日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2020.10.14

ステパン・マリャニャンがセルゲイ・エメリンを下す! 東京で文田健一郎(ミキハウス)と闘うのは?


 男子グレコローマンのロシア選手権が10月9~11日にウファで行われ、60kg級と63kg級の前世界王者の対戦となった60kg級は、63kg級だったステパン・マリャニャンがセルゲイ・エメリンを4-4のビッグポイント差で下し、優勝した(下記動画参照)。

 マリャニャンはロシア協会ホームページに対し、当初は63kg級での出場を予定していたものの、オリンピック予選の直前に60kg級に落とすのはよくないと考えを変え、この階級に出場したという。エメリンについては「万全の状態でないことは明らかだった。彼との激しい闘いが、オリンピックで身を結ぶものと思います」と話した。

  マリャニャンは63kg級で、エメリンは60kg級で、ともに2018年の世界選手権で優勝し、2019年はそれぞれ太田忍、文田健一郎(ミキハウス)に敗れて2位。文田は2017年世界選手権59kg級でマリャニャンも破っている。

 東京オリンピックで文田の前に立つのは、マリャニャンか、エメリンか?

 67kg級は2018年世界王者のアルテム・スルコフ、77kg級はオリンピック3連覇を目指すロマン・ブラソフが優勝。チャンピオンは12月の世界選手権の出場権を得た。







COVID-19ガイドライン

【報道】取材申請について
-------------

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


フェアプレイで日本を元気に