日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2016.08.03

創部2年目の日体大柏(千葉)が初優勝…インターハイ第2日(学校対抗戦)


 三笠宮賜杯全国高校総体(インターハイ)レスリング競技第2日は8月3日、広島・東広島運動公園体育館で学校対抗戦の決勝までが行われ、創部2年目の日体大柏(千葉)が決勝で飛龍(静岡)を4-3で破って初優勝。砂川航祐コーチの体が宙に舞った。

 日体大柏は、前日の初戦(2回戦)で宮崎日大(宮崎)を7-0、3回戦で北部農林(沖縄)を6-1で撃破。この日は準々決勝で東海高校大会優勝のいなべ総合学園(三重)を4-3で破り、順調に勝ち抜いた。

 準決勝では、3月の全国高校選抜大会優勝の鹿屋中央(鹿児島)と対戦し、5-2で快勝。決勝の飛龍戦は、66kg級終了時点でチームスコア1-3と”王手”をかけられたが、74kg級で井筒勇人主将がテクニカルフォール勝ちして流れを呼び戻し、84kg級の白井達也がつないで3-3。最後の120kg級は、モンゴルからの留学生プレブスレン・デレゲレバヤルが快勝して4勝目を挙げた。

 創部1年目で出場した昨年は、3回戦で飛龍に2-5で敗れていた。そのリベンジを、わずか1年で成し遂げ、初優勝を引き寄せた。

 飛龍は、悲願の初優勝は逃したが、13年ぶりに決勝の舞台に進出。決勝では55kg級の片桐大夢が国体王者の山口海輝に投げ技3発でテクニカルフォール勝ちするなど、66kg級が終わった時点で”あと1勝”と迫ったが、及ばなかった。

 3位は鹿屋中央(鹿児島)と秋田商(秋田)だった。

 各試合結果は下記の通り。(文・撮影=増渕由気子)


《学校対抗戦/トーナメント表・内訳成績》

トーナメント表 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 準決勝・決勝

 ◎学校対抗戦

 ▼決勝
日体大柏(千葉)○[4-3]●飛   龍(静岡)

 ▼準決勝
日体大柏(千葉)○[5-2]●鹿屋中央(鹿児島)
飛   龍(静岡)○[4-3]●秋 田 商(秋田)

 ▼準々決勝
鹿屋中央(鹿児島)○[6-1]●自由ヶ丘学園(東京)
日体大柏(千葉)○[4-3]●いなべ総合学園(三重)
飛   龍(静岡)○[6-1]●玉 名 工(熊本)
秋 田 商(秋田)○[4-3]●島   原(長崎)

(以下、第1日結果)

 


 







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に