日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.23

乙黒拓斗(山梨学院大)が優勝、高橋侑希(ALSOK)と松本篤史(警視庁)が銅メダル…2018年世界選手権・第3日(1)


19歳で世界の頂点に立った乙黒拓斗=撮影・保高幸子

 【ブダペスト(ハンガリー)】2018年世界選手権第3日は10月22日、当地で男子フリースタイル4階級のファイナルが行われ、決勝進出を決めていた65kg級の乙黒拓斗(山梨学院大)が、アジア大会優勝のプニア・バジラン(インド)を16-9で破り、世界チャンピオンに輝いた。57kg級の高橋侑希(ALSOK)と92kg級の松本篤史(警視庁)は3位決定戦に勝って銅メダルを手にした。

 乙黒は、試合開始直後に4点タックルを決めるなどして先制。脚を痛めて苦しい闘いとなったが、最後まで攻撃の手をゆるめず、終始リードを保って6分間を闘った。

 乙黒は現在19歳10ヶ月。高田裕司・日本協会専務理事が1974年に「20歳6ヶ月」で世界選手権優勝しており、オリンピックを含めた日本選手の最年少世界一記録を44年ぶりに更新した。

 高橋は4月のワールドカップ(米国)で勝っているレイネリ・アンドレウ・オルテガ(キューバ)とポイントを取り合い、最後は5-4で勝った。昨年の金メダルに続き、2年連続でメダルを手にした。

 松本は2月のアジア選手権5位のツルトゴトク・ルブサンドルジ(モンゴル)を相手に0-3から盛り返し、6-5で勝利。90kgを超える階級としては1988年ソウル・オリンピックの太田章(90kg級)以来、世界選手権に限れば1970年の鎌田誠(90kg級)以来のメダルを手にした。

 各選手の成績は下記の通り。

お知らせ
写真集はトップページの「動画/写真集」タブからご覧ください。

世界一に輝き、日の丸を持ってウイニングランする乙黒=撮影・保高幸子

最年少世界王者の記録を塗り替えられた高田裕司専務理事とともに=撮影・布施鋼治


男子フリースタイル

 【57kg級】高橋侑希(ALSOK)   3位=27選手出場
3決戦  ○[5-4]Andreu Ortega, Reineri(キューバ)

------------------------------

 【65kg級】乙黒拓斗(山梨学院大)   優勝=31選手出場
決 勝 ○[16-9]Bajrang, Bajrang(インド)

------------------------------

 【92kg級】松本篤史(警視庁)   3位=21選手出場
3決戦 ○[6-5]Luvsandorj, Turtogtokh(モンゴル)


試合動画

【57kg級】高橋侑希(ALSOK)

3位決定戦  ○[5-4]Andreu Ortega, Reineri(キューバ)


【65kg級】乙黒拓斗(山梨学院大)

決勝 ○[16-9]Bajrang, Bajrang(インド)


 【92kg級】松本篤史(警視庁)

3位決定戦 ○[6-5]Luvsandorj, Turtogtokh(モンゴル)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に