日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2020.10.17

山梨学院大が12年ぶりに優勝、竹下航生(拓大)が1年生王者へ…全日本大学グレコローマン選手権・最終日


山梨学院大が3階級を制し、学生の再開大会を制覇

 2020年全日本大学グレコローマン選手権最終日は10月16日、東京・駒沢体育館で5階級の決勝までが行われ、山梨学院大が2階級で優勝。前日と合わせて3階級を制し、大学対抗得点で63.5点をマーク。拓大に10点差をつけ、12年ぶり2度目の優勝を遂げた。3位は日体大で、5年連続優勝はならなかった。

 山梨学院大は、87kg級で昨年82kg級優勝の山田修太郎、125kg級で昨年97kg級優勝のバグダウレット・アルメンタイがそれぞれ優勝。他に、67kg級で西谷海音が2位、82kg級で谷崎大造(1年=岐南工高卒)が3位に入るなどし、対抗得点を積み上げた。アルメンタイは3年連続の優勝。

 63kg級は竹下航生(拓大)が準決勝で昨年60kg級優勝の矢部和希(日体大)を破り、その勢いで決勝も勝利。前日の55kg級・塩谷優(拓大)に続き、大会史上14人目の1年生王者に輝いた。

 67kg級は昨年63kg級3位の吉永信太郎(専大)が勝ち、初の学生タイトルを獲得。82kg級は昨年82kg級2位の山﨑翔馬(九州共立大)が優勝。同大学からは、全日本学生選手権を合わせ、創部11年目で初の学生の王者が誕生した。

 各階級の成績は下記の通り。(撮影=矢吹建夫)

階級を上げて3連覇を達成したバグダウレット・アルメンタイ(山梨学院大)

チームメートでもある前日の塩谷優(55kg級)に続き、1年生王者に輝いた竹下航生(拓大)

お知らせ
写真集はトップページの「動画/写真集」タブからご覧ください。

各階級1~8位一覧表 各大学得点表
55kg 60kg 63kg 67kg 72kg 77kg 82kg 87kg 97kg 130kg

 【大学対抗得点】

[1]山梨学院大 63.5点、[2]拓大 53.5点、[3]日体大 49.5点、[4]専大 46点、[5]早大 27.5点、[6]九州共立大 21.5点、[7]青山学院大 19.5点、[8]中大 19.5点(7・8位は内容による)

 【個人表彰】

▼文部科学大臣杯 山梨学院大、▼最優秀選手賞 バグダウレット・アルメンタイ(130kg級=山梨学院大学)、▼敢闘賞 清水賢亮(60kg級=拓大)、▼優秀監督賞 小幡邦彦(山梨学院大)

-------------------------

 【63kg級】=12選手出場

 ▼決勝
竹下航生(拓大)○[Tフォール、1:59=9-0]●吉田大夢(中京学院大)

 ▼3位決定戦
小栁勇斗(東洋大)○[6-2]●藤本龍舞(帝塚山大)
青柳善の輔(山梨学院大)○[4-4]●矢部和希(日体大)

 ▼準決勝
吉田大夢(中京学院大)○[8-7]●小栁勇斗(東洋大)
竹下航生(拓大)○[7-2]●矢部和希(日体大)

《7・8位順位》[7]大場哉音(中大)、[8]堤孔一(青山学院大)

-------------------------

 【67kg級】=23選手出場

 ▼決勝
吉永信太郎(専大)○[フォール、1:51=4-0]●西谷海音(山梨学院大)

 ▼3位決定戦
石田稔貴(中大)○[6-1]●山本真聖(青山学院大)
安楽龍馬(早大)○[8-4]●田口学容(中京学院大)

 ▼準決勝
西谷海音(山梨学院大)○[3-1]●山本真聖(青山学院大)
吉永信太郎(専大)○[Tフォール、1:57=10-0]●安楽龍馬(早大)

《7・8位順位》[7]曽我部京太郎(日体大)、[8]神原諒(育英大)

-------------------------

 【82kg級】=11選手出場

 ▼決勝
山﨑翔馬(九州共立大)○[5-1]●谷崎大造(山梨学院大)

 ▼3位決定戦
佐々木雄大(明大)○[Tフォール、2:12=8-0]●加藤光貴(立大)
梅林太朗(早大)○[3-1]●今村太陽(福岡大)

 ▼準決勝
谷崎大造(山梨学院大)○[Tフォール、3;41=12-4]●佐々木雄大(明大
山﨑翔馬(九州共立大)○[Tフォール、2:00=9-0]●梅林太朗(早大

《7・8位順位》[7]青山夢斗(徳山大)、[8]藤田力也(日本文理大)

-------------------------

 【87kg級】=21選手出場

 ▼決勝
山田修太郎(山梨学院大)○[Tフォール、1:50=11-0]●神澤翔(青山学院大)

 ▼3位決定戦
吉村海里(国士館大)○[7-1]●窪田大羅(中大)
田中真男(日体大)○[Tフォール、1:51=9-0]●玉岡颯斗(早大)

 ▼準決勝
神澤翔(青山学院大)○[Tフォール、2:19=17-6]●窪田大羅(中大)
山田修太郎(山梨学院大)○[フォール、2:17=4-2]●田中真男(日体大)

《7・8位順位》[7]今野港斗(拓大)、[8]川市竜之介(徳山大)

-------------------------

 【130kg級】=18選手出場

 ▼決勝
バグダウレット・アルメンタイ(山梨学院大)○[7-1]●庄司樹(専大)

 ▼3位決定戦
鈴木翔真(拓大)○[フォール、2:57=10-0]●中塚健太(日本文理大)
アビド・ハルーン(日体大)○[Tフォール、4:38=8-0]●髙橋三十郎(九州共立大)

 ▼準決勝
バグダウレット・アルメンタイ(山梨学院大)○[Tフォール、2:21=9-0]●鈴木翔真(拓大)
庄司樹(専大)○[Tフォール、4:05=10-1]●髙橋三十郎(九州共立大)

《7・8位順位》[7]重松大智(大東大)、[8]番地啓太(国士舘大)







COVID-19ガイドライン

【報道】取材申請について
-------------

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


フェアプレイで日本を元気に