日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.11.29

【2019年全国中学選抜選手権・特集】血筋と環境は川井姉妹と共通、壁を乗り越えて来年の飛躍を目指す…女子50kg級・山下叶夢(香川・高松北)


4年ぶりに全国大会を制した山下叶夢(香川・高松北)=撮影・矢吹建夫

 「4年ぶりに全国大会で優勝できました。ずっと負け続けていただけに、勝てて本当にうれしいです」。2019年全国中学選抜選手権の大会会長賞を受賞した女子50kg級優勝の山下叶夢(かのん=香川・高松北)は、小学校5年生の時(2015年)以来、4年ぶりの全国一をうれしそうに振り返った。

 表彰台の一番高いところに上がってメダルと賞状を受け取った気持ちを問われると、「久しぶりすぎて…」と言ったきり、言葉が続かない。どう表現していいか分からないほど、気持ちが高ぶっていたのだろう。

 父・忍さん(日体大OB)は全日本学生選手権3度優勝や1990年アジア大会出場の強豪選手。母・和代さん(同)は女子レスリングの黎明期に活躍した選手で、全日本女子選手権2位などの成績があり、姉と兄もレスリングに親しんだレスリング一家だ。叶夢は小学校1年生の時(2011年)に新潟市で行われた全国少年少女選手権で優勝し、5年生まで優勝を続けた。その間のジュニアクイーンズカップのキッズの部でも優勝を重ね、将来を期待された選手だった。

決勝はフォールで圧勝だった=同

 しかし、小学校5年生の全国二冠(全国少年少女選抜選手権、全国少年少女選手権)を最後に、優勝から見離されてしまった。2位や3位はあっても、優勝がない。その理由は「負け続けて、自信を持てなかったからだと思います」と分析する。

 その壁を破ることができたのが、今月初めに三重・津市で行われた吉田沙保里杯津市少年少女選手権。全国中学生選手権優勝の森川晴凪(三重・一志3)に7-0で勝ち、「普通に自分の闘いをすれば勝てる、と自信がついたんです。自信を持ってやればいいんだな、と」。

 父・忍さんによると、練習では男子高校生の四国チャンピオンを上回る強さを見せているという。しかし、「試合になると、相手の力を過剰に意識してしまい、10倍大きく感じてしまうんです」と話す。相手の技術や戦術に負けるというより、幻想に敗れることが多かったようだ。

 高松北の監督で、一貫強化として小学校1年生の時から時に指導してきた竹下敬監督は「小学生の時は体力で勝ってきた。中学になると、技術もさることながら、精神面のもろさが出てしまっていた」と、同じく気持ちの問題を勝てなかった要因として挙げた。

来年の目標は世界カデット選手権出場

 闘いの幅を広げるため、柔道と相撲にも取り組んできた。“副業”感覚ではなく、どの闘いも勝つつもりで臨んできたが、そこでも自信が持てず勝ち切れないことが多かったという。「自信がなかったんですよ。試合になると頭の中が真っ白になるんです。技が全部単発になってしまって」とは本人の弁。

 ただ、竹下監督は「レスリング一辺倒より、よかったと思う」と話し、柔道で四国2位になるほど打ち込んだ経験が役に立っていると分析。チームに女子選手が少ないだけに、重いバーベルに挑戦するなど男子と同じトレーニングを積んで肉体の強化に励んだベースに、自信が加わって「この結果につながったと思う」と話す。

レスリング選手だった両親とともに=同

 「この優勝で、今後は自信をもって闘えそう?」との問いに、にっこり微笑んだ山下の次の目標は、高松北高校に進学して初めての大会となる来年4月のジュニアクイーンズカップで優勝し、世界カデット選手権に出場すること。インターハイで1年生優勝を目指したいところだが、両大会の日程は重なっているので、どちらかを選択しなければならないのは辛いところだ。

 目標とする選手には、竹下監督の長男であり、高松北高校のエースとして2017年世界カデット選手権3位の実績を持つ竹下航生選手を挙げた。 今年は全国高校生グレコローマン選手権と国体を制した強豪先輩。時に練習してもらうそうで、「ボロっかすにやられます」とのことだが、「あそこまで練習を追い込める選手になりたい」と話し、成績のみならず練習姿勢も目標だ。

 父は日体大時代に学生王者に輝き、母は女子黎明期の選手、といえば、川井梨紗子・友香子の一家を連想する人も多いだろう。実は、父親同士は日体大の直接の先輩後輩で、母親同士は日体クラブのチームメート。親子とも刺激されている面はあるだろうし、血筋と環境からすれば、叶夢が川井姉妹と同じ道を歩む可能性は十分にある。

 「夢を叶(かな)える人間に」ということで名付けられた「叶夢」。名前に違わぬ人生を歩んでほしいと思うのは、両親だけではないだろう。







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に