日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2020.05.14

【十年一昔、2010年思い出の動画(4)】山本聖子が伊調馨に再挑戦、坂本日登美が再スタート…全日本選抜選手権・女子決勝


 2012年ロンドン・オリンピックへ向け、世界一に4度輝きながらオリンピック出場ならなかった山本聖子が現役に復帰(63kg級)。準決勝で前年世界チャンピオンの西牧未央を破り、決勝で伊調馨に挑んだ。前年12月の対戦では、ピリオドスコア1-2で敗れたもののテクニカルポイントの総数では4-2と上回っていた。激戦が予想された一戦は、伊調がオリンピックV2の実力を見せて勝利。世界選手権出場を決めた。

 72kg級では、急成長を見せていた鈴木博恵を浜口京子が接戦の末に破り、14度目の世界選手権出場を決めた。55kg級の吉田沙保里も勝ち、オリンピックを含めて世界10連覇に挑むことになった。48kg級は現役復帰した坂本日登美が勝ち、2012年ロンドン・オリンピックへ向けてのドラマが再スタートした。


2010年明治乳業杯全日本選抜選手権(5月1~3日、東京・代々木競技場第2体育館)

《女 子》

【48kg級・決勝】《関連記事》
坂本日登美(自衛隊)○[2-0(TF6-0=1:22,TF7-0=0:36)]●阿部千波(愛知・至学館高)


【51kg級・決勝】
堀内優(日大)○[2-0(4-1,1-0)]●甲斐友梨(アイシン・エィ・ダブリュ)


【55kg級・決勝】《関連記事》
吉田沙保里(ALSOK綜合警備保障)○[2-0TF6-0=1:33,TF6-0=1:28)]●松川知華子(ジャパンビバレッジ)


【59kg級・決勝】
島田佳代子(自衛隊)○[2-0(1-0,①L-1)]●山名慧(アイシン・エィ・ダブリュ)


【63kg級・決勝】《関連記事》
伊調馨(ALSOK綜合警備保障)○[フォール、2P1:311-0=2:30,F4-0]●山本聖子(スポーツビズ)


【67kg級・決勝】《関連記事》
新海真美(アイシン・エィ・ダブリュ)○[2-0(4-0,1-0)]●飯島千晶(日大)


【72kg級・決勝】《関連記事》
浜口京子(ジャパンビバレッジ)○[2-1(0-1,2-0,1L-1)]●鈴木博恵(立命館大)


十年一昔、2010年思い出の動画

■2020年5月10日: 3連覇の長谷川恒平(福一漁業)ら、のちのロンドン代表がずらりと勝利…全日本選抜選手権・男子グレコローマン決勝

■2020年5月5日:世界3位の米満達弘が優勝…全日本選抜選手権・男子フリースタイル決勝

■2020年5月3日:早大が62年ぶりに優勝…東日本学生リーグ戦


2010年の出来事

【国内】
・鳩山退陣、菅内閣が発足。参院選で民主大敗
・大阪地検で証拠改ざん。検事、元特捜部長ら逮捕
・日本航空が経営破綻、改革・再生へ
・野球賭博で大関琴光喜ら解雇、力士多数が謹慎休場
・記録的な猛暑、熱中症による死者多数

【スポーツ】
・大リーグのイチローが10年連続年間200安打
・バンクーバー冬季オリンピックで浅田真央が銀メダル
・サッカー日本代表がワールドカップで16強入り
・大相撲で白鵬が63連勝、横綱朝青龍が引退

【国際】
・チリ鉱山、作業員33人奇跡の生還
・北朝鮮の金正恩氏、後継者デビュー
・ハイチで大地震、25万人死亡
・欧州債務危機が拡大、ユーロに懸念








サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に