日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2020.12.05

【2020年全日本選手権・展望(3)】田中哲矢(自衛隊)の連覇か、荒木田進謙(athletic camp LION)のリベンジか…男子フリースタイル125kg級

《大会要項》/ 《大会日程=各日の実施階級》


男子フリースタイル125kg級・展望(12月17日実施)

※エントリーに基づいた予想であり、直前の負傷等による戦力ダウンは勘案しておりません。

昨年、荒木田進謙(右)の負傷による途中棄権で優勝した田中哲矢(自衛隊)。今年はすっきり勝てるか

 昨年初優勝を果たしオリンピック・アジア予選代表権を獲得した田中哲矢(自衛隊)が連覇を目指す。今年2月のアジア選手権(インド)では壁の厚さを感じさせられただけに、しっかり勝ってアジア予選に挑みたいところ。

 昨年の決勝で、負傷による途中棄権という不本意な形で敗れた荒木田進謙(athletic camp LION)がリベンジ優勝を目指す。

 昨年の国体優勝で2017・18年世界選手権代表の山本泰輝(自衛隊)の巻き返しはあるか。昨年3位で、2位や3位の多い金澤勝利(自衛隊)が壁を破れるか。

《歴代優勝選手》=男子フリースタイル男子グレコローマン女 子


2019年全日本選手権 クリック

 ▼決勝
田中哲矢(自衛隊)○[負傷棄権、3:00=2-0]●荒木田進謙(athletic camp LION)

 ▼3位決定戦
山本泰丈(日大クラブ)○[Tフォール、4:55=14-3]●安田拓斗(国士舘大)
金澤勝利(自衛隊)○[5-4]●山本泰輝(自衛隊)

 ▼準決勝
荒木田進謙(athletic camp LION)○[Tフォール、4:06=11-0]●山本泰丈(日大クラブ)
田中哲矢(自衛隊)○[3-1]●山本泰輝(自衛隊)


エントリー選手=8選手

※昨年のこの階級の全日本選手権1~3位以外はアイウエオ順

田中哲矢

荒木田進謙

金澤勝利

山本泰輝

《2019年全日本選手権優勝/東京オリンピック・アジア予選代表》
田中 哲矢(たなか・てつや=自衛隊)
1992年1月18日生まれ、28歳。鹿児島県出身。鹿児島・鹿屋中央高~大東文化大卒。176cm。2019年全日本選抜選手権3位

《2019年全日本選手権2位》
荒木田 進謙(あらきだ・のぶよし=athletic camp LION)
1988月3月26日生まれ、32歳。青森県出身。青森・光星学院高~専大出。180cm。2019年世界選手権出場

《2019年全日本選手権3位》
金澤 勝利(かなざわ・かつとし=自衛隊)
1990年6月21日生まれ、30歳。岩手県出身。岩手・種市高~山梨学院大卒。178cm。2019年国体3位

木村 陽仁(きむら・あきと=国士舘大)
1998年6月16日生まれ、22歳。宮城県出身。宮城・仙台城南高卒。184cm。2019年全日本学生選手権2位

出頭 海(しゅっとう・かい=中大)
2001年5月9日生まれ、19歳。茨城県出身。茨城・鹿島学園高卒。180cm。2019年インターハイ優勝

森 右秀(もり・あきほ=中京学院大)
1999年7月25日生まれ、21歳。愛知県出身。愛知・星城高卒。180cm。2019年全日本学生選手権優勝

安田 拓斗(やすだ・たくと=国士舘大)
1999年5月6日生まれ、21歳。秋田県出身。秋田・秋田商高卒。179cm。2019年全日本選手権5位

山本 泰輝(やまもと・たいき=自衛隊)
1996年10月18日生まれ、24歳。静岡県出身。静岡・飛龍高~拓大卒。182cm。2019年全日本選抜選手権2位







COVID-19ガイドライン
アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース
● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


フェアプレイで日本を元気に