日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.09.08

【2019年世界選手権・展望(17)】元世界女王のペイ・シングル(裴星茹=中国)に稲垣柚香(愛知・至学館高)が挑む…女子59kg級


※シード選手は、最終エントリーによって変わる場合があります。

世界一返り咲きを目指すペイ・シングル(裴星茹、中国)

 昨年の世界チャンピオンの川井梨紗子は57kg級へ。同2位のエリフ・ジェール・イエシリルマク(トルコ)も階級を上げた。ランキングの1~4位選手が階級を変えたか不出場の中、ランキング5位の稲垣柚香(愛知・至学館大)が第1シードとなった。今年1月に「ヤリギン国際大会」(ロシア)、4月にアジア選手権で優勝しており、シニアの世界でも十分に通じる実力を持つ。

 昨年3位のペイ・シングル(裴星茹、中国=2016年60kg級世界チャンピオン)は、今年のアジア選手権は62kg級に出て7位だったが、世界選手権はこの階級。第4シードとなっている。シード順は稲垣の方が上だが、過去の実績からして稲垣が挑む立場だろう。8月の世界ジュニア選手権で優勝して弾みをつけた稲垣が、その勢いで元世界チャンピオンを撃破して世界一に到達できるか。

 モンゴルからは、アジア選手権2位のバチェチェグ・アルタンチェチェグではなく、昨年3位のショーブドア・バーチャルジャブがエントリーし、第3シードに位置している。

 アジア勢が強い中、昨年9位で第2シードのリンダ・モライス(カナダ)がどこまでやるか。今年5月の「サッサリ国際大会」(イタリア)で優勝した実力を発揮できるか。


2018年世界選手権成績 2019年世界選手権 シード選手
1. 川井梨紗子(日本)
2. Yesilirmak, Elif Jale(トルコ)
3. Baatarjav, Shoovdor(モンゴル)
〃 Pei, Xingru(中国)
5. Lipatova, Svetlana(ロシア)
〃 Romero Bonilla, Alejandra(メキシコ)
7. Sarita(インド)
8. Essombe Taiko, Joseph Emilienne(カメルーン)
1. 稲垣柚香(日本)
2. Morais, Linda(カナダ)
3. Baatarjav, Shoovdor(モンゴル)
4. Pei, Xingru(裴星茹=中国)
2018年アジア大会 2019年アジア選手権
(実施せず) 1. 稲垣柚香(日本)
2. Altantsetseg, Battsetseg(モンゴル)
3. Manju, Kumari(インド)
4. Zhang, Qi(中国)
2019年欧州選手権 2019年欧州大会
1. Dudova, Bilyana Zhivkova(ブルガリア)
2. Lipatova, Svetlana(ロシア)
3. Gambarova, Elmira(アゼルバイジャン)
〃 Yesilirmak, Elif Jale(トルコ)
(実施せず)
2019年パンアメリカン選手権 2019年パンアメリカン大会
1. Beauregard, Laurence(カナダ)
2. Rivera Belliard, Andribeth(プエルトリコ)
3. Silva de Santana, Caroline(ブラジル)
4. Campbell, Kelsey Rene(米国)
(実施せず)






サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に