日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.12.13

【特集】グレコローマン王国で築いた下地! 西日本大学の意地をかける…男子グレコローマン82kg級・山﨑翔馬(九州共立大)


山﨑翔馬(九州共立大)

 毎年冬に独自の欧州遠征を実施するなど、東西格差の是正に必死の西日本学生界。今年は4月のJOC杯で3選手が優勝し、その中の1人が8月の全日本学生選手権でも優勝(森右秀=中京学院大)。10月の全日本大学グレコローマン選手権では、優勝選手こそなかったものの、7人が3位入賞と勢いを見せている。

 そうした流れに乗って全日本選手権でのメダル獲得、そして優勝を目指す一人が男子グレコローマン82kg級の山﨑翔馬(九州共立大3年)。6月の全日本選抜選手権は77kg級で5位に終わったが、2回戦では、前年の世界選手権82kg級代表で約2ヶ月後の全日本選手権は77kg級に下げて3位入賞の前田祐也(鳥取・鳥取中央育英高職)をテクニカルフォールで破る殊勲を挙げた。

 前田を破った実力は、82kg級でもメダル戦線へ浮上できる力を証明していると言えよう。82kg級としての初戦となった10月の全日本大学グレコローマン選手権では、前年2位だった選手を破るなどして2位となっている。しかし「優勝を狙っていたので、悔しかった」とのこと。「全日本選手権では絶対に表彰台に昇れるように頑張りたい」と気を引き締める。

階級アップ初戦の全日本大学グレコローマン選手権では、決勝まで進出した山﨑(青)=撮影・矢吹建夫

 中学時代まではサッカーの選手。愛媛・八幡浜工業高校に入ってからレスリングを始めたので、キャリアは長くはないし、高校時代は全国高校選抜大会3位が最高。目立つ活躍はなかった。しかし、今や全国屈指の“グレコローマン王国”で鍛えられた実力は、九州共立大へ進んでから開花した。

 2017年西日本学生選手権・男子グレコローマン75kg級で1年生王者に輝き、翌2018年にはJOC杯2位、全日本大学グレコローマン選手権77kg級2位など飛躍した。今年は全日本学生選手権(インカレ)77kg級3位のあと、前述の通り、階級を上げた全日本大学グレコローマン選手権で2位入賞を果たした。

 ただ、負けた試合は、いずれも東日本大学の選手にテクニカルフォール負けであり、チャンピオンとは差のある2位、3位だったことは確か。「グラウンドの守りですね。そこを改善しないと、上へは行けないと思います」と、目下の重点課題はグラウンドの防御。82kg級としての体力づくりとともに、この課題をどう克服しているかが、メダル獲得のかぎとなりそうだ。

表彰台を目指して、あええて非オリンピック階級へ

 今回の全日本選手権では、非オリンピック階級の選手がオリンピック階級に変更するケースが目立つが、その逆は少ない。体重が増えて77kg級では厳しくなったことと、「今の段階では、(強豪が集中する)77kg級での優勝は厳しいと思います。82kg級の方が狙えると思いました」と、優勝を念頭においての階級変更だ。

藤山慎平監督(左)は、焦ることなく、来年へ向けての実力アップを期待する=西日本秋季学生リーグ戦

 この階級は、世界選手権代表の岡嶋勇也(警視庁)が階級を下げたので、同2位の向井識起(自衛隊)を中心とした闘いが予想される。向井のイメージを聞くと、即座に「強い」の一言が返ってきた。リフト技が強烈と見ており、そのためにもグラウンドの防御の重要性を感じている。

 それ以外にも、インカレ3連覇の藤井達哉(青山学院大)の名前を挙げた。インカレ77kg級2位の林雷(日体大)も参入し、非オリンピック階級だからといって楽観視はしていない。「できうることを徹底してやって、勝ちにいきたい」と言う。

 同大学の藤山慎平監督は、階級を上げたばかりということもあり、今回は優勝にこだわってはいない。経験を積み、「(最終学年の)来年、チャンピオンになってもらいたいです」と、長い目での成長を望んでいる。王者になるのは一筋縄ではいかないことは「私も彼も十分に分かっています」としながら、「彼なら成し遂げてくれると思ってます」と期待した。

 九州共立大卒業の入江ゆき(自衛隊=女子50kg級)がオリンピック出場をかけて挑む今年の全日本選手権。男子では、グレコローマン王国・愛媛で下地をつくった山﨑が、西日本大学界の期待も受けて、全日本チャンピオンへ挑戦する!







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に