日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.09.02

【特集】東京オリンピック出場枠獲得にかける(14)…男子フリースタイル86kg級・高谷惣亮(ALSOK)


(文=東京スポーツ新聞社・中村亜希子)

高谷惣亮(ALSOK)

 2013年大会に始まり、3階級にわたって6度目の世界選手権に挑む男子フリースタイル86kg級の高谷惣亮(ALSOK)は開口一番、強気に言い切った。「勝てる気しかしないんです。多分勝ちますよ。2014年の世界選手権(74kg級)で2位になった時も、『これ、なんか勝つな』と思ったら銀メダルまでいった。今回もそんな気がするんです。今の課題を挙げるなら、けがをしないことですね」。

 長く74kg級を主戦場にしていたが、2017年大会(8位入賞)を最後に、79kg級へアップ。昨年の全日本選手権からは86kg級に上げた。この階級では初めての世界選手権。怪物のような猛者たちが集まるが、自分の手が上がるイメージしかない。

 86kg級の国際大会初戦となった3月のワールドカップ(ロシア)での経験が自信につながっている。昨年の世界選手権2位のファティ・エルディン(トルコ)にフォール勝ち。世界の強豪国しか出場できない大会で3勝1敗の成績をあげ、日本の4位に貢献した。

3月のワールドカップで世界2位にフォール勝ち、最高の新階級デビューを飾った高谷=撮影・保高幸子

 この時「実際肌を合わせた瞬間、『ああ、いける、オレ、強いな』という感じでした」と手ごたえを感じていた。また、「今、自分の体を理解できているんです。どう動いたら自分の力が相手に伝わるのかが分かる」と、トレーニングの成果で新たな境地にたどり着いたことも大きい。

 「いくら僕のスピード、パワーがあっても、相手が待ち構えていればタックルは取れない。今まではそれでも取ってきたが、けがのリスクもあるし、疲労もする。今はそこを変えて、相手を弱め、自分の力を伝えています」。自分の力をより効果的に使う手法を手に入れ、タックル王子がこれまで以上にタックルに磨きをかけている。

ファンや他競技のアスリートから刺激を受ける

 階級を上げても体の切れとスピードは健在だ。現在の体重はちょうど86kg。増量も大幅な減量もせず、このままの状態で試合に臨む。「5kgも10kgも落として当日戦ったら、今までの自分の動きは絶対できない。これがベストです」。

恒例となった優勝パフォーマンス。カザフスタンで爆発するか=撮影・矢吹建夫

 高校時代から注目を集めたタックル王子も、4月で30歳になった。練習での努力は当然ながら、常に好奇心を持ち続け、新しいことに挑戦。長年トップに君臨する姿は若手選手の手本だろう。

 最近はツイッターを始め、ファンからの質問にていねいに答えている。「本当に楽しいです。自分の考えの整理にいい。指導している時もそうですが、しゃべりながら気がつくことがあるんですよ。あ、これこうやったらいいのかなって」。プライベートでは他の競技で活躍するアスリートや異業種の仲間と交流し、大いに刺激を受けている。

 今大会は東京オリンピック出場枠獲得がかかる。カザフスタンの先には、もちろん東京が見えている。「世界選手権でバンと勝って、東京オリンピックは『高谷金メダル』を予約しておきます。『(オリンピック)3度目の正直おめでとう!』ですよ。自分はドラマの主人公だと思っているんで」。主役の座は誰にも譲らない。


2019年世界選手権=東京オリンピック第1次予選(9月14~22日、カザフスタン・ヌルスルタン)
男子フリースタイル86kg級代表・高谷惣亮(ALSOK)
 1989年4月5日生まれ、30歳。京都府出身。京都・網野高~拓大卒。178cm。2007年に高校三冠王と全日本選手権74kg級2位。以後も同級で闘い、拓大では2008~11年に全日本大学選手権4連覇を達成。2012年ロンドン・オリンピックに出場し、2014年世界選手権2位へ。2016年リオデジャネイロ・オリンピックに出場して7位。2018年世界選手権のあと79kg級へアップした。
略歴(詳細) JWFデータベース UWWデータベース 国際大会成績
男子フリースタイル86kg級・展望 / 5位以内がオリンピック出場枠獲得、3位以内は協会規定により日本代表に内定






サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に