日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.12

アジア大会王者のプニア・バジランらが出場…インド世界選手権代表


アジアに続いて世界制覇を目指すプニア・バジラン=撮影・布施鋼治

 インドのメディアは今月20日からハンガリーで行われる世界選手権の代表選手を報じ、男子フリースタイル65kg級には8月のアジア大会(インドネシア)を制したプニア・バジランが出場することが分かった。今年3月のアジア選手権(キルギス)で3位のあと、コモンウエルス大会(豪州)、トビリシ国際大会(ジョージア)、ヤシャ・ドク国際大会(70kg級=トルコ)、アジア大会と優勝を重ねており、インドで最も勢いを持っている選手。

 インドからは女子48kg級でビネシュもアジア大会で優勝しているが、同選手はひじの負傷で不参加。同62kg級には2016年リオデジャネイロ・オリンピック58kg級3位のサクシ・マリクが出場する。

 各階級の代表選手は下記の通り。


世界選手権・インド代表選手

 【男子フリースタイル】
▼57kg級 Tomar, Sandeep
▼61kg級 Sonba Tanaji Gongane
▼65kg級 Bajrang, Punia =2018年アジア大会優勝
▼70kg級 Pankaj, Rana
▼74kg級 Jitender
▼79kg級 Sachin, Rathi
▼86kg級 Pawan
▼92kg級 Deepak, Deepak
▼97kg級 Khatri, Mausam
▼125kg級 Sumit, Sumit =2018年アジア大会5位

 【女子】
▼50kg級 Ritu, Phogat
▼53kg級 Pinki
▼55kg級 Seema
▼57kg級 Pooja, Dhanda
▼59kg級 Sangeeta, Sangeeta =2018年アジア選手権3位
▼62kg級 Malik, Sakshi=2016年リオデジャネイロ・オリンピック58kg級3位
▼65kg級 Ritu
▼68kg級 Kaur, Navjot=2018年アジア選手権65kg級優勝
▼72kg級 Rajni
▼76kg級 Kiran, Kiran

 【男子グレコローマン】
▼55kg級 Vijay, Vijay=2018年世界ジュニア選手権3位
▼60kg級 Gyander
▼63kg級 Sharma, Gaudrav
▼67kg級 Manish, Manish
▼72kg級 Malik, Kuldeep
▼77kg級 Singh, Gurpreet
▼82kg級 Singh, Harpreet
▼87kg級 Manjeet
▼97kg級 Hardeep
▼130kg級 Naveen, Naveen







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に