日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.11

【2018年世界選手権・展望(6)】アルトゥール・アレクサニャン(アルメニア)が5年連続世界一へ挑戦…男子グレコローマン97kg級


※10月10日現在、エントリーは不明です。下記はすべて本HPの予想です。

世界5連覇を目指すアルトゥール・アレクサニャン(アルメニア)

 2016年リオデジャネイロ・オリンピックを含めて世界4連覇のアルトゥール・アレクサニャン(アルメニア)の5年連続世界一なるか。今年は2月のウクライナ国際大会と4月の欧州選手権を制したが、9月のピトラシンスキ国際大会(ポーランド)で5位。巻き返すことができるか。

 アレクサニャンを破ったのは、昨年13位で今年も米国代表となったトレーシー・ハンコック・グアンゲロ(米国)と今年のU-23欧州選手権3位のスレイマン・エルベイ(トルコ)。ともに、この殊勲を契機に世界トップへ浮上できるか。

 昨年2位のムサ・エブロエフ(ロシア)、同3位のバラス・キス(ハンガリー)レバジ・ナダレイシビリ(ジョージア)、今年の欧州選手権2位のミケイル・カヤイア(セルビア)らが優勝戦線に加われるか。


2017~2018年主要大会成績

 【2017年世界選手権98kg級】
[1]Aleksanyan, Artur(アルメニア)
[2]Evloev, Musa(ロシア)
[3]Kiss, Balasz(ハンガリー)
[3]Nadareishvili, Revazi(ジョージア)
[5]Assakalov, Rustam(ウズベキスタン)
[5]Timchenko, Dimitriy(ウクライナ)

 【2018年欧州選手権】
[1]Aleksanyan, Artur(アルメニア)
[2]Kajaia, Mikheil(セルビア)
[3]Kuosmanen, Matti Elias(フィンランド)
[3]Kiss, Balasz(ハンガリー)
[5]Azizsir, Ramsin(ドイツ)
[5]Kessidis, Laokratis(ギリシャ)

 【2018年アジア大会】
[1]Cho, Hyo-Chul(趙孝哲=韓国)
[2]Xiao, Di(肖棣=中国)
[3]Iskakov, Yerulan(カザフスタン)
[3]Dzhuzupbekov, Uzur(キルギス)

 【2018年アジア選手権】
[1]Salehizadeh, Seyedmostafa(イラン)
[2]Assakalov, Rustam(ウズベキスタン)
[3]Iskakov, Yerulan(カザフスタン)
[3]Dzhuzupbekov, Uzur(キルギス)

 【2018年パンアメリカン選手権】
[1]Perez Mora, Luillys Jose(ベネズエラ)
[2]Mejia Castillo, Kevin(ホンジュラス)
[3]Rosillo Kindelan, Gabriel Alejandro(キューバ)
[3]Loango Solis, Oscar(コロンビア)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に