日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.09.14

太田忍(ALSOK)が決勝進出、小川翔太(日体大)は3位決定戦…2019年世界選手権・第1日


準決勝で地元選手を撃破し、決勝進出を決めた太田忍(ALSOK)=撮影・保高幸子

 【ヌルスルタン(カザフスタン)、世界選手権取材チーム】2020年東京オリンピックの出場枠獲得を兼ねた2019年世界選手権は9月14日、カザフスタン・ヌルスルタンで開幕。この日は男子グレコローマンの非オリンピック階級の4階級の準決勝までが行われ、63kg級の太田忍(ALSOK)が決勝進出を決めた。55kg級の小川翔太(日体大)は3位決定戦へ回る。

 太田は初戦の2回戦でベラルーシ選手をテクニカルフォールで撃破。3回戦でタイナー・シャルシェンベコフ(キルギス)に自滅であわやフォール負けのピンチを迎えながら耐え、最後はテクニカルフォールで勝ち、準決勝は昨年のアジア大会67kg級2位のアルマト・ケビスパエフ(カザフスタン)もテクニカルフォールで破った。

 決勝は昨年優勝のステパン・マリャニャン(ロシア)と対戦する。

 小川は1回戦で欧州選手権5位のアルメニア選手を破り、2回戦でも韓国選手を撃破。3回戦でアジア選手権優勝のイルコム・バクロモフ(ウズベキスタン)を4-2で破る殊勲を挙げた。しかし、準決勝で昨年3位、U23世界王者のヌグザリ・ツルツミア(ジョージア)にテクニカルフォール負け。15日に銅メダルをかける(対戦相手は未定)。

 72kg級の井上智裕(FUJIOH)は、初戦の2回戦で欧州選手権3位のアイク・ムナツァカニアン(ブルガリア)に0-6で黒星。82kg級の岡嶋勇也(警視庁)は1回戦でアジア選手権3位のマクサト・ウェレゼポフ(カザフスタン)に0-4で敗れ、ともに敗者復活戦に回れなかった。

 各選手の成績は下記の通り。

お知らせ
写真集はトップページの「動画/写真集」タブからご覧ください。

男子グレコローマン

 【55kg級】小川翔太(日体大)   20選手出場
3決戦 (相手未定)
準決勝 ●[Tフォール、2:57=0-8]Tsurtsumia, Nugzari(ジョージア)
3回戦 ○[4-2]Bakhromov, Ilkhom(ウズベキスタン) 
2回戦 ○[Tフォール、4:37=8-0]Jeon, Hyeok-Jin(韓国)
1回戦 ○[7-3]Hakhoyan, Norair(アルメニア)

------------------------------

 【63kg級】太田忍(ALSOK)   18選手出場
決 勝 Maryanyan, Stepan(ロシア)
準決勝 ○[Tフォール、5:06=10-1]Kebispayev, Almat(カザフスタン)
3回戦 ○[Tフォール、3:53=12-4]Sharshenbekov, Tynar(キルギス)
2回戦 ○[Tフォール、4:16=10-2]Nehoda, Maksim(ベラルーシ)
1回戦  BYE

------------------------------

 【72kg級】井上智裕(FUJIOH)   25選手出場
2回戦 ●[0-6]Mnatsakanian, Aik(ブルガリア)
1回戦  BYE

※敗者復活戦に回れず

------------------------------

 【82kg級】岡嶋勇也(警視庁)   23選手出場
1回戦  ●[0-4]Yerezhepov, Maksat(カザフスタン)

※敗者復活戦に回れず







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

《オリンピック・レスリングNo.62》

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に