日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.10.26

文田健一郎のライバルもセルゲイ・エメリン(ロシア)に快勝…2019年世界軍隊大会・男子グレコローマン


アジア選手権で文田健一郎を5-3で破ったリ・セウン(右=北朝鮮)。昨年の世界王者も破った=撮影・保高幸子

 2019年世界軍隊大会レスリング競技の男子グレコローマンは10月23~24日に中国・武漢で行われ、60kg級決勝は4月のアジア選手権で文田健一郎(ミキハウス)を破ったリ・セウン(北朝鮮)が世界選手権2位のセルゲイ・エメリン(ロシア)を4-0で下して優勝した。

 リ・セウンは、アジア選手権では決勝でイスロムジョン・バクラモフ(ウズベキスタン)に敗れて2位、世界選手権では2回戦で元世界王者のイボ・アンゲロフ(ブルガリア)に1-2で敗れて14位に終わっている。安定性に欠けるものの、今年、世界1、2位に土をつけた実績はあなどれないものがあるだろう。

 67kg級は、昨年のU23世界選手権優勝のモハメド・イブラヒム・エルサイェド(エジプト)が優勝。先月の世界選手権では5位に入って東京オリンピックの出場枠を取っている。この階級の台風の目となりそう。今月28日(月)からのU23世界選手権(ハンガリー)にもエントリーしている。

 97kg級はシニア世界選手権2連覇のムサ・エブロエフ(ロシア)が勝ち、130kg級も世界王者のリザ・カヤルプ(トルコ)が勝った。

 各階級のメダル獲得選手は下記の通り。 


男子グレコローマン

 【60kg級】
[1]Ri, Se-Ung(北朝鮮)
[2]Emelin, Sergey(ロシア)
[3]Hafizov, Ildar(米国)
[3]Sultangali, Aidos(カザフスタン)

 【67kg級】
[1]Elsayed, Mohamed Ibrahim(エジプト)
[2]Surkov, Artem(ロシア)
[3]Rahmanov, Mikhail(アゼルバイジャン)
[3]Nemes, Mate(セルビア)

 【77kg級】
[1]Poshtam, Peyman(イラン)
[2]Aliyev, Hasan(アゼルバイジャン)
[3]Neumaier, Florian(ドイツ)
[3]Nemes, Viktor(セルビア)

 【87kg級】
[1]Loerincz, Viktor(ハンガリー)
[2]Huseynov, Rafik(アゼルバイジャン)
[3]Saleev, Evgeni(ロシア)
[3]Kudla, Denis Maksymilian(ドイツ)

 【97kg級】
[1]Evloev, Musa(ロシア)
[2]Kuosmanen, Matti Elias(フィンランド)
[3]Hrabovik, Aleksander(ベラルーシ)
[3]Hassler, Oliver(ドイツ)

 【130kg級】
[1]Kayaalp, Riza(トルコ)
[2]Nabi, Heiki(エストニア)
[3]Mirzazadeh, Amin Mohammadzaman(イラン)
[3]Abdellatif, Mohamed Ahmed(エジプト)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に