日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.12.18

東京・安部学院高が男女および女子のトップを奪還…高校別エントリー選手数上位校


大会運営で活躍する安部学院高チーム。出場選手数でもナンバーワンへ=2018年全日本選抜選手権(撮影:矢吹建夫)

 2019年全日本選手権のエントリー選手を高校別(出身および在籍)に集計してみた。

 昨年、1選手の差で至学館大にトップを譲った東京・安部学院高が、17選手から24選手(女子のみ)に増やし、男女、および女子のトップを2年ぶりに奪還。愛知・至学館高と埼玉・花咲徳栄高が17選手で続いた(それぞれ女子のみ、男子のみ)。

 秋田・秋田商高は、15選手から16選手(男子のみ)に増やしたものの、花咲徳栄高の躍進によって3位から4位に後退した。創部5年目にしてインターハイ学校対抗戦4連覇を達成した千葉・日体大柏高が9選手(男子8選手、女子1選手)に増やし、8位タイに浮上した。

 男女両方の選手がいる高校としては、埼玉・埼玉栄高がトップで、男子9選手、女子4選手の13選手。

 出身・在籍高校別エントリー数の上位校は下記の通り。


2019年全日本選手権/高校別エントリー選手数上位校

No. 高  校 合計 男子 女子
1 東京・安部学院高 24 24
2 埼玉・花咲徳栄高 17 17
愛知・至学館高 17 17
4 秋田・秋田商高 16 16
5 埼玉・埼玉栄高 13 9 4
6 三重・いなべ総合学園高 12 11 1
7 京都・網野高 10 7 3
8 茨城・霞ヶ浦高 9 9
愛媛・八幡浜工高 9 9
岐阜・岐南工高 9 8 1
千葉・日体大柏高 9 8 1







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に