日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.09.05

【2019年世界選手権・展望(9)】ジェーデン・コックス(米国)が2連覇を目指す…男子フリースタイル92kg級


※シード選手は、最終エントリーによって変わる場合があります。

2連覇を目指すジェーデン・コックス(米国)

 昨年優勝のジェーデン・コックス(米国)は、今年のパンアメリカン選手権で勝ち、7月の「ヤシャ・ドク国際大会」(トルコ)でも勝ってランキング1位をキープ。世界2位で第3シードのイワン・ヤンコウスキ(ベラルーシ)は5度の国際大会で優勝に恵まれず、一段落ちそう。

 昨年3位のアリレザ・モハマド・カリミマチアリ(イラン)が、今年のアジア選手権とランキング大会の「サッサリ国際大会」(イタリア)に勝ち、第2シードへ。コックスの最大のライバルとなりそう。

 アゼルバイジャンからは、2016年リオデジャネイロ・オリンピック86kg級3位のシャリフ・シャリフォフ(アゼルバイジャン)ではなく、8月の「トビリシ国際大会」(ジョージア)優勝のシャミル・ズバイロフが出場。欧州選手権3位で第4シードのイラクリ・ムチツリ(ジョージア)らとともに、どこまで上位に食い込むか。

 ロシアからは、ロシア・チャンピオンのアリカン・ザブライロフが出場する。今年1月の「ヤリギン国際大会」(ロシア)4位などの成績はあり、ワールドカップのメンバーだが、個人戦の主要国際大会は初。どこまでやるか。

 初出場の大津拓馬(山梨学院大)が、若さを武器にどこまで上位へ食い込めるか。


2018年世界選手権成績 2019年世界選手権 シード選手
1. Cox, J’den Michael Tbory(米国)
2. Yankouski, Ivan(ベラルーシ)
3. Karimimachiani, Alireza Mohammad(イラン)
〃 松本篤史(日本)
5. Luvsandorj,(トルコ)togtokh(モンゴル)
〃 Marsagishvili, Dato(ジョージア)
7. Tsakulov, Batyrbek(ロシア)
8. Ceban, Nicolae(モルドバ)
1. Cox, J’den Michael Tbory(米国)
2. Karimimachiani, Alireza Mohammad(イラン)
3. Yankouski, Ivan(ベラルーシ)
4. Mtsituri, Irakli(ジョージア)
2018年アジア大会 2019年アジア選手権
(実施せず) 1. Karimimachiani, Alireza Mohammad(イラン)
2. Viky(インド)
3. Sun, Xiao(中国)
〃 松本篤史(日本)
2019年欧州選手権 2019年欧州大会
1. Sharifov, Sharif(アゼルバイジャン)
2. Baranowski, Zbigniew Mateusz(ポーランド)
3. Mtsituri, Irakli(ジョージア)
〃 Vereb, Istvan(ハンガリー)
(実施せず)
2019年パンアメリカン選手権 2019年パンアメリカン大会
1. Cox, J’den Michael Tbory(米国)
2. Espinal Fajardo, Jaime Yusept(プエルトリコ)
3. Ramirez Florentin, Diego Reinaldo(パラグアイ)
(実施せず)






サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に