日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.08.10

【2018年アジア大会・展望(4)】“絶対王者”ヤズダニ・チャラティ(イラン)の牙城を誰が崩すか…男子フリースタイル86kg級


 《大会日程》
8月19日(日) 男子フリースタイル57・65・74・86・97kg級
  20日(月) 男子フリースタイル125kg級/女子50・53・57・62kg級
  21日(火) 女子68・76kg級/男子グレコローマン60・67・77kg級
  22日(水) 男子グレコローマン87・97・130kg級


《日本代表》 白井勝太(しらい・しょうた=日大大学院)
 1995年9月2日生まれ、22歳。福井県出身。JOCエリートアカデミー/東京・帝京高卒。175cm。JOCエリートアカデミーの1期生。日大時代の2014年全日本大学選手権で1年生王者へ。2017年に全日本学生選手権と全日本大学選手権を制し、全日本選手権初優勝。今年の全日本選抜選手権でも勝った。
《詳細》 《JWFデータベース》 《国際大会成績》

男子フリースタイル86kg級・出場が予想される主な選手

※8月9日時点でエントリーは不明です、下記はすべて本ホームページの予想です。

群を抜く強さを見せるハッサン・ヤズダニ・チャラティ(イラン)

 2016年リオデジャネイロ・オリンピック74kg級優勝、階級を上げて昨年の世界王者に輝いたハッサン・ヤズダニ・チャラティ(イラン)が群を抜いている状況。今年3月のアジア選手権でも3試合にテクニカルフォール勝ち。圧倒的な強さで勝ち上がった。

 アジアを代表するスーパースターを苦しめられる選手がいるか。2016年リオデジャネイロ・オリンピックで10位以内に入ったアジアの選手はイラン代表(アリレザ・カリミマチアニ)だけ、昨年の世界選手権ではヤズダニ・チャラティだけという状況。イラン以外のアジア選手に“世界の強豪”と呼べる選手はおらず、かなり厳しいと言わざるを得ない。

 アジア選手権2位のウイツメン・オルゴドル(モンゴル)は2016年にもアジア選手権で優勝しており、世界軍隊選手権優勝の実績がある。同3位のアザマト・ダウレットベコフ(カザフスタン)は、アジア選手権でヤズダニ・チャラティからポイントを取った唯一の選手。2017年アジア選手権3位のウミジョン・イスマノフ(ウズベキスタン)は、同年のアジア・インドア&マーシャルアーツ大会で2位。

 コンスタントにアジアで上位に食い込んでいるこれらの選手、2015年に世界ジュニア選手権84kg級で5位に入賞し日本代表を勝ち取った白井勝太(日大大学院)が、どこまで食いつけるか。


出場が予想される主な選手

Yazdani Charati, Hassan

Yazdani Charati, Hassan(イラン)
 1994年12月26日生まれ、23歳。2014年にジュニア66kg級でアジアと世界を制覇。2015年世界選手権70kg級で2位。翌2016年リオデジャネイロ・オリンピック74kg級で優勝。2017年から86kg級へ。イスラム諸国競技大会で勝ち、世界選手権でも優勝。2018年アジア選手権でも勝った。

Orgodol, Uitumen

Orgodol, Uitumen(モンゴル)
 1989年4月29日生まれ、29歳。2012年ロンドン・オリンピック84kg級(14位)と2016年リオデジャネイロ・オリンピック86kg級(15位)に出場。この間にアジア選手権3位、世界軍隊選手権優勝などの成績あり。2018年アジア選手権2位。

Dauletbekov, Azamat

Dauletbekov, Azamat(カザフスタン)
 1994年3月15日生まれ、24歳。カデットとジュニアで世界トップ級の成績を残し、2017年アジア選手権86kg級2位。世界選手権にも出場し(19位)、U-23世界選手権は2位。2018年はアジア選手権3位。

Ismanov, Umidyon(ウズベキスタン)
 1989年11月13日生まれ、28歳。ジュニアのアジア王者などを経て、2013年アジア選手権84kg級優勝、2014年アジア大会3位。2016年リオデジャネイロ・オリンピックは予選を勝ち抜けず。2017年はアジア選手権3位のあと、アジア・インドア&マーシャルアーツ大会2位。


最近の国際大会成績

 【2018年3月:アジア選手権(キルギス)】
[1]Yazdani Charati, Hassan(イラン)
[2]Orgodol, Uitumen(モンゴル)
[3]Dauletbekov, Azamat(カザフスタン)
[3]Bi, Shengfeng(中国)
[5]Shapiev, Javrail(ウズベキスタン)
[5]Deepak, Punia(インド)

 【2017年9月:アジア・インドア&マーシャルアーツ大会(トルクメニスタン)】
[1]Akbarizarinkolaei, Essadollah(イラン)
[2]Ismanov, Umidyon(ウズベキスタン)
[3]Deepak, Deepak(インド)
[3]Davlumbaev, Adilet(カザフスタン)
[5]Kodirov, Bakhodur(タジキスタン)
[5]Inam, Muhammad(パキスタン)

 【2017年8月:世界選手権(フランス)/10位以内のアジア選手】
[1]Yazdani Charati, Hassan(イラン)

 【2017年5月:アジア選手権(インド)】
[1]Karimimachiani, Alireza(イラン)
[2]Dauletbekov, Azamat(カザフスタン)
[3]Ismanov, Umidyon(ウズベキスタン)
[3]Unurbat, Purevjav(モンゴル)
[5]Mashuryan, Ashot(トルクメニスタン)
[5]Kim, Gwan-Uk(韓国)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に