日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.09.30

3連覇を目指す曽我部京太郎(愛媛・今治西)が勝ち進む…2019年茨城国体・第3日


 2019年いきいき茨城ゆめ国体・レスリング競技第3日は9月30日、茨城・アダストリアみとアリーナで成年・少年の男子グレコローマンがスタート。ベスト4決定までが行われ、少年65kg級では、3階級にわたって3年連続優勝を目指す曽我部京太郎(愛媛・今治西)や、2年生で2年連続優勝を目指す80kg級の西田衛人(山梨・韮崎工)らが勝ち進んだ。80kg級では昨年のユース・オリンピック71kg級3位の山田脩(千葉・日体大柏)も勝ち進んでいる。

 成年77kg級では、東京オリンピックに向けて階級をアップした世界選手権72kg級代表の井上智裕(神奈川・FUJIOH)が勝ち上がった。87kg級2回戦では、全日本選抜選手権2位の鶴田峻大(沖縄・自衛隊)と同82kg級2位の向井識起(広島・自衛隊)が激突し、鶴田が2-1で勝利。続く試合も勝って準決勝進出を決めた。

 各階級の成績は下記の通り。(撮影=矢吹建夫)


《トーナメント表》

成年G 60kg 67kg 72kg 77kg 87kg 97kg 130kg  
少年G 51kg 55kg 60kg 65kg 71kg 80kg 92kg 125kg

▲3連覇を目指して好調な曽我部京太郎(愛媛・今治西)

▲8月の全国高校生グレコローマン選手権に続く優勝を目指す山田脩(千葉・日体大柏)

▲鶴田峻大(赤=沖縄・自衛隊)は、同門で若手の成長株の向井識起(広島・自衛隊)を破る







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に