日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト

2018年世界選手権代表/山口剛の国際大会成績

 《2018年》

 【8月:アジア大会=インドネシア位(97kg級)】=5位(13選手出場)
3決戦 ●[途中棄権、3:28=0-6]Ibragimov, Magomed Idrisovich(ウズベキスタン)
2回戦 ●[Tフォール、4:17=0-11]Karimimachiani, Alireza(イラン)
1回戦  BYE

 【4月:ワールドカップ=米国(団体戦97kg級)】
予選3回戦 ○[6-2]Viky, Viky(インド)
予選1回戦 ●[Tフォール、6:00=0-10]Matcharashvili, Givi(ジョージア)

 【3月:アジア選手権=キルギス(97kg級)】=3位(11選手出場)
3決戦 ○[6-3]Usupov, Aibek(キルギス)
準決勝 ●[Tフォール、0:45=0-10]Ibragimov, Magomed(ウズベキスタン)
2回戦 ○[5-0]Khatri, Mausam(インド)
1回戦 ○[5-3]Yang, Chaoqiang(中国)

------------------------------

 《2016年》

 【4月:リオデジャネイロ・オリンピック世界予選第1戦=モンゴル(97kg級)】=9位(20選手出場)
敗復戦 ●[1-3]Kim, Jae Gang(韓国)
3回戦 ●[Tフォール、4:31=0-11]Magomed, Idrisovitch Ibragimov(ウズベキスタン)
2回戦 ○[6-0]Jozef, Jaloviar(スロバキア)
1回戦  BYE

 【3月:リオデジャネイロ・オリンピック・アジア予選=カザフスタン(97kg級)】=3位(10選手出場)
3決戦 ○[3-2]Satywart Kadian(インド)
敗復戦 ○[不戦勝]Magomed Idrisovitch Ibragimov(ウズベキスタン)
1回戦 ●[1-1L]Magomed Musaev(キルギス)

------------------------------

 《2015年》

 【9月:世界選手権=米国(97kg級)】=22位(37選手出場)
2回戦 ●[2-4]Jose Daniel Diaz Robertti(ベネズエラ)
1回戦  BYE

 【7月:ジオルコウスキ国際大会=ポーランド(97kg級)】=7位(22選手出場)
敗復2 ● [1-10]Mohammadhossein Mohammadian(イラン)
敗復1 ○[フォール、4-4]Riza Yildirim(トルコ)
2回戦 ●[0-5]Elizbar Odikadze(ジョージア=グルジア)
1回戦 ○[5-0]Amin Rabei Aly Hamdy(エジプト)

 【5月:アジア選手権=カタール(97kg級)】=3位(12選手出場)
3決戦 ○[3-1]Alikhan Jumayev(カザフスタン)
準決勝 ●[9-14]Mohammad Hossein Askari Mohammadian(イラン)
2回戦 ○[10-6]Khatri Mausam(インド)
1回戦 ○[Tフォール、12-2]Dananjaya Palinda Perera Ranasinghe(スリランカ)

 【3月:モンゴル・オープン(97kg級)】=3位(9選手出場)
3決戦 ○[Tフォール、10-0]C Jintaek(韓国)
準決勝 ●[0-5]Dorzhkhan Khuderbulga(モンゴル)
2回戦 ○[10-2]B Namkhai(モンゴル)
1回戦  BYE

 【3月:ブリヤート国際大会=ロシア(97kg級)】=3位(9選手出場)
3決戦 ○[フォール、4-0]Bair Ukoev(ロシア) 
2回戦 ●[2-2]Eduard Arutunyan(ロシア)
1回戦  BYE

------------------------------

 《2014年》

 【2月:ヤシャ・ドク国際大会=トルコ(97kg級)】=16位(25選手出場)
1回戦 ●[3-4]Riza Yildirim(トルコ)

 【2月:タクティ・カップ=イラン(97kg級)】=11位(18選手出場)
敗復戦 ●[フォール]Roman Bakirov(アゼルバイジャン)
1回戦 ●[4-5]Abbas Tahan(イラン)

------------------------------

 《2013年》

 【9月:世界選手権=ハンガリー(96kg級)】=8位(33選手出場)
4回戦 ●[Tフォール、4:06(6-14)]Anzor Boltukaev(ロシア)
3回戦 ○[Tフォール、1:12(6-0)]Michael Tsikovani(ギリシャ)
2回戦 ○[Tフォール、4:47(9-1)]Attila Szmik(ハンガリー)
1回戦  BYE

 【4月:アジア選手権=インド(96kg級)】=10位(10選手出場)
2回戦 ●[0-2(0-1,0-3)]Tatari Hameo(イラン)
1回戦  BYE

 【2月:ワールドカップ=団体戦(96kg級)】
7・8位決定戦 ○[フォール、3P(1-0,0-7,F3-1)]Seymon Semyonov(カザフスタン)
予選5回戦 ●[フォール、2P(0-2,F1-5)]Tedore Ebanoidze(ジョージア=グルジア)
予選3回戦 ○[2-0(3-0,2-0)]Georgi Atanasov Sredkov(ブルガリア)
予選2回戦 ●[0-2(0-7,0-3)]James Daniel Bergman(米国)
予選1回戦 ●[フォール、1P(F0-3)]Amir Abbas Moradi(イラン)

------------------------------

 《2012年》

 【5月:ワールドカップ=団体戦(96kg級)】
9・10位決戦 ○[2-1(3-1,0-2、TF7-0)]Georgi Atanasov Sredkov(ブルガリア)
予選5回戦 ●[0-2(1-2,0-1)]Gor Kenan(トルコ)
予選4回戦 ●[0-3(0-3、TF0-6)] Elizbar Odikadze(ジョージア=グルジア)
予選3回戦 ●[0-2(0-1.0-4)]Abbas Mohammadtaher Tahan(イラン)
予選2回戦  BYE
予選1回戦 ●[0-2(TF0-6,0-4)]Jacob Stephen Varner(米国)

 【2月:デーブ・シュルツ記念国際大会=米国(84kg級)】=3位(23選手出場)
3決戦 ○[フォール、1P0:42]Narsingh Pancham Yadav(インド)
敗復戦 ○[フォール、1P0:34]Deron Winn(米国)
準決勝 ●[0-2(0-1,0-3)]Raymond Jordan(米国)
3回戦 ○[2-1(1-0,0-1,1-0]Evan Brown(米国)
2回戦 ○[フォール、1P0:44]Doug Umbehauer(米国)
1回戦   BYE

------------------------------

 《2009年》

 【8月:世界ジュニア選手権=トルコ(84kg級)】=25位(32選手出場)
1回戦 ●[0-2(0-3,1-5)]Muharrem Ersahin(トルコ)

------------------------------

 《2006年》

 【8月:アジア・カデット選手権=タイ(グレコローマン76kg級)】=5位(8選手出場)
3決戦 ●[1-2] Yerbossyn Baiserkeyev(カザフスタン)
1回戦 ●[0-2] Salavat Uulu Temirlan(キルギスタン)

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に