日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.08.23

ケリム・カジム・カマル(トルコ)が3連覇…2019年世界ジュニア選手権/メダル獲得選手


3年連続優勝を達成したケリム・カジム・カマル(トルコ)=提供・UWW

 2019年世界ジュニア選手権は8月12~18日にエストニア・タリンで行われ、男子フリースタイルは日本、米国、ロシア、イランが2階級ずつ優勝。ウクライナとインドが1階級ずつ勝った。

 女子は日本が8階級で勝ったほか、ポーランドとキューバが優勝。キューバは昨年のU23世界選手権で初めて“世界チャンピオン”を輩出したが、ジュニアでも初の世界女王が生まれた。

 男子グレコローマンはロシアが4階級で優勝。イランが2階級で勝ち、トルコ、ジョージア、ハンガリー、キューバが1階級ずつ勝った。60kg級を制したケリム・カジム・カマル(トルコ)は、2017年に55kg級で、昨年60kg級で優勝しており、3年連続優勝を達成した。

 各階級のメダル獲得選手は下記の通り。


男子フリースタイル

 【57kg級】
[1]阿部敏弥(日本)
[2]Arujau, Vitali(米国)
[3]Idrisov, Akhmed(ロシア)
[3]Askarov, Adlan(カザフスタン)

 【61kg級】
[1]山口海輝(日本)
[2]Dzhelep, Andrey(ウクライナ)
[3]Khadartsev, Alik(ロシア)
[3]Tagg, Gabriel Robert(米国)

 【65kg級】
[1]Maghsoudi, Amirhossein Azim(イラン)
[2]Shiraev, Kurban(ロシア)
[3]Syrbaz, Talgat(カザフスタン)
[3]Bayramov, Turan(アゼルバイジャン)

 【70kg級】
[1]Arushanian, Erik(ウクライナ)
[2]Diacon, Vasile(モルドバ)
[3]Kudzoev, Alan(ロシア)
[3]Firouzpourbandpei, Mohammadsadegh Biglar(イラン)

 【74kg級】
[1]Carr, David Aaron(米国)
[2]基山仁太郎(日本)
[3]Gadzhiev, Khadzimurad(アゼルバイジャン)
[3]Balta, Abdulvasi(トルコ)

 【79kg級】
[1]Tashukhadziev, Amkhad(ロシア)
[2]Gagnidze, Bagrati(ジョージア)
[3]Mester, Milan(ハンガリー)
[3]Abakarov, Abubakr(アゼルバイジャン)

 【86kg級】
[1]Punia, Deepak(インド)
[2]Shebzukhov, Alik(ロシア)
[3]Lee, Hunter Jeffery(カナダ)
[3]Hidlay, Trend Niemond(米国)

 【92kg級】
[1]Bagaev, Alan(ロシア)
[2]Davison, Lucas John(米国)
[3]Viky(インド)
[3]Agca, Ertugrul(ドイツ)

 【97kg級】
[1]Foroutanrami, Abbas Ali(イラン)
[2]Bastida Pomares, Yonger Pauli(キューバ)
[3]Aktuerk, Feyzullah(トルコ)
[3]Veysalov, Makhsud(ウズベキスタン)

 【125kg級】
[1]Parris, Mason Mark(米国)
[2]Zare, Amir Hossein Abbas(イラン)
[3]Karabulut, Pasa Ekrem(トルコ)
[3]Khubulov, Alen(ロシア)

 《国別対抗得点》
[1]ロシア 168点
[2]米 国 120点
[3]イラン 119点
[4]日 本 84点
[5]インド 80点
[6]トルコ 77点


男子グレコローマン

 【55kg級】
[1]Allakhiarov, Anvar(ロシア)
[2]Aliev, Zaur(アゼルバイジャン)
[3]Dad Marz, Poya Soulat(イラン)
[3]松井謙(日本)

 【60kg級】
[1]Kamal, Kerim Kazim(トルコ)
[2]Hovhannisyan, Sahak(アルメニア)
[3]Alizade, Asgar(アゼルバイジャン)
[3]Tibilov, Georgi 2(ロシア)

 【63kg級】
[1]Amaev, Abu Muslim(ロシア)
[2]Abuladze, Leri(ジョージア)
[3]Nutter, Alston Jon(米国)
[3]Badaghi Mofrad, Shahin Eidi(イラン)

 【67kg級】
[1]Shotadze, Giorgi(ジョージア)
[2]Khachatryan, Shant(アルメニア)
[3]Petic, Valentin(モルドバ)
[3]Omania, Peyton Louis(米国)

 【72kg級】
[1]Stepanov, Sergey(ロシア)
[2]Ganizadeh, Ulvi(アゼルバイジャン)
[3]Rostami, Mohammadreza Mahmoud(イラン)
[3]Bychkov, Igor(ウクライナ)

 【77kg級】
[1]Naghousi, Mohammad Aziz(イラン)
[2]Rakhimov, Damir(ロシア)
[3]Sajan, Sajan(インド)
[3]Vasetski, Dmitri(ウクライナ)

 【82kg級】
[1]Takacs, Istvan(ハンガリー)
[2]Gonibov, Aues(ロシア)
[3]Kaya, Dogan(トルコ)
[3]Bondarenko, Maksim(ベラルーシ)

 【87kg級】
[1]Ermolenko, Ilya(ロシア)
[2]Katsanashvili, Giorgi(ジョージア)
[3]Tan, Bedirhan(トルコ)
[3]Yarashevich, Igor(ベラルーシ)

 【97kg級】
[1]Rosillo Kindelan, Gabriel Alejandro(キューバ)
[2]Neumaier, Patrick(ドイツ)
[3]Kayisdag, Beytullah(トルコ)
[3]Pustashylov, Vladislav(ベラルーシ)

 【130kg級】
[1]Yousofiaahmadchali, Aliakbar Hossein(イラン)
[2]Schultz, Cohlton Michael(米国)
[3]Bakir, Muhammet Hamza(トルコ)
[3]Vitek, Dariusz Attila(ハンガリー)

 《国別対抗得点》
[1]ロシア 157点
[2]イラン 121点
[3]トルコ 117点
[4]ジョージア 91点
[5]ハンガリー 62点(金1)
[6]アルメニア 62点(金0)
 :
[15]日 本 25点

女子

 【50kg級】
[1]須﨑優衣(日本)
[2]Khvostova, Daria(ロシア)
[3]Leorda, Maria(モルドバ)
[3]Vynnyk, Maria(ウクライナ)

 【53kg級】
[1]奥野春菜(日本)
[2]Nandintsetseg, Anudari(モンゴル)
[3]Meiduolaji(中国)
[3]Tyumerekova, Maria(ロシア)

 【55kg級】
[1]Gil, Patrycja(ポーランド)
[2]Verbina, Ekaterina(ロシア)
[3]Belberova, Sezen Behchetova(ブルガリア)
[3]五十嵐彩季(日本)

 【57kg級】
[1]花井瑛絵(日本)
[2]Akobiyan, Alina(ウクライナ)
[3]Glodek, Magdalena Urszula(ポーランド)
[3]Anarkulova, Nuraida(キルギス)

 【59kg級】
[1]南條早映(日本)
[2]Nichita, Anastasia(モルドバ)
[3]De Vita, Morena(イタリア)
[3]Zelenykh, Katerina(ウクライナ)

 【62kg級】
[1]稲垣柚香(日本)
[2]Wu, Yaru(中国)
[3]Godinez Gonzalez, Ana Paula(カナダ)
[3]Lachugina, Maria(ロシア)

 【65kg級】
[1]森川美和(日本)
[2]Kilty, Macey Ellen(米国)
[3]Zhang, Yue(中国)
[3]Choluj, Wiktoria(ポーランド)

 【68kg級】
[1]松雪成葉(日本)
[2]Zhumanazarova, Meerim(キルギス)
[3]Ciunek, Ewelina Weronika(ポーランド)
[3]Velieva, Khanum(ロシア)

 【72kg級】
[1]鏡優翔(日本)
[2]Zakharchenko, Evgenia(ロシア)
[3]Alpyeva, Anastasia(ウクライナ)
[3]Cheng, Shuiyan(中国)

 【76kg級】
[1]Marin Potrille, Milaihys de la Caridad(キューバ)
[2]Chang, Hui-Tsu(台湾)
[3]Nagy, Bernadett(ハンガリー)
[3]松雪泰葉(日本)

 《国別対抗得点》
[1]日 本 230点
[2]ロシア 115点
[3]ウクライナ 91点
[4]ポーランド 86点
[5]中 国 85点
[6]米 国 62点

 






サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に