日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.01.11

「第二の人生も、明るく笑顔で元気に頑張っていきたいと思います」…吉田沙保里さんが引退会見


(文=樋口郁夫、撮影=保高幸子)

引退表明から2日後、都内で会見を行った吉田沙保里さん

 1月8日に自身のツイッターで選手生活からの引退を明らかにした吉田沙保里さんが10日、都内のホテルで引退会見を行い、約200人の記者・カメラマン・TVクルーを前に引退に至った経緯を報告するとともに、33年間の選手生活を支えてくれた人への感謝の気持ちを伝えた。

 東海地方などのテレビ局も含めて30台を越えるテレビカメラが取り囲む会見場。ポニーテールの髪型に決めた吉田さんが現れると、カメラのシャッター音とストロボの光が限りなく続いた。その音と光が止まない中、吉田さんは「こんにちは、吉田沙保里です。この度、33年間の選手生活に区切りをつけることを決めました」と切り出し、会見がスタートした。

 2016年リオデジャネイロ・オリンピックで銀メダルに終わり、多くの人から来年の東京オリンピックを目指すよう声をかけられたとのことだが、若い選手が世界で活躍する姿を見るなどして「レスリングはやり尽くした」という気持ちになり、引退を決意したことを説明した。

 ただ、2014年に急逝された父・栄勝さんの「引き際はきれいに」という言葉もあり、東京オリンピックで金メダルを取って引退という気持ちも消えなかったという。迷いに迷った末、最終的に決断したのは、昨年12月の全日本選手権の前だったという。

笑顔の母・幸代さん、涙がこぼれる寸前だった恩師

 その気持ちを最初に伝えた相手は、母・幸代さん。引退の気持ちを伝えたら、「あなたが決めたことだから、それでいいと思うよ。本当にご苦労様」と、涙もなく笑顔で答えてくれたとのこと。

今や遅しと会見を待つ報道陣

 一方、涙がこぼれる寸前だったのは、大学入学以来15年以上にわたって指導を受け、世界一に育ててくれた栄和人氏(至学館大前監督)。恩師に対する気持ちを問われ、「私を世界で闘える選手に育ててくれた。情熱ある指導者で、自分の時間を割いてでも選手のことを考えてくれる熱い指導者。感謝の気持ちでいっぱいです」と答えた。栄氏に引退を伝えると、「そうか、ご苦労さん。オレが泣きそうだよ」と言われ、母親とは対照的だったようだ。

 一連のパワハラ騒動に関しては「栄監督と、今までともに頑張ってきた仲間がああいう状況になってしまったことは本当にショックでした。真実ではない報道もあったかもしれないのですが、そんな中でコメントすることは難しかったです。若い後輩たちが悩まされて、思い切り練習できなかったり、試合で結果が出せなかったりという部分が一番つらかったです」と振り返った。

 そして「もう次に向かって頑張っていくしかないと思います。前を見て、東京オリンピックに向けてひとつになって頑張っていかないといけないかなと思っています」と後輩にエールを送った。

最も思い出のメダルは、リオデジャネイロの銀メダル

1月9日の都内のスポーツ新聞は、6紙が1面で吉田さんの引退を扱った

 オリンピックを目指すきっかけとなったのが、ヤワラちゃんこと柔道の谷亮子さんの存在。中学生の頃、まだ女子レスリングがオリンピック種目ではなかったが、「谷さんに憧れてオリンピックを目指した」そうだ。2004年アテネ・オリンピックでは試合の何日か前に初対面し、「頑張ってね」と声をかけてもらったことを振り返った。

 最も思い出に残るメダルを問われると、「難しいですね…。どれも印象に残っています」としばし考え、「一番最近の試合ということもありますけど」と前置きしたうえで、リオデジャネイロでの唯一の銀メダルを挙げた。「初めて負けた人の気持ちがよく分かった」と、個人戦では負けなしの白星街道を続けた吉田さんならでは返答。「初めて2番目の表彰台に立ち、負けた人はこういう気持ちだったんだな、と感じました。私を一番成長させてくれたんじゃないかなと思います」と話した。

会見は約40分、多くの人への感謝の気持ちを表した

 次の夢は、「いろいろありますけど、レスリング一筋で来たので、レスリング以外のことをやってみたい」。一方、来年の東京オリンピックを盛り上げるための活動も希望。具体的には、コーチ活動を含めて「選手の精神的な支えになればいいなと思います」と話した。さらに「女性としての幸せも絶対につかみたい」とも。

 約40分間にわたってカメラのシャッター音とストロボの光が絶えることがなかった中、吉田さんは多くの取材を受けた報道陣と、それを通じて支援してくれた人達へ、下記の通りあいさつ。涙を流すことのない会見を終えた。


 「皆さん、本日は本当にありがとうございました。マスコミの方に吉田沙保里を取材していただき、たくさんの報道をしていただいて(世間に)知ってもらうことができました。皆さんのおかげでレスリングを盛り立てていくことと、レスリングを知ってもらうことができました。これも皆様のおかげだと思います。

 今まで、私、吉田沙保里を応援していただきました国民の皆さん、ファンの皆さん、本当にありがとうございました。第二の人生も、明るく笑顔で元気に頑張っていきたいと思います。次の吉田沙保里も応援していただけたらうれしいです。ありがとうございます」







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に