日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.11.21

U15アジア選手権(台湾)出場の日本チームが出発


 11月22日(金)~24日(日)に台湾・台中で行われるU15アジア選手権に出場する日本チーム(男子フリースタイル・女子)が11月20日、成田空港発の日本航空で出発した。

 昨年からスタートした大会で、昨年は男子がイランで開催され(当時の呼称は「アジア・スクールボーイ選手権」)、日本は4階級を制して国別対抗得点は2位。女子は日本開催で(埼玉・富士見市)、6階級を制して国別対抗得点は優勝だった。

台湾に向かった日本チーム

 沼尻久団長(全国中学生連盟会長)は「中学生のアジアの大会ができたことで、選手も関係者も喜んで、張り切っています。今年は男女同時開催。多くの選手が切磋琢磨していい成績を残してほしい」と期待。「将来は日本の代表となってオリンピックを狙える選手ばかり。しっかり育てたい」と話す一方、日本代表として「いろんな面で教育していきたい」と、人間教育にも力を入れることを強調した。

 女子の丹下一監督(茨城・大洗南中教)は「去年は6階級優勝のほか、銀メダル2個を取った。今年はそれ以上が目標。先週のワールドカップ(千葉・成田市)で日本が優勝し、世界大会のグランドスラムを達成しました。(女子の)今年の最後の国際大会にふさわしい結果を残したい」と優勝宣言。

 ただ、「去年は第1回大会ということで、他国は様子を見ていた面があると思う」とも話し、気を引き締めている。「今年が、ある意味ではスタートの大会になるでしょう。ここでU15のアジアのこれからが分かる。それらを見極め、今後の強化につなげていきたい」と言う。

 男子の辻栄樹監督(福岡・小倉商高教)は「短期間ですが、選手としっかりコミュニケーションをとり、選手が力を出せるように全力を尽くしたい」と言う。前夜は空港近くのホテルにチームで泊まり、優勝への意気込みなどを聞いたそうで、「優勝を目指しているやる気満々の選手が何人かいた。遠慮気味の選手もいたけど…。去年を上回る成績を目指したい」と目標を話した。

 小倉ではキッズから高校生までを指導している。この世代の国際舞台に接するのは初めてなので、指導者として学ぶこともあると予想する。「しっかり持ち帰って、今後の強化に役立てたい」と期待した。

 チームで唯一、昨年に続く優勝を目指す女子66kg級の茂呂綾乃(愛知・至学館クラブ=昨年は62kg級)は「ひざをけがしてしまい、調子いい、とは言えませんが、全力で優勝を目指します」と言う。昨年の5試合にフォール、またはテクニカルフォールで勝った内容を考えれば、多少のハンディがあっても問題ないと思われるが、「けがをして試合するのは初めてなんです。それが海外での試合ということで、不安があって緊張しています」と言う。

 それでも、練習している道場(至学館大)から川井梨紗子らが次々と国際大会で結果を出しており、追い風は十分。「先輩方がいろんな大会で優勝しているので、その波に乗りたい。日本の女子レスリングと至学館の強さを証明したい」と、最後はきっぱり優勝宣言!

 大会スケジュール、日本選手団は下記の通り。昨年に続いて男子グレコローマンは参加しない。

※本合宿は競技力向上事業の助成を受けています。


大会スケジュール(男子グレコローマンは除く)

11月22日(金) 男子フリースタイル38・41・44kg級・女子54・58・62・66kg級/1回戦~決勝
  23日(土) 男子フリースタイル48・52・57kg級・女子33・36・39kg級/1回戦~決勝
  24日(日) 男子フリースタイル62・68・75・85kg級・女子42・46・50kg級/1回戦~決勝


日本選手団

【総監督】沼尻久(全国中学生連盟会長) 

【男子監督】辻栄樹(福岡・小倉商高教)、【男子コーチ】前田翔吾(アシスタント・ナショナルコーチ/クリナップ)、室谷正憲(和歌山・和歌山工高教)

【女子監督】丹下一(茨城・大洗南中教)、【女子コーチ】吉田栄利(一志ジュニア教室)、舩越光子(下野サンダーキッズ)

【ドクター】長尾卯乃(駒込病院)、【トレーナー】樋川幸平(昭和病院)

【帯同審判】針谷豊(群馬・館林高教)、藪中(和歌山・新宮高教)

【男子フリースタイル選手】
▼38kg級 永井陸斗(千葉・市川コシティクラブ)
▼41kg級 佐藤秀磨(静岡・沼津クラブ)
▼44kg級 勝目大翔(神奈川・NEXUS Yokosuka)
▼48kg級 小川大輝(青森・十和田クラブ)
▼52kg級 須田 宝(長崎・OMURA TOP TEAM)
▼57kg級 細川 周(京都・網野町少年教室)
▼62kg級 松尾直哉(福岡・北九州クラブ)
▼68kg級 神谷龍之介(三重・いなべクラブ)
▼75kg級 掛川零恩(山口・徳山チビッ子クラブ)
▼85kg級 高林心温(富山・滑川ジュニアチーム)

【女子選手】
▼33kg級 鈴木彩加(茨城・T-KIDSクラブ)
▼36kg級 志貴瑠那(愛知・刈谷クラブ)
▼39kg級 川村百花(三重・四日市ジュニアクラブ)
▼42kg級 眞柄美和(三重・四日市ジュニアクラブ)
▼46kg級 尾西 桜(佐賀・鳥栖クラブ)
▼50kg級 森川晴凪(三重・一志ジュニア教室)
▼54kg級 池畑菜々(兵庫・芦屋学園)
▼58kg級 長谷川姫花(大阪・堺リベラル中)
▼62kg級 小野こなみ(佐賀・鳥栖クラブ)
▼66kg級 茂呂綾乃(愛知・至学館クラブ)








サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に