日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.09.16

太田忍(ALSOK)が優勝、小川翔太(日体大)は銅メダル…2019年世界選手権・第2日(1)


ウイニングランのあと、最高の笑顔を見せた太田忍

 【ヌルスルタン(カザフスタン)、世界選手権取材チーム】2019年世界選手権第2日は9月15日、カザフスタン・ヌルスルタンで前日始まった3階級の敗者復活戦とファイナルが行われ、63kg級の太田忍(ALSOK)が決勝で昨年の世界王者ステパン・マリャニャン(ロシア)を10-4で撃破。世界チャンピオンに輝いた。

 太田はカウンターの投げ技を受け、一時は1-4とリードを奪われたが、第2ピリオドにがぶり返しを連続で決め、10-4とリード。そのままのスコアで逃げ切った。

 2016年リオデジャネイロ・オリンピック59kg級銀メダルの太田は、世界選手権は昨年の60kg級に続く2度目の出場。昨年の2回戦敗退(9位)をはね返し、世界一に到達した。日本男子は2017年以来、3年連続で世界チャンピオンを輩出し、のべ29人目の世界チャンピオンとなった。グレコローマンは5人目。オリンピックを合わせた世界一は、のべ49人目となる。

 前日の準決勝で敗れて3位決定戦に回った55kg級の小川翔太(日体大)は、敗者復活戦を勝ち上がってきた昨年5位のカオ・リグオ(中国)と対戦。もつれた展開になりながらも、最後は11-2のテクニカルフォール勝ち。初の世界選手権出場で銅メダルを獲得した。

 各選手の成績は下記の通り。(撮影=保高幸子)

冴えた必殺のがぶり返し

3月に完敗した相手に雪辱しての世界一

日本男子として3年連続で世界の最高峰へ

20歳、初出場で銅メダル獲得の小川翔太


男子グレコローマン

 【55kg級】小川翔太(日体大)   3位=20選手出場
3決戦  ○[Tフォール、2:34=11-2]Cao, Liguo(中国)

(以下、前日に実施)
準決勝 ●[Tフォール、2:57=0-8]Tsurtsumia, Nugzari(ジョージア)
3回戦 ○[4-2]Bakhromov, Ilkhom(ウズベキスタン) 
2回戦 ○[Tフォール、4:37=8-0]Jeon, Hyeok-Jin(韓国)
1回戦 ○[7-3]Hakhoyan, Norair(アルメニア)

------------------------------

 【63kg級】太田忍(ALSOK)   優勝=18選手出場
決 勝 ○[10-4]Maryanyan, Stepan(ロシア)

(以下、前日に実施)
準決勝 ○[Tフォール、5:06=10-1]Kebispayev, Almat(カザフスタン)
3回戦 ○[Tフォール、3:53=12-4]Sharshenbekov, Tynar(キルギス)
2回戦 ○[Tフォール、4:16=10-2]Nehoda, Maksim(ベラルーシ)
1回戦  BYE







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に