日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.06.08

韓国のエース、金炫雨(韓国)の世界選手権第1シードが確定…UWWランキング(男子グレコローマン)


世界選手権の第1シード権を手にした金炫雨(韓国)=提供・UWW

 世界レスリング連盟(UWW)のランキング大会「サッサリ国際大会」が終了した時点での各階級の順位が発表された。男子グレコローマンは、77kg級でランキング1位だった金炫雨(韓国)が同大会優勝で得点を伸ばし、2位に26点差。残るランキング大会は1大会(オレグ・カラワエフ国際大会=7月26~28日、ベラルーシ・ミンスク)で、最大でも18点上積みなので、9月の世界選手権での同選手の第1シードが確定した。

 昨年の世界選手権で6階級を制したロシアは、67kg級でアルテム・スルコフが2位の柳漢壽(韓国)に30点差をつけるなど“独走”。世界選手権のロシア代表となれば第1シードが確定。63kg級のステファン・マリャニャンも2位に24点差で、第1シード権を手にした。60kg級も世界王者のセルゲイ・エメリンが1位。

 各階級の順位は下記の通り。


男子グレコローマン

 【55kg級】
[1]Eldaniz AZIZLI(アゼルバイジャン) 76点
[2]Ilkhom BAKHROMOV(ウズベキスタン) 46点
[3]Zholaman SHARSHENBEKOV(キルギス) 40点
[4]Ekrem OZTURK(トルコ) 37点

 【60kg級】
[1]Sergey EMELIN(ロシア) 78点
[2]Victor CIOBANU(モルドバ) 60点
[3]Seunghak KIM(韓国) 46点
[4]Ivan LIZATOVIC(クロアチア) 42点

 【63kg級】
[1]Stepan MARYANYAN(ロシア) 80点
[2]Elmurat TASMURADOV(ウズベキスタン) 56点
[3]Erbatu TUO(中国) 50点
[4]Slavik GALSTYAN(アルメニア) 28点

 【67kg級】
[1]Artem SURKOV(ロシア) 78点
[2]Hansu RYU(韓国) 48点
[3]Gevorg SAHAKYAN(ポーランド) 45点
[4]Meiirzhan SHERMAKHANBET(カザフスタン) 43点
[9]下山田培(日本) 28点

 【72kg級】
[1]Frank STAEBLER(ドイツ) 60点
[2]Aik MNATSAKANIAN(ブルガリア) 55点
[3]Balint KORPASI(ハンガリー) 52点
[4]Abuiazid MANTSIGOV(ロシア) 40点

 【77kg級】
[1]Hyeonwoo KIM(韓国) 87点
[2]Viktor NEMES(セルビア) 61点
[3]Aleksandr CHEKHIRKIN(ロシア) 60点
[4]Tamas Lörincz(ハンガリー) 52点

 【82kg級】
[1]Emrah KUS(トルコ) 70点
[2]Peter BACSI(ハンガリー) 60点
[3]Saeid Morad ABDVALI(イラン) 38点
[4]Viktar SASUNOUSKI(ベラルーシ) 37点

 【87kg級】
[1]Zhan BELENIUK(ウクライナ) 62点
[2]Metehan BASAR(トルコ) 60点
[3]Erik SZILVASSY(ハンガリー) 56点
[4]Viktor LORINCZ(ハンガリー) 52点

 【97kg級】
[1]Musa EVLOEV(ロシア) 82点
[2]Kiril Milenov MILOV(ブルガリア) 74点
[3]Tracy Gangelo HANCOCK(米国) 60点
[4]Mahdi abbas ALIYARIFEIZABADI(イラン) 39点

 【130kg級】
[1]Sergey SEMENOV(ロシア) 76点
[2]Adam Jacob COON(米国) 60点
[3]Heiki NABI(エストニア) 52点
[4]Minseok KIM(韓国) 47点







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に