日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.06.16

【2019年全日本選抜選手権・第3日/特集】健闘選手の声


(2019年6月15日、東京・駒沢体育館/取材=布施鋼治、斉藤葵)


 ■男子フリースタイル57kg級・山口海輝(日体大=決勝で昨年の全日本選手権決勝と同じ高橋侑希に黒星)「去年の全日本選手権決勝では接戦。今回は圧倒して勝とうと思っていた。高橋選手の勝ちたいという気持ちがすごく強かった。自分も勝ちたいと思っていたんですけど、高橋選手の気持ちの方がちょっと1つ上だったのかなと思います。体力を奪われて思い通りに攻められなかった。高橋選手は世界で3番に入ったりしている。おそらく世界選手権でも(オリンピック出場枠の)権利を持って帰ってくると思う。それでも最後まで諦めないで練習をして行きたい」


 ■男子フリースタイル74kg級・基山仁太郎(日体大=昨年70kg級優勝、決勝で奥井眞生に敗れる)「藤波勇飛選手が負けてチャンスだと思って、絶対勝つという思いで闘った。相手の方が気合と意気込みと作戦が優っていての負けたかなと思います。プレッシャーはかかっていなかったし、自分の考え通りのレスリングができなかったのが敗因。(階級を上げた)74kg級では、減量もなく体調は万全でした。決勝までは力負けもしなかったんですけど、決勝の相手(奥井眞生選手)には力負けしてしまった。(オリンピックに向けて)最後まで諦めず、腐らず練習して、12月にチャンスが回ってきたときに自分が勝てるように頑張ります」


 ■男子グレコローマン67㎏級・下山田培(警視庁=決勝で高橋昭五に惜敗)「(顔をタオルで覆いながら)優勝を目標に、(高橋)昭五を倒すことを目標にやってきました。昨日も調子が良くて、まあちょっと勝てそうな気もあったけど、しっかり取れるところや自分の得意なところでポイントを取れなかった。メチャクチャ悔しい。今後のことをもう一回自分で整理して、昭五が世界選手権でオリンピック出場枠を撮ってこなかった時のために、天皇杯(全日本選手権)で勝ちにいきたい」


 ■男子グレコローマン130kg級・番地啓太(国士舘大=全日本選手権で敗れた奥村総太を破り決勝に進出するも続く決勝は園田新に完敗)「去年の全日本選手権で負けた選手には勝ったし、決勝まで全員1回は負けたことのある相手。その選手たちに勝てたことは成長なのかなと思います。園田新選手にはまだ遠かったです。体格も筋力も気持ちも前進していきたいです」


 ■女子50kg級・入江ゆき(自衛隊=1回戦で世界選手権2連覇の須﨑と対戦、試合終了間近に逆転され敗退)「全然ダメだった。最後に守りに入ってしまった。プレーオフでは、最後まで攻めていけるように、1つずつ集中していきたい」


 ■女子62kg級・稲垣柚香(愛知・至学館高=決勝で川井友香子と激突。残り1分で逆転され惜敗)「前にプレッシャーはかけていたんですけど、最後にああいう形で負けてしまって悔いが残っています。自分がオリンピックに出ようとずっと考えて練習していたので悔しいです。この悔しい気持ちを忘れず、2024年のオリンピックでは絶対に活躍できるようにこれからも強くなっていきたいと思います」







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に