日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2020.12.09

【2020年全日本選手権・展望(15)】アジア3位の奥井真吉(国士舘大)が日本一を守れるか…男子フリースタイル79kg級

《大会要項》/ 《大会日程=各日の実施階級》


男子フリースタイル79kg級・展望(12月19日実施)

※エントリーに基づいた予想であり、直前の負傷等による戦力ダウンは勘案しておりません。

昨年の日本一のあと、アジア3位に駆け上がった奥井真吉(国士舘大)。再度の日本一なるか

 昨年優勝の奥井真吉(国士舘大)、同2位の髙橋夢大(日体大)がエントリー。昨年の決勝はチャレンジの末、判定が変わって奥井の手が上がる大接戦だった。大激戦が再現されるか。奥井は今年2月のアジア選手権(インド)に出場して3位に入賞。髙橋は10月の全日本大学選手権74kg級で2位に入る成績を残している。

 2018年74kg級優勝の藤波勇飛(ジャパンビバレッジ)が階級を上げてエントリーした。負傷もあって東京オリンピックの道は絶たれたが、70kg級で世界3位の実績を持つ実力がこの階級でも出せれば、一気に栄冠を勝ち取れよう。昨年の学生王者の吉田隆起と社会人王者の村山貴裕の自衛隊勢の上位進出はあるか。

《歴代優勝選手》=男子フリースタイル男子グレコローマン女 子


2019年全日本選手権 クリック

 ▼決勝
奥井真吉(国士舘大)○[3-3]●髙橋夢大(京都・網野高)

 ▼3位決定戦
梅林太朗(早大)○[不戦勝]●奈良部嘉明(筑西広域消防本部)
阿部侑太(秋田県協会)○[Tフォール、3:47=11-0]●村島克哉(中大)

 ▼準決勝
髙橋夢大(京都・網野高)○[9-2]●梅林太朗(早大)
奥井真吉(国士舘大)○[5-2]●阿部侑太(秋田県協会)


エントリー選手=8選手

※代表と、昨年のこの階級の全日本選手権1~3位以外はアイウエオ順

奥井真吉

髙橋 夢大

梅林太朗

藤波勇飛

《2019年全日本選手権優勝》
奥井 真吉(おくい・しんきち=国士舘大)
2000年7月16日生まれ、20歳。和歌山県出身。千葉・日体大柏高卒。170cm。2020年アジア選手権3位

《2019年全日本選手権2位》
髙橋 夢大(たかはし・ゆうだい=日体大)
2001年11月30日生まれ、19歳。静岡県出身。京都・網野高卒。166cm。2019年世界選手権出場

《2019全日本選手権3位》
梅林 太朗(うめばやし・たろう=早大)
1998年4月3日生まれ、22歳。千葉県出身。東京・帝京高卒。168cm。2020年全日本大学選手権97kg級3位

成田 竜也(なりた・たつや=秋田県協会)
1993年5月27日生まれ、27歳。秋田県出身。秋田・秋田商高~日体大卒。173cm。2019年 全日本社会人選手権優勝

藤波 勇飛(ふじなみ・ゆうひ=ジャパンビバレッジ)
1996年5月27日生まれ、24歳。三重県出身。三重・いなべ総合学園高~山梨学院大卒。176cm。2019年度全日本選抜選手権74kg級5位

村島 克哉(むらしま・かつや=中大)
2000年11月1日生まれ、20歳。茨城県出身。埼玉・花咲徳栄高卒。170cm。2019年全日本選手権5位

村山 貴裕(むらやま・たかひろ=自衛隊)
1994年3月14日生まれ、26歳。青森県出身。青森・八戸工高~大東文化大卒。175cm。2019年全日本選抜選手権86㎏級3位

吉田 隆起(よしだ・りゅうき=自衛隊)
1997年4月30日生まれ、23歳。和歌山県出身。和歌山・和歌山北高~拓大卒。171cm。2019年全日本選抜選手権74㎏級3位







COVID-19ガイドライン
アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース
● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


フェアプレイで日本を元気に