日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.11.17

日本が米国を下して5大会連続11度目の優勝、6年連続で“世界グランドスラム”…2019年女子ワールドカップ・最終日


米国を下し、5大会連続優勝を遂げた日本

 2019年女子ワールドカップ最終日は11月17日、千葉・成田市中台運動公園体育館で順位決定戦が行われ、優勝決定戦に進んだ日本は米国を7-3で下し、2014年以来、5大会連続11度目の優勝を飾った(2016年は開催なし)。3位は中国。

 日本は50kg級で須﨑優衣(早大)、53kg級で奥野春菜(至学館大)の2018年世界チャンピオンが、ともにテクニカルフォールで快勝。55kg級は世界チャンピオン相手に落としたものの、57kg級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が勝って流れを取り戻した。65kg級の類家直美(至学館大)が勝って6勝目をマークし、この段階でチームの勝利を決めた。

 68kg級は松雪成葉(至学館大)がタミラ・メンサストックに、76kg級は皆川博恵(クリナップ)がアデライン・グレイの各世界チャンピオン相手に敗れ、最終的にチームスコア7-3で勝った。

 日本は今年、カデット、ジュニア、U23、シニアの世界選手権でいずれも国別対抗得点で優勝していた。今大会で団体戦の世界大会すべてで優勝となり、2014年以来続けている“世界団体戦グランドスラム”を6年連続で継続した。

 各試合結果は下記の通り。(撮影=矢吹建夫)

優勝決定戦に勝ち、応援席にあいさつ

1~3位チーム

チームを支えた川井梨紗子主将

世界選手権決勝と同じ相手と闘った皆川博恵


《result》

最終日成績

 ▼優勝決定戦
日本○[7-3]●米国

 ▼3位決定戦
中国○[7-3]●モンゴル

 ▼5・6位決定戦
ウクライナ○[5-5(勝ち点25-19)]●ロシア


日本成績

【優勝決定戦】日本○[7-3]●米国

階級 日  本 試合結果 米   国
50kg 須﨑優衣(早大) Tフォール、3:17=10-0   Conder, Whitney
53kg 奥野春菜(至学館大) Tフォール、5:32=10-0   Hildebrandt, Sarah Ann
55kg 花井瑛絵(至学館大)   1-5 Winchester, Jaccara Gwenisha
57kg 川井梨紗子(ジャパンビバレッジ) Tフォール、4:10=11-0   Campbell, Kelsey Rene
59kg 稲垣柚香(愛知・至学館高) Tフォール、4:12=10-0   Zavala, Desiree
62kg 川井友香子(至学館大) 7-0   Kilty, Macey Ellen
65kg 類家直美(至学館大) 5-1   Molinari, Forrest Ann
68kg 松雪成葉(至学館大)   1-8 Mensah-Stock, Tamyra Mariama
72kg 鏡優翔(JWA/東京・帝京高) 3-1   Francis, Victoria Christine
76kg 皆川博恵(クリナップ)   フォール、5:04=3-1 Gray, Adeline Maria






サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に