日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト

2018年アジア大会代表/荒木田の国際大会成績

男子フリースタイル125kg級・荒木田の国際大会成績

 《2018年》

 【4月:ワールドカップ=米国(団体戦125kg級)】
予選3回戦 ○[4-0]Singh, Pushpender(インド)
予選2回戦 ●[Tフォール、5:29=0-10]Gwiazdowski, Nick(米国)

 【3月:アジア選手権=キルギス(125kg級)】=12位(13選手出場)
1回戦 ●[0-4]Natsagsuren, Zolboo(モンゴル)

------------------------------

 《2017年》

 【11月:クナエフ国際大会=カザフスタン(125kg級)】=9位(17選手出場)
2回戦 ●[1-4]Meshvildishvili, Giorgi(ジョージア)
1回戦 ○[5-0]Negmatulin, Meirbolat(カザフスタン)

------------------------------

 《2015年》

 【9月:世界選手権=米国(125kg級)】=8位(32選手出場)
敗復戦 ●[1-2]Chuluunbat Jargalsaikhan(モンゴル)
敗復戦 ○[負傷棄権、3:52=4-0]M. S. Abdulmalek Saklawe(イラク)
2回戦 ●[Tフォール、4:04=0-11]Jamaladdin Magomedov(アゼルバイジャン)
1回戦 ○[Tフォール、2:19=10-0]Hugo de Oliveira Da Cunha(ブラジル)

 【5月:アジア選手権=カタール(125kg級)】=10位(13選手出場)
1回戦 ●[3-5]Hitender Hitender(インド)

 【3月:モンゴル・オープン(125kg級)】=2位(9選手出場)
決 勝 ●[1-1C]Baldan Tshishipov(ロシア)
準決勝 ○[10-5]Rinchinbyambin Purevdagva(モンゴル)
2回戦 ○[フォール、4-2]Park Jiwoong(韓国)
1回戦  BYE

 【3月:ブリヤート国際大会=ロシア(125kg級)】=9位(9選手出場)
2回戦 ●[0-3]Bayarkhyy Perenleyzhamts(モンゴル)
1回戦  BYE

------------------------------

 《2014年》

 【9月:アジア大会=韓国(125kg級)】=3位(10選手出場)
3決戦 ○[11-2]Al Krad Raja(シリア)
準決勝 ●[0-3]Daulet Shabanbay(カザフスタン)
2回戦 ○[Tフォール、2:29=11-4]Mohammed Sabah Abdulmalek Saklawe(イラク)
1回戦  BYE

 【4月:アジア選手権=カザフスタン(125kg級)】=8位(10選手出場)
2回戦 ●[フォール、2-10]Hai Shang(中国)
1回戦  BYE

 【3月:ワールドカップ=米国(団体戦125kg級)】
7・8位決定戦 ●[5-11]○Hamza Ozkarhdeniz(トルコ)
予選4回戦 ●[Tフォール、0-10]○Arslanbek Aliev(ロシア)
予選3回戦 ●[4-8]○Alen Zasieiev(ウクライナ)
予選2回戦 ●[0-4]○Jargalsaikhan Chuluunbat(モンゴル)
予選1回戦 ●[Tフォール、0-10]Giorgi Sakandelidze(ジョージア=グルジア)

 【2月:ヤシャ・ドク国際大会=トルコ(125kg級)】=15位(16選手出場)
1回戦 ●[Tフォール、0-10]Aslan Dzebosov(アゼルバイジャン)

 【2月:タクティ・カップ=イラン(125kg級)】=7位(19選手出場)
2回戦 ●[フォール]O. Khotsianivskay(ウクライナ)
1回戦  BYE

------------------------------

 《2013年》

 【NYACホリデー国際大会=米国(120kg級)】(9選手出場)
敗復戦 ●[3-4]Jarod Trice(米国)
2回戦 ●[1-4]Zach Rey(米国)
1回戦   BYE

 【9月:世界選手権=ハンガリー(120kg級)】=12位(29選手出場)
2回戦 ●[Tフォール、2:13(0-7)]Tervel Dlagnev(米国)
1回戦 ○[Tフォール、3:31(8-0)]Urbaneja Vivenes(ベネズエラ)

 【4月:アジア選手権=インド(120kg級)】=10位(13選手出場)
1回戦 ●[0-2(0-4,2-3)]Dmitriy Popov(カザフスタン)

 【2月:デーブ・シュルツ記念国際大会=米国(120kg級)】(11選手出場)
敗復2 ●[0-2(0-2,1-2)]Kyle Massey(米国)
敗復1  BYE
1回戦  ●[0-2(0-2,0-1)]Zachery Rey(米国)

------------------------------

 《2012年》

 【4月:オリンピック世界予選第1戦=中国(120kg級)】= 18位(18選手出場)
敗復戦 ●[不戦敗]Fatjon Baro(アルバニア)
2回戦 ●[0-2(0-1.TF0-6)]Parviz Khodavirdi Hadi Basmanj(イラン)
1回戦  BYE

 【3月:オリンピック・アジア予選=カザフスタン(120kg級)】=10位(10選手出場)
2回戦 ●[0-2(0-2,0-2)]Nam Koung Jin(韓国)
1回戦  BYE

 【2月:アジア選手権=韓国(120kg級)】=5位(12選手出場)
3決戦 ●[0-2(0-3,0-1)]Chuluunbat Jargalsaikhan(モンゴル)
敗復戦 ○[2-1(0-2,2-0,3-0)]Aiaal Lazarev(キルギス)
1回戦 ●[0-2(0-4,0-6)]Parviz Hadi(イラン)

------------------------------

 《2011年》

 【9月:世界選手権=トルコ(120kg級)】=16位(31選手出場)
2回戦 ●[0-2(0-1,TF0-7=2:00)]Davit Modzmanashvili(グルジア)
1回戦 ○[2-0(4-0,1-0)]Tomar Rajeev(インド)

 【5月:アジア選手権=ウズベキスタン(120kg級)】=10位(11選手出場)
2回戦 ●[2-0(1-0,1-0)]Deng Zhiwei(中国)
1回戦  BYE

------------------------------

 《2010年》

 【11月:アジア大会=中国(120kg級)】=11位(13選手出場)
1回戦 ●[0-2(0-1,1-2)]Lei Liang(梁磊=中国)

 【2月:ダン・コロフ国際大会=ブルガリア(120kg級)】=5位(13選手出場)
3決戦 ●[0-2(0-1,0-1)]Krasimir Kochev(ブルガリア)
準決勝 ●[0-2(0-1,0-3)]Bozhidar Boyadzhiev(ブルガリア)
2回戦 ○[2-1(0-1,3-0,2-0)]Claudiu Moldovan(ルーマニア)
1回戦  BYE

------------------------------

 《2009年》

 【9月:世界選手権=デンマーク(120kg級)】= 26位(27選手出場)
1回戦 ●[0-2(TF0-7=0:59,0-4)]Kara Recep(トルコ)

 【5月:アジア選手権=タイ(120kg級)】=3位(9選手出場)
3決戦 ○[フォール、1P(F6-2)]HEI, Yisahabei(中国)
敗復戦 ○[2-0(1-0,3-1)]SAHAH Mahammad(イラク)
1回戦 ●[0-2(1-5,1-5)]NAM, Kyung-Jin(韓国)

 【2月:デーブ・シュルツ記念国際大会=米国(120kg級)】=5位(6選手出場)
リーグ5回戦 ●[フォール]Jamie Cox(カナダ)
リーグ4回戦 ○[フォール]Brad Peters(米国)
リーグ3回戦 ●[0-2(0-1,0-2)]Valery Bedoev(ロシア)
リーグ2回戦 ●[0-2(0-2,0-3)]Rajiv Tomar(インド)
リーグ1回戦 ●[1-2(0-3,1-1,1-4)]Nick Matuhin(ドイツ)

------------------------------

 《2008年》

 【7月:世界ジュニア選手権=トルコ(120kg級)】=3位(18選手出場)
3決戦 ○[2-1(0-2,4-1,3-1)]Jack Clayton(米国)
準決勝 ●[フォール、2P(0-3,0-7)]Soslan Gagloev(ロシア)
3回戦 ○[2-1(1-2,5-2,5-0)]Vyacheslav Muzaev(ウクライナ)
2回戦 ○[2-1(0-2,2-2,2-0)]Mustafa Cebeci(トルコ)
1回戦   BYE

 【5月:オリンピック世界予選最終戦=ポーランド(120kg級)】=17位(19選手出場)
2回戦 ●[0-2(0-2, 0-1)]Antoine Jaoude(ブラジル)
1回戦  BYE

 【3月:アジア選手権/オリンピック・アジア予選=韓国(120kg級)】=7位(8選手出場)
1回戦 ●[0-2(2-3,TF0-6=1:02)]Chuluunbat Jargalsaikhan(モンゴル)

------------------------------

 《2006年》

 【9月:世界ジュニア選手権=グアテマラ(120kg級)】=9位(13選手出場)
2回戦 ●[1-2(5-0,2-5,0-3)] Eric Nye(米国)
1回戦  BYE

 【7月:アジア・ジュニア選手権=UAE(120kg級)】=優勝(5選手出場)
5回戦 ○[2-1(0-3,6-1,5-0)] Mohamed Azar Shakib(イラン)
4回戦  BYE
3回戦 ○[2-1(0-2,5-0,2-0)] Ashat Kusepov(カザフスタン)
2回戦 ○[2-1(3-1,0-1,6-0)] Ko Seoung Jin(韓国)
1回戦 ○[フォール、2P(0-1,5-1)] Urmat Mustapaev(キルギスタン)

------------------------------

 《2005年》

 【7月:世界ジュニア選手権=リトアニア(120kg級)】=10位(20選手出場)  
3回戦 ●[0-2] Mikhailevich, Maksim (ベラルーシ)
2回戦 ○[2-0] Surender (インド)
1回戦  BYE

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に