった。今大会は個人戦で優勝できたけど、団体で連覇できなかったという心残りもあります」。その悔しさを個人戦に向けたことも勝因のひとつだった。

 「その悔しさは夏の大会に向いているか?」と問うと、谷山は「インターハイで優勝できるように頑張ります」と力強く宣言した。


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に