日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.10

【2018年世界選手権・展望(1)】ゲノ・ペトリアシビリ(ジョージア)の連覇なるか…男子フリースタイル125kg級


※10月9日現在、エントリーは不明です。下記はすべて本HPの予想です。

昨年優勝のゲノ・ペトリアシビリ(ジョージア)=撮影・保高幸子

 昨年の世界選手権決勝と今年の欧州選手権の決勝を争ったゲノ・ペトリアシビリ(ジョージア)タハ・アクグエル(トルコ)の争いが再現されるか。世界選手権はペトリアシビリが勝ち、欧州選手権はアクグエルが勝った。

 ペトリアシビリは昨年のU-23世界選手権や今年7月のジョージア国際大会で優勝、2016年リオデジャネイロ・オリンピックの覇者アクグエルは欧州選手権のあと国際大会には出場しておらず、世界選手権に集中して世界一奪還を目指す。

 昨年3位のニコラス・エドワード・グウィアズドエスキ(米国)は今年5月のパンアメリカン選手権を制覇して実力をキープ。昨年5位のアンゾール・キズリエフ(ロシア)は9月のジオルコウスキ国際大会(ポーランド)を制して好調だ。

 2月のタクティカップ(イラン)とアジア大会を制したパルビス・ハジ・バスマンジ(イラン)、アジア選手権優勝のダビッド・モズマナシビリ(ウズベキスタン=元ジョージア)らが、優勝争いに加わるか。


2017~2018年主要大会成績

 【2017年世界選手権】
[1]Petriashvili, Geno(ジョージア)
[2]Akguel, Taha(トルコ)
[3]Berianidze, Levan(アルメニア)
[3]Gwiazdowski, Nicholas Edward(米国)
[5]Khizriev, Anzor(ロシア)
[5]Natsagsuren, Zolboo(モンゴル)

 【2018年欧州選手権】
[1]Akguel, Taha(トルコ)
[2]Petriashvili, Geno(ジョージア)
[3]Baran, Robert(ポーランド)
[3]Magomedov, Jamaladdin(アゼルバイジャン)
[5]Kushkhov, Muradin(ロシア)
[5]Ludescher, Johannes(オーストリア)

 【2018年アジア大会】
[1]Hadi Basmanj, Parviz Khodavirdi(イラン)
[2]Deng, Zhiwei(鄧志偉=中国)
[3]Nam, Kyong-Jin(南慶進=韓国)
[3]Modzmanashvili, David(ウズベキスタン)

 【2018年アジア選手権】
[1]Modzmanashvili, David(ウズベキスタン)
[2]Sakandelidze, Giorgi(カタール)
[3]Taheri, Amin Hossein(イラン)
[3]Natsagsuren, Zolboo(モンゴル)

 【2018年パンアメリカン選手権】
[1]Gwiazdowski, Nicholas Edward(米国)
[2]Alpajon Esteves, Yudenny(キューバ)
[3]Jarvis, Korey(カナダ)
[3]Muriel, Catriel Pehuen(アルゼンチン)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に