日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.11.02

2020年東京オリンピックは、韓国と北朝鮮の合同チームで参加か?


 オリンピック専門サイト「inside the games」が韓国の通信社「聯合ニュース」の情報として報じたところによると、ハンガリー・ブダペストで行われた世界選手権の大会前、韓国レスリング協会のリー・ヨンサブ・ディレクターと北朝鮮のキム・イル事務総長のトップ同士が会談し、2020年東京オリンピックには南北統一チームで参加する話し合いを行ったという。

 リー・ヨンサブ・ディレクターは聯合ニュースに、「まだ確定はしていないが、統一チームで臨む方向で話し合った」と述べ、世界レスリング連盟(UWW)のネナド・ラロビッチ会長は、統一チームでの参加をサポートすることを明言したという。

 政治的に対立している両国だが、今年2月の平昌・冬季オリンピックでは、女子アイスホッケーで南北合同チームが参加。5月の世界卓球選手権(スウェーデン)でも南北が合同チームを結成して参加し、スポーツ界では両国間の融和が進んでいる。

 レスリングでも、8月にインドネシアで行われたアジア大会で両国は現地で合同練習したと伝えられており、政治を超えたつながりを見せている。韓国は男子グレコローマンが強く、北朝鮮は男子フリースタイルと女子の軽量級で強豪を輩出している。







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に