日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2019.12.24

【2019年全日本選手権・特集】優勝選手の声(男子フリースタイル)

(2019年12月19~22日、駒沢体育館/取材=布施鋼治、松本一葉、岡田静穂、松澤勇人)


(撮影=矢吹建夫)

 ■男子フリースタイル57kg級・樋口黎(日体大助手=2階級ダウンに成功してアジア予選へ)「全体の内容的には悪くはかったけど、終盤は自分の悪いところが出てしまい、改善していかないといけない。残り30秒は、攻める気持ちを出して行かないと取られると思って、アタックする気持ちで行けたのが、結果的にはよかったんじゃないかと思います。

 体重調整はきつかったですが、うまく落とせて、65kg級の時に学んできたことをしっかり生かせたと思います。オリンピックに向けて一発勝負ということは分かっていたので、死に物狂いでやりました。ここで負けたら明日死んでしまう、くらいの気持ちで臨みました。階級変更は、体重の問題で、オリンピックで金メダルを取るために決めました。アジア予選で(オリンピック内定を)決めて、東京オリンピックに臨みたいです」


 ■男子フリースタイル61kg級・榊流斗(山梨学院大=大学1年生にして日本一)「この大会を目標にしてきていたので、優勝できて素直にうれしい。初戦は緊張やプレッシャーは感じなかったけど、決勝は少し緊張した。その中で勝てたのは、気持ちで負けていなかったことかな。動き的にはふだんの力を出せてはいなかったと思いますが、優勝する気持ちは自分の方が強かったような気がします。

 肩書きは日本で一番強いということになりますが、実力的にはまだまだの部分が多いので、強い先輩たちに続けるように頑張っていきたい。ふだんの力は出せなかったし、課題も多かったので、ひとつずつ修正していきたい。来年は出る大会はすべてで優勝し、日本で一番強い、という肩書きをプラスにしていきたい」


(撮影=矢吹建夫)

 ■男子フリースタイル65kg級・乙黒拓斗(山梨学院大=世界選手権で決め切れなかったオリンピック出場を決める)「やっと勝ったなというか、オリンピックへのスタートラインに立てたという気持ちです。相手(中村倫也)も強い選手だった。練習してきたことが出せたのがよかったと思います。世界選手権で自分の弱さが出て、その部分を埋めるためというか、欠点を克服して、いいところにするように毎日努力してきました。今回は落ち着いて、集中していたので、その部分は世界選手権で学んで、今回に生かせたかなと思います。

 オリンピックまでは時間もないので、明日からしっかり練習したい。日本代表として恥じないようなレスリングで、絶対に金メダルを取りたいです。自分が(国内で)闘ってきた選手のためにも頑張りたいと思います。攻撃するのが勝ちへの一番の近道だと思うので、もっと攻撃力をつけていければいいかなと思います」


 ■男子フリースタイル70kg級・原口伸(国士舘大=全日本学生選手権決勝で敗れた後輩などを破って初優勝)「今までタイトルは何も取ったことがなかったので、いきなり天皇杯で優勝できてうれしいです。少し前の全日本大学選手権で、自分の空回りで相手にいなされて負けた部分があったので、慌てないで6分間冷静に闘うことだけを意識してできたのがよかったと思います。

 前回(全日本選抜選手権)優勝した人と2位の人(瀬野春貴、志賀晃次郎)が階級を上げたので、ここはやるしかないな、と。非オリンピック階級ですが、まあ素直に優勝を受け止めたいです。今後は相手も研究してくると思うので、新しい技とかを身につけて、それも楽しめるような選手になりたいと思います。来年の目標としては明治杯(全日本選抜選手権)での優勝です。いずれ世界選手権に出てみたいですね」


(撮影=矢吹建夫)

 ■男子フリースタイル74kg級・乙黒圭祐(自衛隊=高谷大地との同門対決を制してプレーオフ進出へ)「(弟の拓斗選手のこともあったが)自分の相手だけ考えて、後悔しないように、やるべきことを最優先してきました。今までは拓斗の相手の動画を一緒に見て研究することもありましたが、今回は自分のことだけに集中しました。拓斗は放っておいても勝つと思ったので。

 弟には負けられないと思い、アドレナリンとかがたくさん出て気合が入りました。プレーオフで勝たないと、この優勝は何の意味もなくなるので、しきり直しし、少し頭を休めてから一気に上げていきたい。米満コーチは、きょうは反対側のセコンドでしたが、ふだんの練習では、技とか攻め方とかではなく、それぞれの状況の中での試合の組み立て方などを教えてもらっていて、すごく勉強になりました。プレーオフは、指が折れても、骨が折れても、絶対に勝つという気持ちでやります」


 ■男子フリースタイル79kg級・奥井真吉(国士舘大=世界選手権代表の髙橋夢大に終了間際の逆転勝ち)「きょうは兄(74kg級の奥井眞生)の試合もあって、兄は負けてしまったので、何としてでも勝たなきゃいけないと思いました。うまく試合を運べなかったのですが、最後の最後に取れてよかったなと思います。相手は高校生でしたが、強い相手なので、高校生だと思わず、勝つしかない、絶対勝ってやろう、兄の分まで頑張ろう、と思ってやってました。

 自分はタックルとかは苦手で、もつれた時とかが得意。そうなった時に絶対に点数を取ろうと思っていたので、取れてよかったです。兄には『(自分は)勝ったから、プレーオフで頑張ってくれ』と言いたいです。2024年のパリ・オリンピックを目指してやっていきたいと思います」


(撮影=矢吹建夫)

 ■男子フリースタイル86㎏級・高谷惣亮(ALSOK=決勝で国体&大学王者の石黒隼士を破り、大会V9を達成)「カザフスタンの世界選手権の時、お世話になっている先生が現地に来てくれたので、負けた夜に『これからどう取り組むか』ということを相談しました。それから、自分は何が足りないのか、対戦相手に対してどういう対処をするか、相手の弱点はどこなのか、そういう情報をしっかり仕入れて闘うようにしました。

 今回、そうやって闘えたことがよかったんだと思います。世界選手権のおかげで新たな取り組みをすることができました。あそこ(世界選手権)で負けてよかったと思います。今大会の決勝で当たった石黒君は馬力のある選手。タックルで飛びこんできたので、うまいことさばいて、バックを取る動きにつなげることができた。通過点である全日本選手権を優勝でき、9連覇を達成できたので、狙うのは3度目のオリンピックであり、金メダルですね」


(撮影=矢吹建夫)

 ■男子フリースタイル92kg級・大津拓馬(山梨学院大=6月の全日本選抜選手権に続く優勝)「去年のこの大会で負けた相手(山中良一)に決勝でリベンジできてうれしいです。ここまで、外国人の留学生と練習し、同じ階級の選手とも数多く練習してきました。

 明治杯(全日本選抜選手権)で優勝して世界選手権に出ているので、ここは勝たなければいけないと思いました。最近は負けが続いていたので、この優勝を今後の勝ちにつなげていきたいです。階級は97kg級に上げたい。パリ・オリンピックを目指すので、そこに向けて体重を増やして、心や技を鍛えていかないといけないと思います。そこを強くしていきたいです」


 ■男子フリースタイル97kg級・赤熊猶弥(自衛隊=宿敵の山口剛を破って2連覇)「ホッとしてますが、内容には納得していないです。自分の得意のタックルで入れなくて、圧倒して勝つという目標を実現できなかったので悔しいです。(山口とは)これまで何度もやってきて、相手がやってくることは分かっていたので、いかに自分のレスリングができるかで勝敗がつくと思っていました。

 タックルには入れませんでしたが、圧力は負けていなかったので、そこで勝てたかなと思います。オリンピックに出るのは夢。アジア予選でしっかり結果を残して、出場枠を取りたいです」


(撮影=矢吹建夫、青が田中)

 ■男子フリースタイル125kg級・田中哲矢(自衛隊=荒木田進謙の負傷途中棄権によって勝ち、初優勝)「(荒木田は)始まってすぐに動きがおかしく、けがかな、と思ったけど、自分のやるべきことをやった。どんな形でも優勝したかった。うれしい気持ちと、次のアジア予選を頑張らないとならない、という気持ちが混ざっています。自分からプレッシャーをかけ、前に出る、というのが自分のスタイル。自分のスタイルを貫くことが一番大事だと今回の大会で分かった。それは日本でも世界でもおなじだと思う。

 東京オリンピックに出るのが夢。それをかなえるため、アジア予選までにやるべきことをしっかりやりたい。(国際大会の経験を積むため2月のアジア選手権は?)出場するかどうかは、コーチと話し合って決めたい」







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に